忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   
カテゴリー「公文」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家庭詐欺(連合)の哲学 許せ、愛せ、訴えろ、イジメろ! 


家庭連合の公文に対してのサンクチュアリ教会の反応です。
サンクチュアリ教会のFACEBOOKから

英文が正文です。

出された家庭連合公文はこちら




A message regarding Family Federation’s letter to its members

家庭連合メンバーに対する家庭連合のレター(公文)に関するメッセージ

 The Family Federation recently published a letter to its members signed by its U.S. leaders. The letter informed the members of a plan to issue a “cease and desist” notice to World Peace and Unification Sanctuary. According to the letter, the intent is to stop WPUS from using True Father’s “Tongil Mark” and the term, “Cheon Il Guk”.
 家庭連合は、最近アメリカのリーダーによって署名された公文をだしました。公文は、世界平和統一聖殿(サンクチュアリ教会)に対し〔知的財産侵害行為などの〕停止通知を出す計画について(家庭連合の)メンバーに知らせてきました。公文によると、その意図はサンクチュアリ教会に真のお父様の”統一マーク”と言葉としての”天一国”の使用を止めさせることです。

 As of May 5, WPUS has not received such a notice. If such a notice is received in the future, we will consult legal experts on how best to proceed.
In an attempt to justify their action against WPUS, the Family Federation letter misinforms their members on two points. 
 5月5日現在、サンクチュアリ教会はそのような通知を受け取っておりません。もし、そのような通知が将来受領されるならば、私たちは最も良い進め方について弁護士に助言を求めるでしょう。
 サンクチュアリ教会に抗し彼らの行動を正当化しようと企てる中、家庭連合の公文は2つの点で彼らのメンバーに対して誤った事柄を伝えています。

 First, the letter states that YouTube took action against the official Sanctuary Church channel and videos. This is not true.
It is true that Family Federation in July 2015 requested that YouTube shut down the personal YouTube channel of the Second King of Cheon Il Guk Hyung Jin Moon and the official channel of Sanctuary Church. In response, YouTube shut down the King’s personal channel but took no action against the official channel. This channel, with videos going back to March 2015, continues to operate.
 1点目は、公文はYOUTUBEが公式サンクチュアリ教会チャンネルとビデオに対抗処置をとったと述べています。それは事実ではありません。
 2015年7月に家庭連合がYOUTUBEが天一国二代王亨進様の個人的なYOUTUBEチャンネルと公式サンクチュアリ教会チャンネルを閉鎖させることを要求したことは事実です。
レスポンスで、YOUTUBEは王の個人的なチャンネル閉鎖させましたが、公式チャンネルに対し何の処置も取りませんでした。このチャンネルは2015年3月からのビデオとともに続いています。


 Second, the letter describes the term “Cheon Il Guk” as “protected”. Family Federation in September 2015 filed an application with the US Patent and Trademark Office to register “Cheon Il Guk” as a trademark. In response, USPTO issued a “priority action” on January 5, 2016, advising Family Federation that their application contained insufficient material for USPTO to grant the registration. The USPTO gave Family Federation six months to submit additional material.
 2点目、公文は”保護”された言葉として”天一国”を述べています。2015年9月に家庭連合は、商標として”天一国”を登録したいと米国特許商標庁に申請をしました。応答において、米国特許商標庁は2016年1月5日に彼らの申請書が登録を与えられために米国特許商標庁に対し不十分な資料であるとして”質問状”出しました。米国特許商標庁は、追加の資料を提出するため6か月の猶予を与えました。


※管理人注 プライオリティーアクションはお役所からの質問状と理解して良さそうです。今回は家庭連合の申請で添付された資料では不十分ということでの通知のようです。期間内に再提出できなければ申請は却下でしょう。



 In March 2016, a lawyer acting on behalf of WPUS submitted a letter of protest. In forwarding our letter to the examining attorney, an attorney advisor in the office of the USPTO Deputy Commissioner for Trademark Examination Policy stated that the content of our letter “may support a reasonable ground for refusal” to grant the registration sought by Family Federation.
 2016年3月に、サンクチュアリ教会を代理する弁護士は抗議の書面を出しました。審査弁護士に対する我々の書面の転送に、商標審査担当の米国特許商標庁の代理統括事務所の法的なアドバイザーは、我々の書面内容が家庭連合によって求めれている登録をあたえることに対し「拒絶する合理的な理由になるかもしれない。」述べた。

 Information on the USPTO website as of this date indicates that Family Federation has not responded to either the January 5 priority action by USPTO or the WPUS letter of protest. The term “Cheon Il Guk” has not been registered by USPTO. Information on this matter is available by clicking the following link:
 現時点での米国特許商標庁のウェブサイト上の情報では、家庭連合は1月5日の米国特許商標庁による”質問状”またサンクチュアリ教会の抗議の書面いずれにも反応していません。”天一国”という言葉はまだ米国特許商標庁に登録されていません。この件の情報は下記のリンクを参照下さい。

参照 米国特許商標庁
 The May 5 letter by Family Federation leaders demonstrates once again that they resort to lies and misinformation to maintain control over their membership and that the moniker “Family Fraud” is justly deserved
家庭連合のリーダーによる5月5日の公文は、彼らがメンバーに対し影響力を維持するために嘘と誤報を講じており、「家庭詐欺(連合)」の名が正にふさわしいということを今一度証明するものです。




米サンクチュアリ教会のアメリカ会長リチャード・パンザー博士もこの公文についてEMAILレターをだしている。

参照 リチャード・パンザー会長メッセージ「家庭連合:許せ、愛せ、訴えろ、イジメろ」(家庭連合が訴訟を表明)



<引用はじめ>
2016年5月4日、マイケル・バルコムと金キフンは、彼らの「資産」である、お父様がデザインされた統一マークと「天一国」という用語が、お父様のみ言を重んじそれを信じている団体である、統一聖殿(サンクチュアリ教会)に使用されることから守るために、世界基督教統一神霊協会(別名、世界平和統一家庭連合)が訴訟を起こすつもりであることを示す書簡を発表しました。
お母様の命令により、統一マークは、統一教会やその関連団体によって世界中のどこでも使用されなくなっています。統一マークに関する家庭連合の立場は、自分たちは使わないが、自分たち以外にも使わせたくないということです。
この訴訟は、統一教会の明らかに新しい哲学、「許せ、愛せ、訴えろ、イジメろ」に基づいています。世界中の兄弟姉妹たちの尊い献金が、お父様が血と汗と涙で作られた、天国への12門を示すマークをお父様を愛する者が使うのを防ぐという、無意味な訴訟に使われるのは本当に悲しいことです。
プラス面として、少なくとも家庭連合は一貫した意図を持っているこということがわかります。つまり、お父様のみ言の象徴と実体の両方を消し去り、韓お母様の無節操な「独生女」神学に置き換えることに一貫して焦点を合わせているわけです。
<引用おわり>





<管理人>

しかし、「寄生虫(パラサイト)」に続き「家庭詐欺(連合)」
HSA-UWCは名誉棄損でサンクチュアリを訴えるのかな。
でも、サンクチュアリ教会自体は「統一マーク」にせよ「寄生虫(パラサイト)」にせよ特に何も受け取っていないようですね。
”Family Fed"(家庭連合)と“Family Fraud”(家庭詐欺) で韻をふませた表現ですね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[3回]

<公文> サンクチュアリよ我に従え!

5月5日に米家庭連合から出された公文です。

英文が正文です。









Dear Families,
親愛なる食口の皆さま

 The Holy Spirit Association for the Unification of World Christianity (HSA-UWC), also known as the Unification Church of America and the Family Federation for World Peace and Unification USA (FFWPU USA), represents our movement in the United States. For over 50 years, we have acted as guardians of True Parents' great legacy in the U.S., overseeing tangible and intellectual property as well as True Parents' priceless spiritual inheritance to ensure that they remain under True Parents' authority and HSA-UWC's protection, as True Parents always expected and directed.
 世界基督教統一神霊協会(HSA-UWC)、また米統一教会そして米世界平和家庭連合(FFWPU USA)はアメリカにおいて我々の運動を代表します。50年以上の間、我々はアメリカにおいて真の父母の要請と指示に常に従いつつ、真の父母の権威とHSA-UWCの庇護の下に留まれるよう真の父母のかけがえのない精神的遺産同様実体そして知的財産を監督しながら真の父母の偉大なるレガシーの加護の下活動してきました。

 Some months ago, we took action so that the Sanctuary Church, a group that has disassociated itself from HSA-UWC, may not use intellectual property under HSA-UWC's protection. We lodged a complaint with YouTube about Sanctuary's use of the Unification Symbol in their weekly service broadcasts. After YouTube acknowledged the validity of our claim, and took down the offending videos, Sanctuary briefly removed or hid the logo from their videos on YouTube.
 数か月前、我々は世界平和家庭連合(統一教会)から分派したグループであるサンクチュアリ教会が世界平和家庭連合(統一教会)の保護下にある知的所有権を使用できなくなるよう行動を起こしました。
我々は、彼らの毎週の礼拝説教中継における統一マークのサンクチュアリの使用についてYOUTUBEにクレームを申し立てました。YOUTUBEが我々の主張の正当性を認め違反したビデオを削除した後、サンクチュアリはYOUTUBE上の彼らのビデオからロゴ(統一マーク)を一時的に削除したか、隠しました。


 However, they have resumed infringing uses of this trademarked and holy symbol, as well as the protected "Cheon Il Guk" mark, including in printed publications, signage, videos, and online materials. These infringing uses are likely to cause confusion as to the source and authenticity of the materials that they mark.
 しかしながら、彼らは、保護された”天一国”マーク同様、印刷物 、 図形 、 ビデオ と オンライン資料 において商標そして聖なるシンボルの侵害使用を再開しました。
これらの侵害使用は、彼らがマークした物の出典そして正統性に関して混同の原因になりそうです。


 In order to continue to legally protect these trademarks, we must now take the next step and issue a "cease and desist" notice to Sanctuary Church and any other group that fails to respect True Parents' authority over these symbols and marks. We may also take additional steps as necessary to protect HSA-UWC's intellectual property.
 法的にこれらの商標を保護し続けるため、我々は今、次のステップを取らなければなりません。
サンクチュアリ教会そしてこれらのシンボルとマークに対し真の父母様の権限を尊重することができない他のどのグループに対しても〔知的財産侵害行為などの〕停止通知を出します。
 

 We understand this step may be viewed as adversarial and we are saddened that the need for such action has arisen. However, we believe it is necessary to make these points clear for now and the future. We continue to pray for the unity of our movement, but we know that it can only be accomplished through unity with True Parents, keeping our focus on following the course they have set for us
 我々はこのステップが敵対関係として映るかもしれないと理解します。そして我々はそのような行動を起こす必要を悲しく思います。しかしながら、我々は現在と将来のためこれらの点を明確する必要があると思っています。我々は我々の運動の一体化のため祈り続けます。しかし、我々はそれが彼らが我々が向かうべき路程に従い我々が焦点を合わせ続ける真の父母様との一体化を通してのみ成されることを知っています。


God Bless You, 
神の祝福あれ
   
       
 
                 
Dr. Ki Hoon Kim                      Michael Balcomb                                
Continental                President  Director                                       





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[6回]

米FFWPUの素晴らしいご案内


今回のメールは、正式な公文ではありません。
しかし、熊本大地震の被害がすでに報道されていた中、16日土曜日に送られてきたものです。


最新のニュース
11万人が避難生活 死者42人に 熊本地震 朝日新聞

地震発生以降に来た公式メールは、亡くなられた食口の聖和式の案内とPeace King Cup Fishing Tournamentという釣り大会開催の案内の2通。米家庭連合本部、地方教会いずれからも地震に対する義援金のメール(公式、非公式)などない状況の中日本人食口に向け送られてきたメールです。
亡くなられた食口にはお悔やみ申し上げます。

さて、賢明な読者諸兄、諸姉の皆さまは下記のメールどのように感じられますか?


色字部分(加筆)、太字は管理人によります。
伏字も管理人。

<引用はじめ>
〇◇、〇△教会の皆様
暖かい春らしい季節になってまいりました、皆様お元気でしょうか?
4月22日は、真のご父母様の御聖婚記念日です。特別精誠K※(献金)をまだ出されていない方は、明日(17日)の礼拝の時に出して下さいますようにお願いします。
 ラスベガスのIPECで、全米のリーダーの会議が持たれていました。2020年に向かう希望の4年路程を出発する素晴らしい会議だったようです。特に神宗族メシアを勝利するためにPastor Mも決意して帰ってこられたようです。
〇✖では、I教会長も決意されて帰られたと思います。中心と一つになって頑張りましょう。
〇〇個団
<引用おわり>

※私の記憶がたしかであれば$400のはず。



どうせ出すなら義援金にした方がいいのにと思いましたとさ。(中抜き厳禁やでぇ)






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[9回]

<インド家庭連合会長レ〇プ事件> アディカリ容疑者は只今塀の中

インドレ〇プ事件の続報です。

告発文という方が正しいかもしれません。





Rape of member by National Leader of UC India. Krishna Adhikari and Kumar Manoj now in jail. Chung-sik Yong and Robert Kittel attempt cover up. 

インド家庭連合会長によるレ〇プ。クリシュナ・アディカリとクマー・マノジは、現在刑務所の中。Chung-sik Yong と Robert Kittelは擁護。



Yong and Kittel unanimously declared Adhikari did not commit any crime and asked for prayers.

ヤンとキテルは、アディカリはいかなる犯罪も犯しておらず祈祷を求めることで完全一致したと言明した。

It is alleged other sisters were also sexually abused. Three more sisters ran away and are living by hiding and working secretly in New Delhi in fear of the Krishna Adhikari mafia. They cannot go back to their families because they are thinking the women are studying at university in Delhi.

他の姉妹もまた性的虐待をされたと主張しています。もう3人の姉妹は、クリシュナ・アディカリ”マフィア”を恐れて逃げそして隠れ住んでおり、ニューデリーで秘かに働いています。
女性たちがデリーの大学で学んでいると思っているため、彼らは家族のもとに帰ることができません。

Indian FFWPU members are going to observe a one-day fast on Feb 13, 2016 on the birthday of the founders Dr. & Mrs. Sun Myung Moon (True Parents). A fast and prayer (24 hrs) will be held in protest of the world HQ not taking any initiative, and the misdirection of Dr. Chung-sik Yong and Dr. Robert Kittel in the recent rape case which was reported to the police.

インド家庭連合のメンバーは文鮮明夫妻(真の父母様)の御生誕日である2016年2月13日に1日断食をする予定です。断食と祈祷(24時間)は、警察に報告されたレ〇プにおいて何の主導権も発動しない世界本部とChung-sik Yong 博士とRobert Kittel 博士の誤った方向性への抗議として行われます。


Krishna Bahadur Adhikari is a Nepali national and the leader (with half a dozen positions) for India and his supportive assistant, Kumar Manoj, have gone to jail for this crime and betrayal as a leader to God and True Parents. It is a very serious issue, a criminal act and opposite to our basic Divine Principle teachings. This was done in India by a foreign (Nepali) national leader. This one day fasting is the beginning of much larger steps because of these unacceptable actions and neglect from any concerned leadership.

ネパール国民でインドの指導者であるクリシュナ・アディカリそして彼のアシスタントのクマー・マノジは、神と真の父母に対してこの犯罪と裏切りによって”ジェイル”(刑務所)に行きました。
とても深刻な問題です。犯罪行為そして基本的な原理講論の教えと真逆です。これは外国人(ネパール人)の会長によってインドでされました。この1日断食は、これらの受け入れがたい行為と憂慮されるリーダーシップの怠慢に対する非常に大きな一歩の始まりです。


We asked for the full and direct involvement of our world HQ to this matter. The sister should be taken care of and been given heartistic love and care. Our members should be given spiritual assistance and guidance to heal the wounds caused by the actions of the National Leader and Asian top level leaders.

我々は、この問題について世界本部に完全かつ直接的な関与を求めました。姉妹には心からのケアがされるべきです。我々メンバーは、霊的協助と国家会長とアジアトップレベルの指導者の行為に起因する傷を癒すガイダンスを提示すべきです。

The Asian leadership want to conceal this crime and deliberately they had sent a wrong message around the world instead of solving the real issue in India and with Indian members. This kind of approach to a nation and to the people is to be condemned.

この犯罪と故意を隠そうと願うアジアのリーダーシップは、インドとインドのメンバーに真の問題解決をもたらす代わりに世界中に誤ったメッセージを送りました。国や人々に対するこのようなアプローチは非難されることになります。

Instead of showing compassion and giving care to the sister who is a full time member – the torture and sexual atrocities and rape – the Asian leadership accused her and threatened her. Is this a church for peace??? Now this sister is getting counseling from the government of India appointed NGOs.

献身者である姉妹は同情や配慮の代わりに、‐拷問や性的暴行やレ〇プ‐アジアのリーダーは彼女を告発しました、そして、彼女を脅しました。これが平和のための教会ですか???
今、この姉妹は、インド政府指定のNGOからカウンセリングを受けています。


She was a full time member and number one fundraiser. She sacrificed her studies and dedicated her life full time for our church. She was assigned as the private house cleaner and later babysitter of Krishna, the National leader. She did all this telling lies to her own family that she is attending university in New Delhi. The culprit, Krishna, destroyed her purity, and utilized her physical body for his pleasure, (sexually abused her and other sisters) destroyed her future. Finally, she could escape by running away from the ‘World Peace Center’ (FFWPU/UPF HQ).

彼女は献身者で万物復帰で一番でした。彼女は勉学を犠牲にして、我々の教会のためにフルタイムで人生を捧げました。彼女は、クリシュナ(ナショナル・リーダー)の個人的な掃除婦とベビーシッターとして割り当てられました。彼女は、ニューデリーで大学に通っているというようなうそを彼女自身の家族にしました。
罪人・クリシュナは彼女の純潔を破壊しました。そして、快楽(彼女や他の姉妹に対する性的暴行)のため彼女の肉体を利用し、彼女の将来を破壊しました。
最終的に、彼女は、『世界平和センター』(家庭連合・UPF本部)から逃げることによって逃れることができました。

Krishna himself lied to the family members that these sisters are attending university. In order to write all the evil actions of Yong, Kittel, Krishna and Eknath one may need stacks of papers.

クリシュナ自身が、これらの姉妹が大学に通っていると家族に嘘をつきました。すべての悪行を書くため、ヤン、キテル、クリシュナそしてエクナットは多くの書類を必要とするかもしれません。

All this is satanic style of activity and we cannot expect such things from leaders who are supposed to be the representatives of True Parents. Robert Kittel is acting like he was the advocate of US president Bill Clinton in the Lewinsky case.

このようなことは、サタン的なスタイル(様式)であり、我々は真の父母の象徴である指導者にそのようなことを期待しない。Robert Kittel は、ルインスキー事件におけるビル・クリントン(元)米大統領の擁護者のごとく行動しています。

He is very good at finding loop holes in the sexual immoral allegations and court cases. The so called continental director cum emissaries Dr. Chung sik Yong and Dr. Robert Kittel should both act like human beings with parental heart to deal with this issue. They should remember that they are the spiritual responsible people of these happenings in India and they will be held responsible in front of God.

彼は性的不道徳な申し立てと訴訟事件において抜け穴を見つけるのがとても得意です。所謂大陸会長兼大使のChung sik Yong博士とRobert Kittel博士の2人は、この問題を扱うにあたり親の心情をもった人間として行動すべきだ。彼らはインドでのこれらの出来事の霊的責任のある人物であるのを心に留めなければなりません、そして、彼らは神のみ前に責任があるでしょう。


However hard they try to act as good person or try to hide the truth, they cannot escape from God’s eyes. I hope they will remember and understand that. This leadership are pouring out lots of money to hire lawyers, and giving lots of money to buy members who can support them. They use each tactics to make division among Indian members and to make false witness in the upcoming trails in the court.

彼らがどんなに懸命に良い人を演じようが、真実を隠そうが、彼らは神の目から逃れられません。彼らが留めおきそして理解すればよいのですが。このリーダーシップは弁護士を雇うため湯水ようにお金を使いそして彼らをサポートするようメンバーを買収するために多くのお金を費やしています。

That may harm the future of many young people who are now members.
Our writings are in Indian English, and may find difficult to understand for some. Please bear with us.

それは現メンバーである多くの若者の将来を蝕むかもしれません。我々の書いたものは、インド英語であり、いくつか理解し辛いところがあるかもしれせん。どうぞご理解ください。

We humbly request the world HQ send an independent senior leader (who is not from the Yong / Kittel team in the HQ), who know the heart of Asian members (eg: former CD Rev. Kim and a team of senior members) to India and listen from Indian members and find the truth about India.

我々は、世界本部がインドにアジア・メンバーの中心(例えばキム牧師や長老メンバー)で(本部からのヤン/キテルからではない)独立した上級指導者を送ること、そしてインドメンバーから聞き取り、インドについて事実を見出すことをを切に願います。


This Nepali citizen Adhikari was ruling India for six years under Yong and Kittel. Ekanth from Nepal also protected Adhikari. Come and see what is really they were doing with all those money and support. The real result, the real spiritual situation. And report directly to world president and True Mother. Hope anyone who is reading this may report to proper people in Korea to reach up to True Mother.

このネパール市民・アディカリは、ヤンとキテルの下6年に渡りインド(家庭連合)を治めていました。ネパールのエクナットもまたアディカリを擁護しました。彼らがいかに金とサポートですべてを成したか見に来てください。真実を、本当の霊的状況を。そして、世界会長と真のお母様に直接報告下さい。これを読まれたどなたかが真のお母様に届くよう韓国の適切な人物に報告されることを願います。

If our humble request is still not met, then we may conduct indefinite hunger strike in front of the National HQ of FFWPU in New Delhi. The UPF Ambassadors of Peace have offered their full support to our sincere efforts. If that happens then it will be covered by the world media, TV, Newspapers, and social media. At the same time, we will submit a memorandum to the Korean Embassy and Nepali embassy with a full report. 

我々の切実な要望が届かないなら、我々はニューデリーの家庭連合本部前で無期限断食を行うだろう。UPFの平和大使たちは、我々の偽りのない精誠に対し完全支援を提示しました。
そうなれば、世界中のメディア、テレビ、新聞そしてソーシャルメディアで報道されるでしょう。同時、に完全な報告を持って韓国大使館とネパール大使館に書面を提出するでしょう。


We do not want to go this far but over a month has passed and no action has been taken by the world HQ – and we are waiting. Please pray for us. We want to defeat satan out of our nation and want to welcome God to our nation. Aju.

我々はこのようにはしたくありませんが、1月以上が過ぎました。世界本部よって何の措置も取られず、我々は待っています。どうか我々のために祈って下さい。
我が国からサタンを払い、神様を迎い入れたいのです。 アージュ。







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[15回]

”お母様のスピーチ”に関する金起勲北米大陸会長のスピーチ




昨年のクリスマス晩餐会のお母様のスピーチが、家庭連合系の”世界平和統一家庭連合(旧:統一教会)NEWS ONLINE”に掲載されたのは今月15日です。


クリスマス晩餐会に参加した日本メンバーに対する真のお母様のみ言

1月8日には”サンクチュアリ教会 JPN 合同ニュースブログ”が「バビロンのミステリーその全貌」という題の記事で、クリスマス晩餐会のお母様のスピーチを紹介しています。

尚、家庭連合系サイトで紹介されているお母様のスピーチは大幅にカットされている。
yosia621氏が紹介している。

統一運動NewsLetterは韓総裁の御言を全文を載せていませんね。カットした御言は?


今回の金起勲北米大陸会長のスピーチは、上記の韓お母様のスピーチと同時期にアメリカで語られた韓お母様のスピーチの内容を紹介したものである。


色字、太字は管理人。



金起勲北米大陸会長のスピーチ

金起勲北米大陸会長
写真出展 FFWPU USA公式サイト
 


真のお母様がアメリカに滞在され、キリスト教について、宗教リーダーの責任について語られました。
真のお母様は最初から最後まで、そのみ言はシンプルです。Key(鍵)のメッセージは、「神宗族的メシヤが私たちの最後の到着点である」、という事です。真のお母様のVISION2020における最終的終了点は何でしょうか。それは地上天国をつくる事です。霊的な天国ではありません。
430家庭の祝福を出来るだけ多くの場所で成しなさい。
真のお母様は到着された日の夕食の時、「地上天国とはどのようなところでしょうか?1ページに描いてみなさい」とリーダーたちにたずねられました。そしてお母様は、「1ページの真ん中に真の父母様がいらっしゃり、そしてどのような花が咲いているでしょうか」と笑顔で語られました。

清平・天正宮は聖地の中の聖地であり、元々の聖地であるOriginal Holy Ground(本聖地)です。そして真の父母様は清平に天地鮮鶴苑(生涯博物館)をつくろうとされています。いったんそこに足を踏み入れたら真の父母様の生涯路程や業績、歴史や理念などをAudio(音響)や映像で知ることができます。そこを出る時にはMembership(会員)にサインするようになります。
私たちは具体的に実体的に見える形で真の地上天国を描かなければなりません。知らなければなりません。この様な地上天国を求め続けています。お母様はそれを成す為に確信をもっていらっしゃいます。
真のお母様は責任をもって清平を聖地にする事を成し遂げたいと決意されています。私たちの責任は430家庭祝福 神宗族メシヤを成す事です。

私の口からいつも出てくるのは、H.N(アメリカでよく伝道される日本の婦人としてしばしばお名前がでてきます)の事です。今の所誰がベストの人でしょうか?
他のCity(都市)においても一緒に430家庭の祝福を成してほしい。あなた方は何をするべきかを知っています。しかし実践していないだけです。それを教育して変えていかないといけません。知ったら必ず実践する、に変えていくべきです。実践しなさい。真のお母様は私に対しても、NY(ニューヨーク)ででも、神宗族メシヤの活動をやってみなさいと言われました。これははっきりとしたメッセージです。私たちは目を覚ますべきです。そしてモデルを作りなさい。
お母様はUPF、WFWP、ACLCなどの全ての活動の最終的なゴールは祝福を与えて神宗族メシヤになる事です、と語られました。
今回 お母様はACLCの聖職者、牧師に対しても、神宗族メシヤを成しなさいとはっきりと言われました。

真のお母様は、韓国・日本・アメリカのリーダーと共にユンノリゲームをされたり、リーダーたちを映画館に連れて行かれたりされながら、何を成すべきかを示されました。示された私たちは、他の兄弟姉妹にこの様なことを実践しなさい、ということです。

参加したVIPやメンバーの感想を聞かれ、お母様は本当に喜んで下さいました。私はお母様に、Los Angeles(ロスアンゼルス)の二世と一世のゲストの感想文を証しました。お母様はその感想文を聞かれ、本当に喜んで下さいました。Mrs. H.Nは、ゲストを連れて行く事が出来、ゲストが真のお母様にお会いすることが出来ました。
ゲストを連れてくる事に対して、真のお母様は次のように指摘されました。「この様な素晴らしいイベントに、何人の人を連れてきましたか?何人の人に、このような貴重なみ言を聞かせる事が出来たのですか?なぜこの様な事を成す事が出来ないのですか?」

真のお母様はプログラムにサインをして下さいました。表紙には、真の父母様の写真がありませんでした。それで、真の父母様の写真はどこですか?とお母様は聞かれました。真の父母様は大勢の中の一人ではありません。

昨日(21日)の昼食の時、真のお母様にアメリカの教会カレンダーをお贈りしました。それを見られ、韓国のものより素晴らしいと言って下さいました。

真のお母様の最後のみ言のメモからお伝えします。

・イエス・キリストの弟子は、イエスの死後400年経って聖書をつくりました。

・全てのPastor(牧師)は、イエス・キリストよりもっと真の父母様を教えるべきです。これはキリスト教が救われる道であり、世界が救われる道です。救われる為の唯一の道は、真の父母様をイエス様よりもっと証詞することです。霊界では一体化していますが、地上界ではまだ一体化していません。

・真のお母様は韓国に帰られる3日前からIPECのSuite Room(スィートルーム)に3日間宿泊されました。そして摂理的な基盤を作って下さいました。

・Top Gun workshop(トップガン修練会)は清平で行いなさい。二世は霊的な経験をしないといけません。清平はその様な霊的体験ができる場所です。統一教会の伝統が打ち立てられた所だからです。

・清平は父母の心情、父母の愛の溢れる所です。私たちは地上で、真のお母様に地上天国を建てて捧げなくてはなりません。

真の父母様は6000年間の摂理の結実体です。神様の独り児、独生女の為に、神様の6000年の摂理がありました。真のお母様は確信を持っていらっしゃいます。いつも神様が共にいらっしゃいます。
アメリカは忠孝の長男の国になりましょう。まっしぐらに前進しましょう!







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[7回]

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR