忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

”お母様のスピーチ”に関する金起勲北米大陸会長のスピーチ




昨年のクリスマス晩餐会のお母様のスピーチが、家庭連合系の”世界平和統一家庭連合(旧:統一教会)NEWS ONLINE”に掲載されたのは今月15日です。


クリスマス晩餐会に参加した日本メンバーに対する真のお母様のみ言

1月8日には”サンクチュアリ教会 JPN 合同ニュースブログ”が「バビロンのミステリーその全貌」という題の記事で、クリスマス晩餐会のお母様のスピーチを紹介しています。

尚、家庭連合系サイトで紹介されているお母様のスピーチは大幅にカットされている。
yosia621氏が紹介している。

統一運動NewsLetterは韓総裁の御言を全文を載せていませんね。カットした御言は?


今回の金起勲北米大陸会長のスピーチは、上記の韓お母様のスピーチと同時期にアメリカで語られた韓お母様のスピーチの内容を紹介したものである。


色字、太字は管理人。



金起勲北米大陸会長のスピーチ

金起勲北米大陸会長
写真出展 FFWPU USA公式サイト
 


真のお母様がアメリカに滞在され、キリスト教について、宗教リーダーの責任について語られました。
真のお母様は最初から最後まで、そのみ言はシンプルです。Key(鍵)のメッセージは、「神宗族的メシヤが私たちの最後の到着点である」、という事です。真のお母様のVISION2020における最終的終了点は何でしょうか。それは地上天国をつくる事です。霊的な天国ではありません。
430家庭の祝福を出来るだけ多くの場所で成しなさい。
真のお母様は到着された日の夕食の時、「地上天国とはどのようなところでしょうか?1ページに描いてみなさい」とリーダーたちにたずねられました。そしてお母様は、「1ページの真ん中に真の父母様がいらっしゃり、そしてどのような花が咲いているでしょうか」と笑顔で語られました。

清平・天正宮は聖地の中の聖地であり、元々の聖地であるOriginal Holy Ground(本聖地)です。そして真の父母様は清平に天地鮮鶴苑(生涯博物館)をつくろうとされています。いったんそこに足を踏み入れたら真の父母様の生涯路程や業績、歴史や理念などをAudio(音響)や映像で知ることができます。そこを出る時にはMembership(会員)にサインするようになります。
私たちは具体的に実体的に見える形で真の地上天国を描かなければなりません。知らなければなりません。この様な地上天国を求め続けています。お母様はそれを成す為に確信をもっていらっしゃいます。
真のお母様は責任をもって清平を聖地にする事を成し遂げたいと決意されています。私たちの責任は430家庭祝福 神宗族メシヤを成す事です。

私の口からいつも出てくるのは、H.N(アメリカでよく伝道される日本の婦人としてしばしばお名前がでてきます)の事です。今の所誰がベストの人でしょうか?
他のCity(都市)においても一緒に430家庭の祝福を成してほしい。あなた方は何をするべきかを知っています。しかし実践していないだけです。それを教育して変えていかないといけません。知ったら必ず実践する、に変えていくべきです。実践しなさい。真のお母様は私に対しても、NY(ニューヨーク)ででも、神宗族メシヤの活動をやってみなさいと言われました。これははっきりとしたメッセージです。私たちは目を覚ますべきです。そしてモデルを作りなさい。
お母様はUPF、WFWP、ACLCなどの全ての活動の最終的なゴールは祝福を与えて神宗族メシヤになる事です、と語られました。
今回 お母様はACLCの聖職者、牧師に対しても、神宗族メシヤを成しなさいとはっきりと言われました。

真のお母様は、韓国・日本・アメリカのリーダーと共にユンノリゲームをされたり、リーダーたちを映画館に連れて行かれたりされながら、何を成すべきかを示されました。示された私たちは、他の兄弟姉妹にこの様なことを実践しなさい、ということです。

参加したVIPやメンバーの感想を聞かれ、お母様は本当に喜んで下さいました。私はお母様に、Los Angeles(ロスアンゼルス)の二世と一世のゲストの感想文を証しました。お母様はその感想文を聞かれ、本当に喜んで下さいました。Mrs. H.Nは、ゲストを連れて行く事が出来、ゲストが真のお母様にお会いすることが出来ました。
ゲストを連れてくる事に対して、真のお母様は次のように指摘されました。「この様な素晴らしいイベントに、何人の人を連れてきましたか?何人の人に、このような貴重なみ言を聞かせる事が出来たのですか?なぜこの様な事を成す事が出来ないのですか?」

真のお母様はプログラムにサインをして下さいました。表紙には、真の父母様の写真がありませんでした。それで、真の父母様の写真はどこですか?とお母様は聞かれました。真の父母様は大勢の中の一人ではありません。

昨日(21日)の昼食の時、真のお母様にアメリカの教会カレンダーをお贈りしました。それを見られ、韓国のものより素晴らしいと言って下さいました。

真のお母様の最後のみ言のメモからお伝えします。

・イエス・キリストの弟子は、イエスの死後400年経って聖書をつくりました。

・全てのPastor(牧師)は、イエス・キリストよりもっと真の父母様を教えるべきです。これはキリスト教が救われる道であり、世界が救われる道です。救われる為の唯一の道は、真の父母様をイエス様よりもっと証詞することです。霊界では一体化していますが、地上界ではまだ一体化していません。

・真のお母様は韓国に帰られる3日前からIPECのSuite Room(スィートルーム)に3日間宿泊されました。そして摂理的な基盤を作って下さいました。

・Top Gun workshop(トップガン修練会)は清平で行いなさい。二世は霊的な経験をしないといけません。清平はその様な霊的体験ができる場所です。統一教会の伝統が打ち立てられた所だからです。

・清平は父母の心情、父母の愛の溢れる所です。私たちは地上で、真のお母様に地上天国を建てて捧げなくてはなりません。

真の父母様は6000年間の摂理の結実体です。神様の独り児、独生女の為に、神様の6000年の摂理がありました。真のお母様は確信を持っていらっしゃいます。いつも神様が共にいらっしゃいます。
アメリカは忠孝の長男の国になりましょう。まっしぐらに前進しましょう!







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[7回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

宗教では天国は来ません

  • by ナツミカン
  • 2016/01/21(Thu)14:06
  • Edit
統一教会と関わり、調べてきた結果が「宗教では世界平和は来ない」です。

宗教を使い侵略してきたキリスト教の歴史、今はイスラムとの過激な状況にあるのが宗教・・・。ですから、絶対に宗教などでは世界平和は来ないのです。

日本人としての一般常識としては、宗教と政党の話題は表向きにはしないというのが、人間関係を安定化させるひとつの内容であるのですが、直接宗教や政党に関しての事を討論するには、妥結を見ない修羅場が待っているのです。

ましてや、統一教会=家庭連合なんて調べればその悪辣さは丸解り~です。
人間を家畜化奴隷化カモにして一族幹部達は金を自由に使い横領三昧、隠し財産も溢れている・・・。信者は借金漬けで家庭崩壊状態のところは盛りだくさんあり、今までに数百人の信者が自殺していると金オンピル氏の秘書が暴露しています。

これ以上、人間を縛るのは止めなさい!

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR