忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   
カテゴリー「メディア」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

清心グループ各社に対し、(韓国)国税庁が税務調査を開始!

ひさしぶりの更新になります。
このまま、記事を書けなくなるのかなと思ったりしました。
今回の記事は、記事を書くリハビリも兼ねて書いてみました。




【社説】統一教会系企業に税務調査、結果で憶測を払拭せよ。


韓国 国税庁 

統一教会関連企業の清心、進興レジャーファインリズなど清心グループ各社に対し、国税庁が税務調査を開始した統一財団は昨年11月「チョン・ユンフェ文書疑惑」を最初に報じた世界日報を所有していることから、一部では今回の税務調査について「大統領府が嫌う報道を行ったメディアに圧力をかけるため」との見方も出ている。
 統一グループに対する最初の税務調査は201310月ごろに始まった統一グループでは129月に文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁が死去して以降、相続や後継者問題などで内部対立が表面化していたこともあり、この時の税務調査は相続などの過程で決められた税が納付されていたか確認するためと認識されていた。しかし昨年初めに政府が景気対策のため企業に対する税務調査の規模を抑える方針を明確にしたことを受け、一時は統一グループに対する調査も中断したと伝えられた。ところが最近になって突然、調査が再開したことから、再びさまざまな臆測が飛び交うようになったのだ
 世界日報がチョン・ユンフェ氏による政策介入疑惑の記載された文書の存在について報じた直後、大統領府の李在万(イ・ジェマン)総務秘書官を含む大統領府関係者8人は、世界日報を名誉毀損(きそん)で告訴した。この問題で検察は今年に入ってから「チョン・ユンフェ氏関連文書の内容は虚偽」とする結論を下し、現在は世界日報による問題の報道に関連する名誉毀損問題について捜査を行っている。
 もちろん宗教団体系列の企業やメディアであったとしても、脱税の疑いがあれば税務調査を受けるのは当然のことだ。しかし今回の調査については、メディアに圧力を加える意図があると誰もが考えるだろう。もしそうでないなら、国税庁は税務調査の結果を通じ、この調査が政治的な意図とは無関係であることを立証しなければならない。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 01/23/2015


 
<若干の感想>
まず、いかなる企業、団体であっても脱税は処罰されるべきである。
その疑い、疑念があれば税務調査を受けるのは当然であり、脱税が確定すれば司法の裁きを受けることになる。
憶測が飛び交うのは、世界日報がチョン氏の政策介入疑惑を報じ、名誉毀損問題で捜査されている最中だからだ。
政策介入疑惑は、朴政権内からもたらされたもので、大統領や元側近の疑惑となれば報道する理由と意義はあると考える。
政権内からもたらされた情報であれば、「信じるについて相当の理由」はある。
それであれば、ジャーナリズムとして追求してしかるべきであろう。

2013年10月に始まった税務調査が中断していたのは、”韓国経済の深刻さ”をしめしているとも言えそうだ。
大手財閥に頼った経済構造と財閥企業の問題が大きい。韓進グループの「ナッツ・リターン」、平昌冬季五輪会場の工事を請け負う東部グループ傘下企業の法的処理などが記憶に新しい。

国進氏や一部幹部からの内部監査を拒否してきた清心グループというのが、私のイメージだが、今回はそのツケがしっかりまわってきたように思う。
国税は”憶測”を払拭させるためには、脱税の証拠を示さなくてはならない。
統一教会、清心グループは、脱税等法令違反のないことを示さなくては”憶測”を払拭することはできない。

応援のクリックいただけるとうれしいな
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

世界日報社の社長と編集局長、社会部長、記者ら6人告訴される。

後藤裁判記事の途中だが、チョット寄り道。 ゴメンナサイ
時々、TWITTERでは「産経新聞前ソウル支局長起訴問題」は触れていた。
報道の自由は信教の自由同様、自由民主主義の根幹をなす自由であると思うこと、産経新聞以外にも波及してきたこと、もちろんそれが世界日報であったことで今回記事にしようと思った。

<重要参考記事>
元側近、朴氏側と連絡 人事介入疑惑 元秘書官が証言 産経新聞
元秘書官の証言を受け、大統領府は同日、4月に李氏(総務秘書官)と鄭氏が連絡を取っていた事実を公表。鄭氏の発言が覆される事態に、、。

韓国:青瓦台が世界日報を刑事告訴 名誉毀損で 


韓国紙・世界日報(セゲイルボ)が28日、青瓦台(大統領府)の内部監察報告書を入手したと報道し、青瓦台側が名誉毀損(きそん)で刑事告訴する騒ぎとなった。報告書は、朴槿恵(パク・クネ)大統領の元側近男性が政権人事に介入したという内容。*1政権内部の疑惑を指摘する報道に敏感に反応する朴政権の特徴を改めて示した。
元側近男性は、朴大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(48)が、問題とされたコラムで「密会説」の相手と名指しした人物。*2 

報道によると、報告書は1月6日付。政界に流れていた大統領秘書室長辞任説の背景を探るため内部調査が行われた。その結果、男性が昨年末、青瓦台内にいる大統領側近らと会い、辞任説を広めるよう指示していたことが判明。男性らは昨年10月から毎月2回、同様の会合を重ねていたという。
 青瓦台報道官は「記事に出てくるのは根拠のないうわさを集めた内容」と反論。青瓦台側は28日、世界日報の編集局長らを名誉毀損でソウル中央地検に告訴した。
青瓦台は今年、今回の件を含め、国内メディアを相手にした名誉毀損の損害賠償提訴や刑事告訴を少なくとも6件、行っている。
毎日新聞 11月28日

韓国:青瓦台
*1報告書が真実、または信じるに足る理由があるならば、報道する価値、理由はある。
*2朴大統領と密会説のあるこの側近男性は産経の記事によると鄭(チョン)ユンフェ氏。




<関連新聞記事>
韓国大統領府、世界日報を告訴=「陰の実力者が国政介入」と報道 時事通信

あの元側近が人事介入? 世界日報が報道 大統領府またも激怒 社長ら6人を告訴 産経新聞

韓国大統領府、韓国紙を告訴 「元側近の国政介入」報道 朝日新聞

朴大統領、「根拠ない」噂報道に怒り示す 韓国 AFP NEWS

 

<参考>

韓国から撤収する海外メディア 韓国ネットで危機感も 

韓国日報によると
米ワシントンポスト、アジア総局をソウルから東京に移転。
仏フィガロはソウル特派員を上海に移した。
米ロサンゼルス・タイムズは、「韓国ニュースは東京や上海、本社で十分」とソウルから特派員を引き上げた。
このほか、米CNBC、仏RFI、独GTAIといった海外メディアが今年、支局や特派員を撤収した。




韓国は報道、表現の自由の不毛地帯と世界の大手メディアから烙印を押されたよう、、、。
しかし、当事者である韓国の世界日報はさすがに自社の問題だから報道しているが、日本の世界日報は報道した形跡がない。(少なくともネット上)

日本においても、自社の前支局長が告訴、起訴された産経新聞はもちろんのこと、時事通信、毎日新聞それに統一教会としては”宿敵”と表現しても良いのではないかと思う朝日新聞もが報道する中でだ。
たしかに、法人格としては全く別だろう。でも、おかしくはないか?
「拉致監禁問題」に無関心な(だった)統一教会に通じるものを感じるのは、自分だけだろうか。

反統一人さんは、この問題是々非々で論じれるのかなぁ。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[1回]

反日情勢でも工事は着々と進行中...日韓トンネルの現在

 引用した記事は7月4日のものである。
ラスベガスのピースパレスや清平の天正宮をはじめとする建物、その他、各地で建造物が建てられ、それらは摂理として多額の献金を募り建築されてきた。
日韓トンネルも、かつて摂理の最前線として巨費が投じられた。
その後、どうなっているのかという記事だ。
建造物を建てる「箱物信仰」であれ、先祖解怨の「清平教」であれ、献金したことにより”福”があったと実感があるのであれば、だれもそれ自体をどうこう言えるものではない。
しかし、あとになって後悔したり、恨み言を言うなら(言わないためにも)献金する前に熟慮すべきだ。
場合によっては、その献金を拒否することだってありじゃないかな。
かつての最前線の現在を見ながら考えてみてはどうか





反日情勢でも工事着々と進行中、、、日韓トンネルの現在



 佐賀県唐津市鎮西町に知る人ぞ知る奇妙な建造物がある。小高い山々に囲まれた窪地にあるのは、『日韓トンネル』だ。窪地を挟み込んでいる2つの小高い山の間にはレールの敷かれている鉄橋があり、その上に敷かれているレールが山肌にポッカリと開けられたコンクリート製の穴へと吸い込まれている。


 この『日韓トンネル』は、「日本と韓国の間をトンネルで結ぼう」という計画の元に造られたもので、1981年に世界基督教統一神霊協会(統一教会)の故・文鮮明氏が提唱した。完成すれば、九州北部にある唐津市と韓国の釜山を結ぶ総延長約200キロのトンネルとなる。ちなみに、トンネルを往来することができるのは列車のみとなる。*1

 鉄橋からトンネルの奥に向かっている2条のレールの傾斜はかなりキツい。今時、JRの在来線でもこんなところはないだろう。ボールを放り込んだら200キロ以上のスピードで転がっていきそうだ。どうしてこのようになっているのかと言うと、このトンネルは、本坑が掘られる前に造られる"調査斜坑"だからだ。  
 
調査斜坑は、本坑ができたときに出水した水を地上に送り出したり、資材などを運んだりするための役割を担うもので、実際に列車を走らせることはない。トンネルはすでに540メートルほど掘り進められていて、「第3期工事」まで終了している。

 しかし、JRにも私鉄にも繋がれていないレールがトンネルと直結しているのは、どことなく違和感を感じる。*2 現場にいた関係者が、くったくのない表情で熱心に語ってくれた。

「この工事は、ひとまずここで終わりになります。計画としては1300メートルほど掘り進める予定がありますが、この先に公道がありますので、これ以上掘り進めることはできません。*2  これからは、対馬から韓国に向けて掘り進めることになります。これまで莫大なお金を使ってきましたが、元々、このようなことをやるためにはお金がかかります。*3 ちょっと前に一般財団法人となったので、そこで工事を進めているのですが、このことによって、どのような団体・個人からも寄付を募ることができるようになりました。もちろん、他の宗教団体からの寄付を受けることも可能です。 もう壷を売ったり、何かをしたりするようなことはありません。*4 寄付は一口5000円からです」

 北海道と本州を結ぶ全長約50キロの「青函トンネル」の建設に要した期間は約20年。この『日韓トンネル』は、その4倍あまりの長さがある。『日韓トンネル』が日韓両国の国家プロジェクトとなるかどうかは別として、文鮮明氏が亡くなってからも、このプロジェクトが着実に進められていることには驚かされる。*5

<酒井透>




*1 日韓トンネルって、「国際ハイウェイ構想」の一環で自動車が走るというものだったような。
*2 JRにも私鉄にも繋がっていないというか、JRや私鉄サイドにはそのような計画すらなかろう。一応信者である私ですら、違和感を感じるのだから一般の人は違和感を感じてしかるべきか。
*3 本当に完成させようとすれば、莫大なお金はかかる。そう、少なくとも国家レベルの話だ。一般財団法人が頑張った程度では何時までたっても完成しない。と思うが、、、。
*4 ぜひ、そうしてくれ。でもまてよ、「もう」ってことは”壺を売ったお金をいままでは、資金にしてました。”って公言しているような・・・。
*5 いまだに進められていることにはたしかに驚いたが、本当に着実なのか?


☆ちなみにアジアハイウェイ・プロジェクトというのが国交省のHPにあった




 にほんブログ村アイコンのクリックもお願いします。ペコリ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[2回]

ABC NEWS NIGHTLINE PRIME


 昨日、アメリカABC NEWS NIGHTLINE PRIMEで
 統一教会の合同結婚式に関する番組放送があった。

  
  
 
                      

  


 Young Unification Church Members Prepare for Arranged Marriages

 上記リンクをクリックしていただければ、放送された動画
 が見れます。 (10分6秒の動画)part1

   Unification Church Mass Wedding: The Big Day

 続きです。 
   上記リンクをクリックしていただければ、放送された動画
 が見れます。 (5分38秒の動画)part2


 このブログは「拉致監禁・強制改宗」がテーマなので
 気になった点に少し触れたい。

 合同結婚式の前後は「拉致監禁」の発生率は高いし。

 気になったのは動画(Part1)最後の方にインタビューを
 受けている日本人男性とフランス語圏に住んでいると思
 われるおそらくアフリカ系女性のカップル。

 これを見ると、やはり日本の統一教会員を持つ親御さん
 とかは心配になってしまうのではないかと、心配になっ
 た。 
 Part2では、彼女、彼の名前も覚えていない、、、。

 子供の結婚に心配になるのは、どの親で当たり前なんだ
 けれど、、、。  
 
 以下、インタビュアーとのやりとり。
 (訳はYOSHIさんや火の粉ブログに登場する暗在さんのように洗練されていないし、
  あやしいが、その辺
は許してほしい。)

 
 インタビュアー 「どちらから来ましたか?」
 
 女性      「Cortiguera*1です。」
 
 インタビュアー 「どちらから来ましたか?」
 
 男性      「日本です。」
 
 インタビュアー 「日本語は話せますか?」
 
 女性      「いいえ」
 
 インタビュアー 「OK、 それで、あなたのフランス語は?」
 
 男性      「いいえ」
 
 インタビュアー 「できない?フランス語はできない?」
 
 インタビュアー 「知り合ってどのくらい?」
 
 女性      「3日」
 
 インタビュアー 「3日前、そう。」
 
 インタビュアー 「信仰深いのね。」
 
 インタビュアー 「結婚後はどこに住むつもり?」
 
 女性      「わからないわ。」
 
 
 *1 聞き取りづらかったが、恐らくスペインのCortiguera
     ではないかと思う。  

 
  
 フォローするとすると、彼らの意識は結婚したという
 より、お付き合いがこれからスタートするに近いだろう。
 
 まだ、まだ、2人での実際の生活をイメージできると
 いうレベルではなかろう。

 期待も込めて
 言葉、文化の問題は、これから時間をかけ克服してほしい。

 ~関連記事~

 Family Forum -統一教会員の合同ブログ- 
 アメリカABC〈NIGHT LINE〉 基元節祝福式ドキュメンタリー
 
 PART1で出てくるudilee Kingさんと Glenn Haiderさんの
 英文記事 -Religion News Service- 
 My parents arranged my marriage, and I’m cool with that
  
  FAMILY FEDERATION の記事
     Nightline to Air Final Segment on Blessing 2014

 にほんブログ村アイコンのクリックも

    お願いします。ペコリ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

拉致監禁、強制棄教問題 日本当局の対応は「評価ゼロ」 国境なき人権代表 ウィリー・フォートレ氏に聞く

 
 世界日報の記事からですが、世界的に著名な人権団体
 「国境なき人権」のウィリー・フォートレ氏に対す
 るインタビュー記事です。


 下線、色字は管理人(秀) 


 新興宗教信者らに対する拉致監禁問題について、海
 外から批判の声が高まっている。12年以上監禁さ
 れた後藤徹氏が民事裁判で勝訴したものの、いまだ
 に加害者で逮捕、起訴された人はいない。
 独自の事実調査に基づいた報告書「日本:棄教を目
 的とした拉致と拘束」
を2011年12月に発表し
 た世界的に著名な人権団体「国境なき人権(HRW
 F)」代表の人権活動家・ウィリー・フォートレ氏
 に、拉致監禁問題に対する日本政府の対応の評価を
 聞いた。
 (聞き手=社会部次長・岩城喜之)

  
 


  ウィリー・フォートレ氏

 市民社会へは大きな力学働く/問題解決に向け政府
 は行動を


 12年の自由が剥奪された代償/後藤裁判賠償額は
 余りに低い



 日本で棄教を目的とした拉致監禁、ディプログラミ
 ングがいまだに続いていると初めて知ったのはいつ
 か。
 また、それを知った時にどう感じたか。


 5年ほど前に、日本で行われている少数派宗教信者
 に対する拉致監禁問題を知った。
 初めて聞いたときは、日本のような経済大国で、そ
 のようなことが大規模に行われていることに大変驚
 いた。
 だが、資料を読んだ結果、こうした悪しき状況にあ
 ると信じざるを得なかった。

 私はその時、こうした(拉致監禁の)問題とどう戦
 っていけばいいのか分からなかった。
 そこで、実際に日本に行って事実調査することを決
 意した。
 なぜなら、起こっている現象を理解するためには、
 実際に当事者たちに会って、彼らがどのように感じ
 ているのか聞くしか方法がないからだ。

 私自身は宗教的回心を体験している。私は以前、無
 神論者だったが、福音派のキリスト教に回心した。
 私が回心する場合は自由にできたが、家族からの圧
 力や政府からの圧力など様々な障害があった時には、
 その回心は難しいということを知っている。

 私はイランにおけるイスラム教徒などに関心を持っ
 ているが、イスラムの世界において改宗することは
 死刑に値し、家族や様々な共同体メンバーから脅迫
 を受けるということもある。*1

 危険な環境で信教の自由を守ることは、非常に大変
 なことだと理解している。

 一般的に、身体が拘束された状態で強制的に信仰を
 奪われたり、改宗を強要されることはどういう影響
 があると考えるか。


 強制改宗を受けた人は自分の信念を奪われるわけだ
 から、自分が何者であるかということに対するアイ
 デンティティーを奪われることになる。
 しかも家族との関係、共にいた人々との関係を破壊
 されるために、精神的に非常に大きなダメージを受
 け、大変難しい状況に陥るだろう。

 国境なき人権が2011年12月に発表した、日本
 における拉致監禁のリポート最後のまとめに、日本
 政府や国際社会などへの勧告が記されている。
 発表から2年たったが、この勧告はそれぞれ、どの
 くらい達成されたか。

 日本当局の拉致監禁への対応についてはゼロだ。
 市民社会については、ゆっくりではあるが、大きな
 力学が働いている。
 特に12年以上の監禁の被害に遭った後藤さんの
 (民事訴訟)勝訴を受けて、変化が起こり始めてい
 ると感じている。

 日本の人権団体は、なぜこの問題について行動を起
 こさないのか。


 二つ理由があると思う。一つ目の理由としては、
 日本の人権団体は、統一教会の考えと違う左翼的な
 考えの人が多いということがある。*2
 二つ目は、拉致監禁問題はエホバの証人の信者に対
 する事例もあるが、多くは統一教会信者に対する被
 害であり、統一教会に対するよくないイメージが作
 られているため、人権団体が動こうとしないのだろ
 う。*3

 後藤氏に対する不当な拘束と棄教強要を認定し、職
 業的脱会屋の宮村峻氏や後藤氏の兄夫妻、妹らに賠
 償支払い命令を出した東京地裁の判決をどう評価す
 るか。


 不当な拘束が認められたことは肯定的に評価したい
 しかし、被告側全員の責任が認められなかったのは
 残念だし、損害賠償の金額が非常に少なかったのも
 残念だ。

 後藤裁判の判決は483万9110円の賠償支払い
 命令だったが、例えば米国で1995年に下された
 民事訴訟の判決では、ディプログラマーや、CAN
 (Cult Awareness Network=カルト警戒網)な
 どに対する支払い命令は計487万㌦と莫大な金額
 だった。
 そして、この判決が米国でのディプログラミング根
 絶に大きな役割を果たした。
 後藤裁判の賠償額は国際的な基準と比較してどうか。


 12年の自由が奪われた代償としてはあまりにも
 低い。
 ただ後藤氏のケースで一番否定的な面は、刑事事
 件化されなかったことだ。

 それと私が特に話したいことの一つは、福音派の
 牧師の役割についてだ。
 拉致監禁を実行した両親は牧師らの被害者である
 と言える。*4
 なぜなら、牧師の教育を受けて拉致監禁を実行し
 たことで家族関係が厳しくなり、癒えることのない
 傷が家族の中に残るからだ。

 こうした牧師が所属している教派に対して、拉致
 監禁という犯罪行為を行わないように指導するよう
 メッセージを送りたい。 *5

 国連の自由権規約人権委員会に国境なき人権のリポ
 ートも影響を与えている。


 自由権規約人権委員会というのは人権問題のエキス
 パート集団で、国際人権規約の中でも「市民的及び
 政治的権利に関する国際規約(自由権規約)」で定
 められていることについて、各国が規約を順守して
 いるか、あるいは違反しているかを細かく審査する
 委員会だ。
 国連の人権規約を批准している国が6年から8年に
 一度、この委員会の審査を受けることになっている。
 今年7月に開かれる委員会では、日本の人権状況の
 審査がある。

 また自由権規約人権委員会にはNGO(非政府組織)
 が報告書を提出できる。
 国境なき人権が提出した拉致監禁問題に関する報告
 書には、自由権規約の何条に違反しているか具体的
 に記してある。
 「思想・良心の自由、信教の自由」については18
 条に該当する。
 「身体の自由及び安全についての権利」の条項は9
 条で、「婚姻の権利」は23条だ。

 拉致監禁はこれらに違反していることになる。

 国連の自由権規約人権委員会が正式に出した日本政
 府に対する質問リストの中に、「国家によって捜査
 され、起訴されていない拉致、強制改宗および強制
 棄教の事例に関する報告に対してコメントしてくだ
 さい」という項目がある。
 これが日本政府に対する拉致監禁についての質問だ。

 この質問は公式化されていて、国連がこの問題(日
 本における拉致監禁)について、正式に認識した初
 のケースだろう。

 この質問リストに対する回答を7月の委員会までに
 準備して、委員会のセッションで日本政府の立場を
 表明する必要がある。

 セッションが終わった後、委員会は報告書を作成し、
 勧告する。
 ここで拉致監禁問題が追及されたら日本が当惑する
 ような事態になるだろう。

 だから今が、この問題を解決するために日本政府が
 行動するいいタイミングだと思っている。
 日本が拉致監禁の問題を解決するために動き、7月
 の委員会セッションで「我々は新しいステップを取
 った」と回答することを期待している。

 
 *1~*5は管理人によります。

 *1 イスラム圏出身のご主人と結婚するためにイスラム
    教に改宗した日本人女性に会ったことがある。

    ご主人がイスラム教をやめるのはほぼ不可能とい
    う
話だったと記憶している。 

 *2 米本和広氏あたりから異議が出そうだが、統一教
     会
と関係のない、しかも世界的な人権団体の代表
     者が
「日本の人権団体は左翼的な考えの人が多い」
    と評し
ている点は興味深く面白い。
     むろん、左翼だろうが右翼だろうが「拉致監禁」
    や「強制改宗」
する輩はNOだ!

 *3 単なるイメージと片付けるわけにはいかない。
     法令尊守を口すっぱく言うゆえんでもあります。

 *4 拉致監禁をされた者は被害者だけれど、実行した
   家族もまたそそのかした牧師の被害者である。
   全く、そのとおりであるのだが、、、、。
   理性的に理解する自分と感情的に受け入れない
   自分がいる。  


 *5   今尚、もっとも精力的に反統一活動をしているの
     は 日本基督教団ではないのか?
     実際、3月も4月も’相談会’を予定している。
     主催は日本基督教団東京地区統一原理問題連絡
     会、
 日本基督教団大阪教区 カルト対策特別委員
     会です。
     日本基督教団の看板でやっている以上、

     ドアチェーンと南京錠を用いた"逃亡防止措置”や
     外出、外部との連絡を制限する実践的、実効的方
     法をとれば「拉致監禁」を行う教団として世界に
     悪名を轟かせることになることをよくよく肝に銘
     じるべきであろう。





にほんブログ村アイコンのクリックも
    お願いします。ペコリ


   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[1回]

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR