忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   
カテゴリー「日常、非日常」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パンザー会長報告:サンクチュアリ教会の聖和メモリアリアルと祝福式 



訳は予告なく変更します。
また、英文が正文です。



Four hundred and thirty five brothers and sisters gathered at the World Peace and Unification Sanctuary in Newfoundland, PA on Sunday to honor the third anniversary of True Father's Seonghwa and to participate in the Holy Blessing Ceremony to Restore True Father's Authority. 

435名の兄弟姉妹が、日曜日に真のお父様の聖和3周年記念と真のお父様の権限圏に帰る祝福式に参加するため、ペンシルベニア州ニューファウンドランドの世界平和統一聖殿に集いました。


3rd Memorial of True Father's Seonghwa at Unification Sanctuary 8-30-2015- Part One

Two hundred and twelve couples received the blessing from Rev. and Mrs. Hyung Jin Moon, who presided over the ceremony as the crowned successor of True Parents.

212双のカップルが真の父母様の王権相続者である亨進様ご夫妻から祝福を授かりました。

In addition, 310 couples participated from around the USA, Korea, Japan, United Kingdom, Spain, Germany, Ukraine, Italy, Switzerland, Sweden, Russia, Kenya, South Africa, Australia, Brazil, Panama, Ecuador, Peru, India, and other countries. 

加えて、310双がアメリカ、韓国、日本、英国、スペイン、ドイツ、ウクライナ、イタリア、スイス、スェーデン、ロシア、ケニア、南アフリカ、オーストラリア、ブラジル、パナマ、エクアドル、ペルー、インドそしてその他の国々から参加しました。

Pastor Moon described his "wilderness" course after being rejected by the Family Federation when he moved to Lords Valley, Pennsylvania, stating that he and his family were able to live by the "grace of True Father" and living close to nature, quite a change for his children who had been living in the palace! 

文牧師は、ペンシルベニア州ロードバレーに移り住み、家庭連合によって排斥された後の宮殿に住んでいた子供達にとっては大きく変化した自然の中での生活の中で真のお父様の恩寵よって生活できた荒野路程について述べられました。

Hyung Jin Nim explained the reason for his speaking so strongly since January of this year and how Father had told him that at the age of 33 he would have go the way of the cross. 

亨進様は今年の1月から猛烈に語られる理由について、そしてお父様が33歳で(亨進様が)十字架の道をいくであろうと話されたことを語られました。

 
In a moving ceremony, his elder brother Kook Jin Nim recognized and crowned his younger brother as the King of Cheon Il Guk.

感動的なセレモニーにおいて、兄である国進様は、弟を天一国の王として認め、王位につかせました。

This could take place on the foundation of Father's declaration at the 4th Dimension Registration Ceremony in June, 2012 that Hyung Jin Nim and Kook Jin Nim were the victorious True Abel and True Cain in the True Family who united centering on God's will. 

亨進様と国進様が神のみ旨を中心として一体となった真の家庭における真のアベル・カインを勝利されたという2012年6月の4次元入籍式でのお父様の宣布が成されました。


3rd Memorial of True Father's Seonghwa and Holy Blessing Ceremony, August 30th, 2015, Part 2

Hyung Jin Nim explained the meaning of the Holy Wine and Blessing ceremonies, in which the bride is married both to Christ as the true Adam and to her own husband. 


亨進様は、聖酒の意味と祝福式とは花嫁が真のアダムとしてのキリストであり、そして彼女の夫と結婚することであることについて説明されました。



Rev. Bob Exler, Texas Sanctuary coordinator commented that "we made the decision at the last minute to attend.

テキサス・サンクチュアリのコーディネーター・ Bob Exler牧師は、「我々は土壇場になって参加を決めました

On the way of the Sanctuary Church we had to stop when a deer crossed the road and starred us all in the eyes with such a pure and innocent look.

サンクチュアリ教会に向かう途中で、我々は、鹿が道路を横切りピュアで 無邪気な様子を目撃した時、立ち止まらず得ませんでした。

It was as if we were entering the New Garden of Eden to meet the anointed and appointed Bride and Bride room.

それは、まるで聖別され約束された花嫁とブライダル・ルームに会うために新しいエデンの園に入ったかのようでした。」とコメントした。


左から李韓国会長、Mims牧師、江利川日本会長、Exler牧師(テキサス)

ACLC Pastor Donald Mims was so moved and grateful to attend the Holy Blessing Ceremony and meet with Hyung Jin Nim and Kook Jin Nim.

ACLCのDonald Mims牧師は、祝福式に参加し、そして亨進様と国進様にお会いしてとても感動し感謝しました。

He felt the presence of the Holy Spirit as never before. He embraced the Holy blessing given to him and his wife Juanita with open arms. They are now a True Blessed Clergy couple representing Christianity and Texas."

彼は、今までにない聖霊の存在を感じました。彼は心から彼と彼の妻Juanitaに与えられた祝福をよろこび受け入れました。
彼らは、今ではもう、キリスト教とテキサスを代表とする真の祝福された聖職者カップルです。

After the blessing ceremony, Hyung Jin Nim as the second King of Cheon Il Guk made an historic proclamation of the "Bill of Human Rights of Cheon Il Gook." 

祝福式の後、天一国の2代目の王として亨進様は、”天一国市民権利章典”の歴史的な宣布をされました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[15回]

真のお父様聖和3周年記念礼拝&祝福式 サンクチュアリ教会

8月30日にサンクチュアリ教会で行われた真のお父様聖和3周年記念礼拝と祝福式を見て来ました。
韓国や日本からの参加者もあり、礼拝堂は満席状態でした。
もちろん、江利川氏のお姿もありましたよ。


<動画>


<視聴にあたって>
最初無音です。4分43秒くらいから司会を務めたエルダー氏が司会を始められます。
いつもながら、英語、日本語、韓国語を駆使され八面六臂の活躍でした。
15分30秒  国進様家庭と亨進家庭の子女様が敬礼
18分38秒  韓日米の代表の敬礼(江利川氏の姿もあります。)
29分頃   家庭盟誓の後、聖餐式
34分頃   亨進師の聖和メッセージ
1時間11分   国進様(家庭)が、真のカイン家庭として亨進師が天一国の2代目王権であることを正式に認める儀式 
1時間20分~2時間10分くらいまで休憩のため無音
2時間12分頃から 祝福教育、聖酒式、祝福式と続く


 


早朝から来た参加者のため準備されたコーヒー等


今日も自ら"出向かい”をされていた知鋭様
写真は、個別の記念撮影に応えられる国進ご夫妻



会場は満席状態でした。
参加者はおそらく200名以上。


にこやかに始まった「聖和メッセージ」

話が進むと亨進師はこの表情、、、会場からは嗚咽、泣き声も
江利川氏がメガネを外し、何度も涙を拭う姿も見られました。
語られた内容は動画を見てください。



記念撮影
 
上述通り、涙されていた江利川氏ですが、それ以外でお見かけ
した際はにこやかでした。

聞いてはいましたが、韓国から来た方々は本当に国進氏の農場で寝袋にテント、本当にキャンプだったようです。
農場には残念ながら行ったことがありませんが鹿等家畜もいるようです。さすがに洗髪ができず大変そうでした。

日本から来たメンバーの宿舎(現地のメンバーの自宅のはず)には、ミーティングを終えたヨナ様が自ら運転され訪問、1人、1人と会話を交わされ交流を持たれたようです。(訪問を受けたメンバーからの情報)

韓国からのメンバー(約40名と聞いている)は、「一緒にいたい」という希望でキャンプになったようだ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[16回]

SANCTUARY CHURCHに行ってきました。

アメリカの公文では
「したがって、この問題に対する私たちの教会の立場は非常にはっきりしています。いかなるメンバーでも、たとえどれだけ感動を受けるとしても、ペンシルベニアでの礼拝に参加するために足を運ぶことは真の父母様を助けることになりません。」
とされているSANCTUARY CHURCH


「ペンシルベニアでの礼拝に参加するために足を運ぶことは真の父母様を助けることになりません」 このように書かれて、連続して、参加する人はいるのでしょうか。
現実を知りたいです。 ~米本和広氏(火の粉ブログコメント欄より)


それで、いろいろ噂はあるけれど、実際どのようなところか以前から行ってみたいと思っていたので行ってみました。

ニューヨーク市から車で2時間あまりの道のり、住所は
889 MAIN ST   NEWFOUNDLAND  PA,   18445


 
SANCTUARY CHURCHで総務をされているエルダー氏とコンタクトをとり、住所等を教えていただいた。事前にもらったメールで、礼拝堂の断熱工事中のため非常用暖房はあるが、少し厚着でとの気遣いもいただいた。それもあってか、寒さは感じず参加することができた。


礼拝は以下から視聴可能
(26日の礼拝が視聴可能になりました。)
sanctuarychurchnewfoundlandPA


礼拝堂: エルダー氏によると、築50年のこの建物は元々は避暑地の
演劇場だった建物で、カソリック教会が教会施設に変更して使用して
いたものとのことだ。

説教台は舞台の名残りで、席はコの字型の配置になる。

26日の礼拝参加者は大人が50名ほど、子供の数は正確にはわからないが礼拝前にはけっこうな人数が外で遊んでいた。子供のためのサンデースクールは2クラスにわかれてやっているそうだ。

Order of Service (26日の式次第より) 
Prayer
Praise songs------------ Together
Freedom society Sermon---- Sean Moon
Praise songs------------ Together
Christian Sermon-------- Jesse Edwards

Prayer


エルダー氏とは礼拝後、昼食をとりながらお話させていただいた。
日本に住んでいたこともあるというエルダー氏は、大変流暢な日本語を使われるので、いろいろなことを聞くことができた。
また、エルダー氏は私の不躾な質問に対しても快く答えてくれた。
この点についてこの場を借りて改めて氏に深く感謝します。


教会の雰囲気は聞いていた通りで大変アットホーム。
享進師の人柄ゆえか、まだ小規模なゆえか説教者との距離感がとても近く感じられたのが印象深かった。


SANCTUARY CHURCH 正面

エルダー氏によるとSANCTUARY CHURCHは超教派の教会という方向性のようである。
「もう少し、ニューヨーク、ニュージャージーよりの方が人が集まるのでは?」との疑問に対しては、「JESSE EDWARDS牧師曰く、メガ・チャーチといわれる教会でもここより、まだ人口の少ない場所にあるところもある。」~エルダー氏 だそうである。

EDWARDS牧師は2010年の在ニューヨーク日本国総領事館前での「拉致監禁反対デモ」でもスピーチをしたので覚えている読者もいるのではないかとおもう。


日本の状況にも詳しいエルダー氏に、いわゆる正体隠しについても聞いてみた。
「(ここは)周辺地域社会にはMOON BROTHERSとして有名ですよ。(笑)」~エルダー氏
まあ、隠しようもないというところか。


さすがに頻繁に行くことはできない。機会があればいずれというところかな。




にほんブログ村アイコンのクリックもお願いします。ペコリ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[6回]

BBQ

今年で3度目、夏休みの恒例行事になりつつありますが、拉致監禁された経験を持つメンバーとその家族で集まりBBQをしました。
場所は某郡立公園。パーキング料や入園料がないのがいい。
参加メンバー ひみつ。 



遊具施設の他、サッカーやベースボールのフィールドもある。


広い芝生、遊具施設、Hiking Trailもあり、子供たちは大はしゃぎ。



BBQはピクニック・エリアで
定番ホットドック、ハンバーガーに焼きうどんetc


秀の担当はパエリア♪

まずは火をおこすところから。
燃料はチャコール


完成したパエリア♪
 
米6合分のパエリア こいつを2つ作った。

<今回の食材>
米    6合
タマネギ 大2 
ピーマン 赤、緑、橙
トマト  大1 
ソーセージ 
エビ 
ムール貝(写真の黒いヤツ) 
レモン

粉末ターメリック(本当はサフランだけど高いんで)
ニンニク(多めの方がうまい)
塩、胡椒
オリーブオイル(なければサラダ油でもOK)
水 お米と同量よりやや多め 

<作り方>超簡単♪超適当♪
みじん切りにしたタマネギとニンニクをオリーブオイルで炒める。
タマネギとニンニクを別の器に移す。
お米をオリーブオイルで透明になるまで炒める。
タマネギ、ニンニクをもどして、ソーセージも入れて一緒に炒める。(焦がさないように)
てきとうに塩、胡椒。

水を入れて、ターメリック、スライスしたトマト投入。
塩、胡椒で味調える。(面倒であれば固形コンソメを投入)
沸騰したら、荒く細切にしたピーマンやえび、ムール貝、くし形に切ったレモンを入れてアルミホイルで蓋をして弱火で20~30分。

お米の芯が無くなったら、火からおろして10~15分蒸らせばできあがり。

鶏肉やカニを入れてもいいし、貝はあさりとかも美味。
なけりゃ? カニカマや魚肉ソーセージ(アメリカでは結構高いけど)だってうまいぞ。
それもない時? その時は”ターメリック・ライス”ということで。

 
フルーツもうまい。


焼き芋も作ったぞ
 




にほんブログ村アイコンのクリックも
お願いします。ペコリ 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[2回]

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR