忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

澤田地平氏の問題行動

まずはじめに、私は澤田地平氏に私怨は全くない。
また、井口氏また日本の家庭連合を擁護するつもりは微塵もない。
その前提で今回の記事を書いた。

正直、当初今回の記事の題名は「テロリスト澤田地平」にしようかと思ったくらい。
それくらい今回の彼の行動には問題が内包されていると感じている。

動画をみてもらえばわかるが「断食芸人?」の異名を持つ井口氏はいつものごとく大声で話している。話しているというより”恫喝するその筋の方”という印象だ。
ただし、その筋の方もそれなりの地位にある人は安っぽい恫喝はしないものらしいが。
まあ、井口氏の娘婿さん(米家庭連合の副会長)の方が遥か彼方に紳士的だよ。
この人が出てくるだけで人材不足を感じさせるに十分だ。


公開された動画はこちらの3つ


2017.1.22松濤本部前NO.1

この映像での問題は、澤田地平氏が井口氏の制止する言葉を無視して日本家庭連合松濤本部に入っている点。

現在、家庭連合(FFWPU)とサンクチュアリ教会(サ教会)は完全に別の法人格を持つ。人間に例えると全くの別人である。
デモ(ビデオ撮りしているから一人ではなく複数人)をする自由、自分たちの”主義主張”を述べる「表現の自由」は当然あるし、「言論の自由」も当然ある。
しかし、それは他人の敷地、建物に(制止を無視して)侵入して行って良いというものでけしてはない。

ニューヨークの在ニューヨーク日本総領事館前で行った「拉致監禁反対のデモ」の場合、日米の違いがあるが道路の使用許可を取ってデモは行われた。

当然日本総領事館の敷地内には絶対に立ち入らないようにというアナウンスがあった。
入ったら、許可を取ったので周りは警官がいっぱいだし、そもそもルール違反。捕まります。
澤田氏の言い分だと、「日本人だから日本総領事館に入れる」と言っているのと同じかな。
”デモ”目的ではそのような”行動”はアウトです。

注1:デモを行うのは原則自由だが、法律上、道路を使用してデモを行う場合は、道路交通法と都道府県の条例に基づいて、警察署に許可申請を行う必要がある。無許可の道路使用は厳密に言えば道交法違反。
※澤田氏は事前に警察に相談していたという内容が個人メールにきました。しかし、公開された映像はその点に全く触れておらず、映像を見た人(特にFFWPUの一般信徒)の心証が非常に悪くなるのは必至でしょう。

注2:澤田氏の行動は住居侵入罪(不法侵入)に問われたしても文句の言えないものだ。
※FFWPUは公益法人なので不法侵入には当たらないのではという意見もありました。
誰であっても礼拝に参加したい、参拝したいと宗教施設に立ち入ることは問題ないと思います。
今回の澤田氏の目的は「平穏に礼拝に参加すること」ではありません。
もし、「拉致監禁反対デモ」を日本基督教団行田教会とか神戸真教会の敷地に入ってやっていたら問題になったと思います。

注3:全くの別件だがサンクチュアリ教会のエルダー氏は「サ教会は法令を遵守します。」と明言されている。

<参考>
抗議デモで逮捕されたシェイリーン・ウッドリー、不法侵入と暴動の容疑で来年裁判に出廷



2017.1.22松濤本部前NO.2

「アボジには原罪があるのですか?」と井口氏に迫る澤田氏。

サンクチュアリ・カテでは喝采。
えらく安っぽいヒーローイズムに見えるのは私だけであろうか?

サンクチュアリアンを自負する諸兄。立場を置き換えよく考えてみよ。
もし、澤田氏と同じことをニューファンドランドのサンクチュアリ教会でする家庭連合もしくは顯進氏グループの人物がいたらどうかと。
もちろん、澤田氏がしたように亨進師や国進氏を罵倒するようなプラカードなんかを掲げ敵意むき出しで教会内に侵入しようとしたらどうなるかとね。

はっきり言おう。礼拝中等銃を携帯している人物が複数いるのがサ教会本部だ。
(この点は議論がでるだろうが、とりあえず銃についてのコメントはなしでお願いします。乱射事件で礼拝中の教会が襲われることもあるのがアメリカということを頭においてください。)
つまり、銃で制圧され場合によっては撃たれることだってある。そういうことを澤田氏は行ったということだ。

銃の使用、不使用に関わらず、そのような敵意むき出しの相手からの質問には、サ教会本部でも答えることはないだろう。
それを答えなかった、答えられなかったと喜ぶ様は滑稽というか哀れ。

まして「公開討論」などするわけあるまい。



2017.1.22松濤本部前NO.3

井口氏の言い放った言葉で正論な言葉がある。
「渋谷(駅なのか街なのか)で伝道しろ」という言葉だ。

たしかに最近まで一緒に歩んできた兄弟姉妹。
”事実”を訴えるのは悪いとは言わない。
しかし、澤田氏のやり方は逆効果であろう。

とりあえず、逮捕されずラッキーでしたね。



澤田さんへ

ご夫婦の意見が分かれ、悩んでいる方たちのことは私も見聞きしています。
あなたの行動を奥様は喜び、あなたの行動ゆえにあなたを尊敬し、あなたのことを惚れなおすと思いますか?
また、あなたのとった行動はそのような悩み、苦悶する兄弟姉妹たちの援護射撃になると考えますか?
残念ながら私はそうは思いません。
申し訳ないが、もし考えなく勢いに任せて行動したなら猛省していただきたい。



サ教会の伝道対象者とは誰でしょうか。

今回の澤田氏の行動はその伝道対象者にどのように映ったでしょうか。
おそらく、確信的にサ教会に移った人はすでに移り、今の伝道対象者はより客観的か、様子をみているような人たちだろうと思いますが。
私なら井口氏の威圧的な応対にも澤田氏の行動にもドン引きします。


澤田氏の行動は、サ教会の伝道の行き詰まり感からか。

ここ数年で急速に発展(信徒数を伸ばした)したサ教会だが、ここにきて伝道に行き詰まり感がでているのではないか?
本人の自覚のあるなしに関わらず、澤田氏の行動はその表れではないか?



秀さんならどうするかって。
「う~ん。美味しい茶菓子を買って松濤本部行くかな。」

サンクチュアリ教会 滋賀教会 森一郎氏が来米した際にニューヨーカーホテルにある家庭連合の事務所を訪れたようにね。(森さんが茶菓子を持っていったのかは知らないけど)

昨日 マンハッタンへ行って来ました。 ニューヨーカーホテル



※特にサンクチュアリアンに読んでいただきたい記事


日本サンクチュアリ協会 大分教会
家庭連合教会前でのチラシ配布に異論

この子らを世の光に! 「天恩」に感謝して、福祉基盤の育成に努力します。
反対します。

原理講論を読む 
澤田氏の松濤本部訪問について






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[9回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

刑法188条(礼拝所不敬及び説教等妨害)

  • by U
  • 2017/01/24(Tue)19:15
  • Edit
1月22日といえば日曜日。
礼拝が行われていたなら、刑法188条(礼拝所不敬及び説教等妨害)にあたる。(6月以下の懲役若しくは禁錮又は10万円以下の罰金)
礼拝が行われていなくても、「その他の礼拝所」としては,たとえばキリスト教の教会などがあげられているので、刑法犯になる可能性が十分にある。

澤田さんへ、まずは自分からでは?

  • by グレーシー
  • 2017/01/25(Wed)13:59
  • Edit
私なら、奥様と松涛の礼拝参加します。
あちらの方々には初心に帰り、勉強に来たと伝え、
毎回熱心に説教を拝聴。
しきりにメモをとり、後日所感をブログにつづります。
礼拝後は奥様とランチ。教義の話などもってのほか。
愚痴はすべて聞き、別れ際にかならずプレゼントを。
夫婦の問題は教義云々とは別のところにあります。
相対を全力で愛することがアボジからの命令ではないでしょうか?2代王ご夫妻にはべることで変わるべきは、まずは自分からと考えます。
秀さんのご指摘のように、周りから見れば井口氏もあなたも、ただの怖い人であり、怒(イカ)れた人。
韓オモニが発言を撤回し、日本会長が辞任すれば、澤田家庭は修復されるのでしょうか?
ただ全ての食口が2代王のもとに集えば、すばらしい集団に変わるとは思えません。
そこでも再びピラミッド体制をつくるのが、食口。
自立した信仰は、まずは自身の家庭から。

Re:澤田さんへ、まずは自分からでは?

  • by 秀
  • 2017/01/26 01:44

>ただ全ての食口が2代王のもとに集えば、すばらしい集団に変わるとは思えません。
>そこでも再びピラミッド体制をつくるのが、食口。

私も亨進師を2代王として集いさえすれば、すばらしい集団に変わるとは思いません。
ピラミッドについては亨進師が説くのは逆三角形のピラミッドのはずです。

澤田氏のご家庭についてはご自身が責任を持たれるよりないでしょう。
私が問題と思うのは、彼の行動で少なからず窮地に立たされる人がいるだろうということと
それについて澤田氏は責任を持てないということです。

私はどちらかと言えば日本のシック(どの派も)にはもっと”自由”について学び、享受してほしいと思っています。
しかし、自由と責任が表裏一体であるのはあまりに当然のことでしょう。
まして、澤田氏は教会長なのですから自らの行動について責任が問われてしかるべきです。




No Title

  • by ひげじい
  • 2017/01/25(Wed)14:46
  • Edit
しきちないではありません。玄関の外です。

Re:No Title

  • by 秀
  • 2017/01/26 01:30
>しきちないではありません。玄関の外です。

明らかに敷地内に入っています。
個人メールにも入っていないという反論はきていません。

傍観者の私が、アレコレ言える立場ではないですが。

  • by 子鹿
  • 2017/01/25(Wed)14:51
  • Edit
実際のところは、神様と澤田さんにしか分からないことなので、私は何も言えません。

ただ、もしかしたら、澤田さんは、生命をかけてやっていらっしゃるのかもしれないと思ったので…。
(私の勝手な想像ですみません。)

生命をかけるということは、死んでも構わないということですし、警察に捕まろうと、犯罪者になろうと構わないということだと思います。

亨進様も、生命をかけて強烈にヒラリーを批判されました。選挙前に「お会いするのは、もう、これで最期かもしれない。」とも語られました。もし、ヒラリーが勝ったら、亨進様は牢屋に入れられたかもしれません。

もちろん、「テロや犯罪を良しとする」という意味ではありませんし、
傍観者の私が、「澤田さんが正しいとか間違っている」とか言える立場ではないことも承知しています。

ただ、もしかしたらと思ったので。

《お父様の自叙伝より》
卒業式の日、定州邑(邑は面の中で人口が多く商工業が盛んな地域を指し、日本では町にあたる)の主立った名士が皆、学校に集まってきました。私は志願して、彼らを前にして演説をしました。感謝の言葉を述べたのではありません。この先生はどうであり、あの先生はどうであり、学校制度にはこのような問題があって、この時代の指導者はこういう覚悟で臨むべきだ等々、批判的な演説を日本語で続けざまにやりました。
「日本人は一日も早く荷物をまとめて日本に帰りなさい。この地は、わが国の者たちが子々孫々にわたって生きていかなければならない先祖から受け継いだ遺産です!」
そういう演説を、警察署長、郡守、面長すべてが集まった前でやりました。潤國大叔父の魂を受け継いで、あえて誰も言えない言葉をぶつけたのです。聴衆がどんなに驚いたかしれません。演壇を降りる時に見てみたら、彼らの顔は灰色に曇り、呆然としていました。
問題はその後です。日本の警察は、その日から私を要注意人物としてマークし、私の行動をあれこれと監視し、うるさく付きまといました。

Re:傍観者の私が、アレコレ言える立場ではないですが。

  • by 秀
  • 2017/01/26 01:48
>生命をかけるということは、死んでも構わないということですし、警察に捕まろうと、犯罪者になろうと構わないということだと思います。

物事に真剣に取り組む姿勢として”死んでも構わない”、”必死になって”というのは理解できます。
しかし。警察に捕まろうと、犯罪者になろうと構わないでは、悪しき家庭連合(統一教会)の伝統そのものではありませんか?
そのようなサンクチュアリであるなら滅んだら良いと思います。

>亨進様も、生命をかけて強烈にヒラリーを批判されました。選挙前に「お会いするのは、もう、これで最期かもしれない。」とも語られました。もし、ヒラリーが勝ったら、亨進様は牢屋に入れられたかもしれません。

亨進師が並々ならぬ決意でトランプ支持を打ち出しました。
でも、それはトランプが絶対的に素晴らしいということではなく、ヒラリーに問題があるからです。ゆえにそこが理解できている家庭連合の方はトランプ支持でした。
亨進様が牢屋に入れられるかですが、アメリカもいろいろありますが、それでも「言論の自由」にはひときわ煩い国です。発言だけで逮捕や禁固刑はまずありえないでしょう。

澤田さんが公道でのデモをし、ビラを配っただけなら私はこのような記事は書かなかったでしょう。
よく考えてみてください。







No Title

  • by 楚
  • URL
  • 2017/01/26(Thu)19:34
  • Edit
どうも、知らないところで起こっていることを取り上げてくださいましてありがとうございます。
 私はこの騒動を拝見させていただき、「井口氏は本部の人間、教会の人間として不法侵入などで叫んだりするものではない。」と思いました。それよりも沢田氏が問題視する「原罪があるのかないのか?」という問題はお母さまからのみ言葉が発端だと記憶しています。なので会長たちに矛先を向けていらっしゃること自体がおかしいと思います。それでそのことを確認すべきだと思います。核心の内容は誰でも知りたい内容です。それも理論的な根拠のある話であれば納得すると思います。
それが発表されていないことアナウンスされていないことが混乱を起こしている第一の原因だと思います。
私はお母さまがおっしゃることは正しいとして、自分で調べています。マルスムにそういう記述がありましたのでご確認ください。http://ameblo.jp/goodlife1000/entry-12236921003.html
http://ameblo.jp/goodlife1000/entry-
12239668593.html
http://ameblo.jp/goodlife1000/entry-12231829536.html
なお本日松濤本部に井口氏の行動に対し私の住所氏名を明らかにし意見を電話で述べさせていただきました。
 これからの2世が思いっきり活躍できるように『なんでも言える教会』にしませんか?

お父様の血統について

  • by enfu
  • 2017/01/27(Fri)15:00
  • Edit
楚さんへ

「お父様の出生は原罪がある立場から生まれた、とはっきりおっしゃっている」という記事を上げてますが、その中でお父様は「原罪」という言葉を使われていないのに、このようなタイトルをつけるのは誤解を招くと思いますよ。

原理講論573ページに、メシヤについて「罪悪の血統を通じて、罪のない人間として来られて・・・」と説明されています。これは生物学的立場からそのように表現されています。お父様はご自身に対してもそのように表現されることがあります。

しかし、お父様は晩年、お父様の血統を不信するものたちに対して以下のように何度も警告されています。どうぞ参考にしてください。

「私は堕落したサタン世界の血筋の端に繋がっているのではありません。」
み言選集605巻 2008.12.28

「真の父母という両班はサタン世界の血統と関係ありません。それを今まで解決しようにも解決することができませんでした。真の父母も堕落の血筋を持って生まれたなら、どうして復帰が必要なのかと言うのです。17歳、16歳まで神様と一つになって来たのです。
エバは反対になったのでこの道を行くことができませんが、アダムはこの道を行くようになれば、そっくりそのまま連結されます。男性格主体である神様の懐で育ってきたのです。」
み言選集610巻 2009.4.10

「幼い頃から先生は堕落の血と関係が無いというのです。それを知らなければなりません。「先生は堕落した血統によって生まれて・・・」という、そのような考えをしたという人は狂った者たちです。」
み言選集611巻 2009.5.17

「文総裁について世の中では「堕落したので、文総裁も堕落した血筋だ」と考えているのですが、それは違います。エバが誤ったゆえに、アダムの血筋を胸に抱いて育ててきたのです。アダムは再創造されることが可能なのです。」
平和の主人、血統の主人 2009.7.7

「皆さんが「文総裁も堕落の血を受けた」と言ってはなりません。」
み言選集613巻 2009.7.9

「文総裁は堕落の種とは関係が無いというのです。」
み言選集615巻 2009.8.18

「皆さんが「先生も堕落の血統に乗って来たから私たちと同じで、優れているものが何か?」と言うのですが、そんな言動をするなというのです。」
み言選集615巻 2009.8.29

秀さんへ

以前、楚さんの記事に上記と同内容のコメントをしたのですが、表示してくださらなかったので、ここに書かせていただきました。

No Title

  • by 楚
  • URL
  • 2017/01/27(Fri)18:59
  • Edit
enfuさま
あのコメントの方だったのですか?私は苦労して見付けていますが、どうもとてもアバウトな部分表示で。嘘っぽい根拠ですよね。もっと私が調べれるような方法でコメントしてくださらないと・・。このブログの信用自体がなくなると思いますが?
原理講論P593に書いてあるのは確認できました。「罪悪の血統を通じて、罪のない人間として来られて・・・」とありますから整合性はあっているじゃありませんか?「罪悪の血統から来られる。」という解釈だからお父様のおっしゃっていることはそれでいいのではありませんか?「罪悪の血統」ということは「現在もある。」ということですよ。

み言選集611巻 2009.5.17 ・・・どうやって調べますか?
み言選集613巻 2009.7.9 ・・・同上

そして今回は井口さんは「編纂委員会にもいた。」と聞いています。教会んとして我々の顔としてしっかりと紳士的な対応をしていただきたいと思いました。
enfuさんも論点は外さない回答お願いいたします。2世のためにも・・。

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新CM

[03/26 AlhexShournever]
[03/25 Kenneejuimb]
[03/25 DavedeTyday]
[03/24 zinanaspst]
[03/22 どうしてですか?]

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR