忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   
カテゴリー「拉致監禁情報」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンクチュアリ教会 石橋正人さんの脱会を伝える。

サンクチュアリ教会のFACEBOOKからの引用である。
書いてくれているのは、まちがいなくTIM ELDER氏。

米家庭連合をはじめとする英語圏の家庭連合のFACEBOOKではない!
さすが天下の家庭連合。



<引用はじめ>
FFWPU Japan recently received a brief letter from Masato Ishibashi stating his intention to leave the Family Federation, according to an article posted on the website of a group fighting forced abduction and faith breaking in Japan.

日本において強制的な拉致と信仰破壊と闘うグループのウェブサイトに掲載された記事によると、日本家庭連合は、家庭連合から脱会する意向の石橋正人さんの簡潔な手紙を最近受け取りました。

This was the first indication in more than two years of Masato's physical safety. In the letter, Masato gave no indication of his present situation or whereabouts. Nor did he mention the circumstances surrounding his disappearance two years ago or the events that transpired since then.

これは、(監禁が)2年を超える中、正人さんの身の安全に関し初めて示すものでした。手紙の中で、正人さんは、彼の現在の状況や所在について何も語りませんでした。そしてまた、彼は2年前の失踪を取り巻く事情とかそれ以来露見した出来事に言及しませんでした。

The letter, dated April 4, 2016 and titled, "Notice of Exit", stated simply: "As a result of discussions with my family, I hereby exit the organization."

手紙の日付は2016年4月4日で、「脱会届」と題して、「家族との話し合いの結果、本日ここに脱会いたします」と簡潔に記してあった。



More than two years have passed since Masato Ishibashi, a member of the Family Federation in Japan, went missing after telling his friends that he intended to visit his family.

日本の家庭連合のメンバーである石橋正人さんが、家族を訪問する予定だと友人に語った後失踪してから2年以上が過ぎていました。
<引用おわり>



<おまけ あほらしい話>

米家庭連合会長のマイケルバルコム氏が最近ミネソタ(州)での家庭連合集会こんなことを言ったらしい。
「ポスト韓オモニ」における家庭連合運営に関する質問に対する答えとしての発言だそうだ。
以下がバルコム氏の発言。

「お母様が霊界に行かれた暁には文亨進師に家庭連合に戻り「天一国最高委員会」に加わることが期待される。」

「(お母さまが霊界に
いかれても)私たちには最高委員会がある。亨進ニムも最高委員会の一員だ」

哀れ、韓鶴子お母様。

でもまあ、因果応報か。

これに対し、亨進師はこのように答えたそうだ。
以下、亨進師の言葉

「家庭連合の「最高委員会」は上意下達のピラミッド組織であり、すぐにでも解散すべきだ」

詳しくはこちらから。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[5回]

石橋正人さんの脱会届

石橋正人さんから家庭連合に脱会届が届いたという。
ブログは、もう少しお休みする予定でいましたが、これだけは書いておく必要ありと判断して書くことにします。

全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会の「石橋正人さんから脱会届がとどく」から引用です。

<引用はじめ>
2014年1月2日に失踪して以来、2年3ヶ月間に亘って連絡がとれず、消息不明のまま監禁状態にあることが憂慮された石橋正人さん(29歳)から、世界平和統一家庭連合(家庭連合)に脱会届がとどきました。
 脱会届は、石橋さん直筆の文章と署名で、家庭連合の徳野英治会長宛に内容証明で郵送されてきました。
 脱会届の日付は平成28年4月4日で、内容は「脱会届」と題して、「家族との話し合いの結果、本日ここに脱会いたします」と簡潔に記してあり、脱会の理由や2年間の話し合いの状況などについては何も書かれていません。
 すでに石橋さんが脱会の意志を表明している以上、石橋さんの親族や脱会屋が棄教目的で石橋君を監禁下に置く理由はなく、従って石橋さんはすでに自由な状態にあるとも考えられます。
 しかし、私を含め過去の拉致監禁の例からすると、信者本人が脱会を表明しても、家族や脱会屋が偽装脱会(脱会したふりをすること)を疑い、様々な踏み絵(脱会届、手記、信者名簿、訴訟手続き)を踏ませ、その間は監禁を継続することもあります。
 従って、この脱会届だけでは、石橋さんが未だ監禁状態にあるのか、自由な環境であるかは、判断できません。

 以下、石橋正人さんへメッセージです。
 ご本人に届くことを願いながら・・・。
石橋正人さんへ
 この2年間、たいへんな苦しみを経験され、たぶん今もそうだと思います。石橋さんに、一つだけお願いがあります。もし、このブログを石橋さんが読んで下さっているなら、もう少しご自身の状況や心境を詳しく教えて下されば、たいへんありがたいです。石橋さんが突然姿を消してしまって以来、ずっーと、今も八王子教会のメンバーや石橋さんを知る人達が石橋さんのことを心配しています。石橋さんの心身の状態をとても危惧し、何とか元気でいてほしいと毎日祈っています。脱会届の文面だけでは、石橋さんが健康でいるかどうかも分かりません。どうぞ、よろしくお願いいたします。
全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会 代表 後藤徹 
<引用おわり>


この「拉致監禁」という問題の厄介なところは、”脱会届=解放”とか”脱会届=棄教”とは断定できないことです。
僅かでしょうが、偽装脱会の可能性はあります。
真正脱会だとすると、かなり高い確率で「リハビリ」と称した「軟禁状態」に石橋さんが置かれていると推量されます。

さて、「監禁」から解放されて”メデタシ、メデタシ”かというと、残念ながら「これからこそが石橋さんにとって大変でしょう。」と言わざる得ない。

仮に解放されていたとして、PTSDのような重度の心の傷がなかったとしても、けして無傷ではおれないのが「拉致監禁」である。
これは、結果として脱会した、しないに関わらず経験した者の証言に目を通せばわかるはずだ。

そして、脱会した、しないに関わらず「親子関係は悪化」する。
このことは、反統一(家庭連合)の学者先生の研究でも明らかである。

それに加え、監禁に関わった家族は一財産を失った(2年以上監禁部屋を維持するだけでも巨額)であろうし、監禁された本人は生活基盤そのものを失う。
再就職して以前通りの収入を得ることはそう容易くはあるまい。
監禁期間の損失も含め、生涯年収が激減することは否定できない。
親は老後のための蓄えを新たに準備できないかもしれないだろう。

それでも、「脱会できただけでメデタイ」という輩も確実にいることだろう。
自分は痛くも痒くもないから。


1995年の文化庁宗教団体信者数統計によれば統一教会の日本での信徒数は477,000人なんだそうだが、実際はせいぜい数万人(5万以下)だろう
棄教率8~90%というところかな。
最近は、顕進(3男)支持グループ、亨進(7男)率いるサンクチュアリ教会、またその他の分派に行く者もいて数もけして少なくない。

「監禁」は、落日の家庭連合(統一教会)から脱会させんがため、払うには代償があまりに大きすぎる。
”自称カウンセラー”の懐は肥えるかもしれないが、、、。

短期間で外注して一丁あがりではなく、時間をかけて情報を与え続けるだけでかなりの人が辞めるか、問題である高額エンドレス献金はしなくなるだろうし、違法行為(正体隠し伝道等)はしなくなるだろう。
ともあれ、監禁部屋から出てきたならそのことは良かった。
石橋さんは今後生活基盤を立て直して行くであろうが、いつか自分が通った道。
心からエールを送りたい。
良い人生が送れるかはまた別の問題。
まだ終わりではない。選んだ道は違うがお互い頑張ろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[11回]

<疑惑>澤田拓也氏の公金横領、自宅はハーレム?


<追記>「7.教会の献金を使い澤田本人名義で自動車を購入。」については、澤田氏名義ではないことが確定しました!


澤田拓也氏は現在家庭連合(旧 統一教会)の広報局で渉外部長の職にあると承知している。
そして、「統一教会員に対する拉致監禁問題」でプロジェクトのほとんどの人が移動となった中残った唯一の方であると聞いている。
いわば「拉致監禁問題」対策の最後の砦のような人物だ。
その澤田氏の疑惑であるので大変興味を持った。

さて、澤田氏については私も拉致監禁されたことのある仲間から聞いていたが、総じて”人柄良し”という評であった。
それで、引用した記事を読んでもにわかには信じ難い。

澤田氏は孝成教会の教会長を長期に渡り務めておられるようだが、ブログ「広報局員の素顔」のブログ主氏もこう書いている。
「教会長時代は、非常に尊敬を受ける名教会長でした。
教会長は、何代か交代してますが、今でも非常に尊敬を受けている教会長です。」


ブログ 「広報局員の素顔」 より引用


早速、ブログ 「広報局員の素顔」は該当記事を削除した。

記事どころかブログそのものを削除しましたとさ。(溜息)
該当の記事はもちろんウェブ魚拓を取ってある。
http://megalodon.jp/2016-0111-2138-35/ameblo.jp/publicrelations/entry-12113592793.html


<引用はじめ>
教会長という立場を利用して
家庭連合(旧 統一教会)の渉外部長である澤田拓也氏は
かつて、原理研究会(CARP)のOBが集まる
孝成教会の教会長を長く務めていたことがある。

権力の座に長くいると腐敗するのは世の常とはいうが
澤田拓也教会長もその例にもれず腐敗していた。

1.自分に都合のよい信徒を部下に人事する。
2.自分に都合の悪い信徒は、別部署へ人事という名目で左遷
3.教会内の区域長は、すべてYESマン
4.教会の献金を自分の懐にいれる。
5.自分の趣味を経費で賄う(主に登山)
6.カラ出張は当たり前
7.教会の献金を使い澤田本人名義で自動車を購入。
8.さらにその自動車を教会員に貸して利用料を摂取
9.教会の献金を使い自宅&寮の名目で、世田谷区野沢の1等地に豪邸を借りる。
10.気に入った女性信徒のみを住まわせていたため、通称:澤田ハーレムと呼ばれる
11.信徒の祝福献金を自分の懐へ(ちなみにその信徒は公的には祝福献金未納になっている)
12.教会の献金をワイロとして、先輩家庭へ渡す(後々にその効果がわかる)
13.その他いろいろ

大部分の信徒はこの事実を知らない。
<引用おわり>



どうだろうか、これらが事実であるなら評判の良い澤田氏でさえも”その例にもれず腐敗していた”ということになる。

ブログ「広報局員の素顔」のブログ主氏は、「このブログの内容は基本的に真実だよ」と述べているが、これだけの内容が嘘であったなら「嘘八百を並べ立てるブログ」として金字塔を立てることになるだろう。

すでに、人づてで澤田氏には上記記事が嘘か真か聞いてもらっている。
返事がくるかはわからないが、ブログ「広報局員の素顔」の内容が虚偽であるなら、まずは記事の撤回要求からであろうが、とどのつまりは名誉棄損で訴えることにならざる得まい。

さて、ご本人からの釈明、説明のない中ではあるが、

まず、1.2.3については人事に関する事柄だが、人事内容が単に自分の思いと違った人物が逆恨みすることもあるかもしれない。そうなると、人事が恣意的であったという証拠を「広報局員の素顔」のブログ主氏は示す必要に迫られる。

4.5.6は、現金で処理していた場合、証明することも否定することも難しいかもしれない。

7は以外と簡単かもしれない当時の車がわかれば、陸運局で登録名義の履歴を調べることができるはずだ。

8は、あくまで教会名義の公的な車両であれば一応筋は通りそうだ。もちろん、教会への献金として処理されていればだけど。

9については、まず世田谷に自宅兼寮として使われていた物件があったのは事実のようだ。
当時、澤田氏宅で寝泊まりをしていたAさんに話を聞くことができた。

Aさん 「世田谷にあるというんで、豪邸とか書いたんだろうけどそれほど大きなお家じゃなかった」「名義についてはわからないけど、車は小さかったよ。クラウンとかじゃないし、ずっと小さな車」

10について、Aさんはこう語る。

Aさん 「ハーレム?!(笑)奥さんとお子さん、たしか4人だったと思うけど、、も一緒ですよ!無理!それに住まわせていたのは匿った拉致監禁から逃げてきた信者たちだし。気に入った女性信徒のみっていうのも嘘ですね」

11は祝福献金未納になっていると主張する人物が出てくれば澤田氏危うしだろう。

12は、本当に賄賂なら現金だろうし、渡したのか、いないのか証明することは困難だろう。



ブログ「広報局員の素顔」の記事が正しければ澤田氏を、もし、ブログ「広報局員の素顔」の記事がデタラメならブログ「広報局員の素顔」のブログ主を成敗せねばなるまい。
  


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[5回]

730日

730日。これがどういう数字なのかピンときた方はどれほどいるであろうか?
1年は365日である。730日はその2倍、つまり丸2年だ。

今から2年前の1月2日に何がおきたのか。
石橋正人君が帰省した実家から、所属していたの家庭連合(統一教会)の教会に何の連絡もなく、忽然と姿を消し行方不明になった。


石橋正人さん

これに対して、国際的人権団体「国境なき人権」は2014年2月21日にニュースレターを出した。

「国境なき人権」が現在失踪中の被害者に関するニューズレターを発行

ニュースレターでは
「彼は正月以来、所属している新宗教運動から強制的に脱会させるために、家族によって意思に反して拘束されています。と記されている。

「国境なき人権」のニュースレターだけでなく、次の事実からも石橋君が意思に反して拘束されていることがわかる。
「石橋君の住んでいたアパートはずっと家賃滞納のままで、大家さんも大変困ってるそうです。」~事情通

もし本当に、石橋さんが自らの意思でご両親と話し合いをしているだけなら家賃を滞納したままということはないでしょう。
社会人としての常識の範囲内ですから、自ら賃貸契約を解除し家財を実家に移す等します。
職場があれば、マザコンでもあるまいし本人が直接連絡するのが常識。
しかし、石橋さんから連絡があったという話はありません。
「拉致監禁」肯定派の所業は、棄教させるためには周りの迷惑、社会常識など関係なく”小事”ということなのだろう。
いいか、2年だぜ。2年。

よって、石橋正人さんが自らの意志に反し拘束されているのは間違いない。

※この場合の「拘束」は、後藤裁判判決同様「監禁」と同義語です。



これに対して、家庭連合は昨年
ネット上で「石橋正人さんの救出を求めます。」というペティション(請願)を始めました。
しかし、この請願は現在3905人を集めていますが、この請願が活用されたというニュースはなく、現在は開店休業状態だ。
加えてこの請願は後藤徹名で開設されており、けして家庭連合(統一教会)が開設したものではありません。
たとえ、家庭連合(統一教会)の名前で開設すると、「キャンペーン」だとという誹りを受けることを想定してのことであったとしても、集まった署名も僅か3905人(日本の家庭連合の信徒数は何人?)如何に関心がないかの証左と言って良いでしょう。

さらに、頭が爆発、怒り心頭になりそうなのは、所謂「拉致監禁(反対)プロジェクト」なるものの人員予算ともになくなり、人員のほとんどはそのまま「サンクチュアリ(分派)対策」要員にスライド人事したということだ。(この件については昨年夏に関係筋から聞いた。)

なぜ、昨年家庭連合に脱会届を出してまでサンクチュアリに大移動する現象がおきたのか?
考えていただきたい。

いろいろな理由があり、単純ではないが、その一つが家庭連合が信徒一人一人を大切にしない組織であるということは自明である。
言い換えれば家庭連合が信徒を使い捨てにしてきたツケが、大量脱会という形で表れたとも言えよう。
一般社会の会社と宗教団体は単純比較できないであろうが、社会一般でCS(顧客満足)を調べると、最初は商品に対する品質やサービスそのものに対する不満、クレームが発生する。
しかし、最終的には顧客自身が自分は(顧客として)大切にされているかどうか、そういう満足度に対するクレームになる。
信仰がない云々という能書きも聞こえてきそうだが、至極冷静、冷ややかに分析すれば、幸福を感じられない宗教ならその宗教は自然淘汰されやがて消滅するしかあるまい。
現に家庭連合(統一教会)でも仮想空間である家庭連合(統一教会)村でも「拉致監禁問題」に対する家庭連合信者の関心は薄い。

残念ながら、家庭連合だけでなくサンクチュアリ教会、顕進様を支持するグループもその他の分派も「拉致監禁問題」には関心が高いとはとても言えない。
どの分派もグループも、世間一般からみれば、あえて所詮というが家庭連合いや統一教会の亜流でしかないのだ。よくよく、肝に銘じておくべきである。
区別などされようもない。明日「拉致監禁」されるのは、あなたかもしれないのだ。

無関心なことは、記事に「拉致監禁問題」を扱えばアクセス数、記事の人気ランキングも見事に落ちることでも証明できる。
(できたら、この記事はランキングが上がってほしいが、、、。)

ともあれ、無関心組織の論理によって、「一時はかなり狭い範囲での監禁場所を特定できていた。」~情報通 という石橋さんの居所はわからなくなり救出の目途は立たなくなってしまった。



さて、皆さんはクリスマス、お正月をどう過ごされただろうか?
楽しく過ごされたのであればそれはとても良かったと思います。
もちろん、私も家族や友人と楽しいひと時を過ごしました。
でも、あの息苦しく、重苦しい監禁マンションの中で過ごした95年のクリスマスと96年の正月は生涯けして忘れることはない。

石橋さんは、そのようなクリスマス、正月をあと何回過ごせば解放されるのであろうか?


石橋さんの解放をお祈りいたします。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[13回]

ヨナ二ム、「拉致監禁」を語る

亨進様のご夫人であるヨナ様がビデオでインタビュ-形式でメッセージを語られている。
PART1とPART2があるがPART2の冒頭4分30秒ほどに渡って、日本における家庭連合(統一教会)員に対する「拉致監禁・強制改宗」について語られている。

ブログ・Follow My Heartで日本語訳が掲載されたので紹介しつつ、コメントを添えてみた。

聞くところによるとヨナ様が「拉致監禁・強制改宗」について語られたのは、公開ビデオのおよそ倍の時間におよぶそうである。
やはり、私としては未公開部分で何を話されているかについても、非常に気になるし、興味がある。どうにかして入手したい。

Yeonah Nim Interview - Part 2 Richard Panzer氏のYOUTUBEアカウントからの引用



Follow My Heartから引用
カッコ内補足は管理人

注:ビデオ映像から聞き取り訳すことはとても大変です。補足は揚げ足取りやその類似のものではありませんので、ご理解を。

引用はじめ
日本社会では、我々を含めて、新しい宗教(新宗教、新興宗教)を、押さ(え)込もうとしていました。
噂では、次の標的は、統一教、私たちのUC(統一教会)だとされていました。
それで、日本の警察が、教会に調べに来たり、新聞の見出しになったり、それは、とても、ひどい状況になりました。
そのような環境に中で、お父様は、日本の教会状況を調べたり、財政面を調べたりするうために、国進様を日本に行くようにされました。
それで、国進様が、全体の状況を調べられました。
彼は、また、監禁問題、拉致問題があるのを見ました。
(ヨナ様は”Saw”と言われている。”見る”の過去形だから、”見ました”だけど、ここでは監禁問題、拉致問題があるのに”気づきました”というような意味)

しかし、そこで、日本人の責任達、皆が、その問題には、立ち入らないでくださいと、国進様に言いました。
もし、問題に立ち入れば、あなたは、見たくない問題、明らかにしたくないいろんな問題がつまった箱を開けるようなものです!
私は、拉致問題、監禁問題に対して、徐々に、問題を解決する方向へ向かってきたのは、国進様のおかげだといわなければなりません。
国進様自身が、欧州の国連や、アメリカの国連などを、動員し、拉致監禁問題を明らかにさせてきたのです。
もちろん、亨進様も、可能なかぎり、例えば、拉致監禁から、日本人の兄弟姉妹を助け出すための、一万人の署名運動とかをやったり、また、拉致監禁の経験がある姉妹に、拉致監禁問題は、本当に、起こっている事実であることを、広めるために、体験を話したり、証しをしてもらうことを頼んだりしました。
最初は、誰も、そんなことが起こっている事を信じませんでした。日本政府も、この件を、取り上げようとはしませんでした。
しかし、国際的な圧力が、日本政府に対して影響しはじめました。
ーーー
仁進様が、アメリカの国会議員に働きかけた影響もありますか?
ーーー
それは、また、別の事になります。
アメリカの国会議員が来たりしました。
ACLC(America Clergy Leadership Conference)も、この事に関して、デモンストレーションなどをやったりして、国際的な努力がなされ、、、
また、ヨーロッパでは、私たちは、ジュネーブの国連に、この拉致監禁問題を、議題提案をして、拉致監禁問題を目立たせるようにしました。日本は、発展国(先進国)であり、自由の国だけれども、日本政府が、国民にやってきたことは、宗教の自由を認めていると言いながら、このように、実際には、宗教の自由がない状況であると、、
それで、私は、どのくらいたったかはわかりませんが、およそ、一年か、一年以内で、結果がでました。この影響もあり、日本政府は、私達の教会の調査から、手を引き始めました。
また、多くの日本人リーダーも、別のルートを通して、日本政府に対して、働きかけていました。
後藤さんのケース(裁判)で、勝利したのは、この国際的な努力のおかげです。
私は、とても、誇りに思っています。
また、後藤さん自身も、彼にとっては、自分の両親に反対していくことが、とても困難なもだったにもかかわらず、法廷で、両親に対抗して、多くの日本人の兄弟姉妹の為に、証言されました。
それは、とても、誇りに思います。
引用おわり



管理人コメント

もっとも、深刻だと思った部分は、「日本人の責任者達、皆が、その問題には、立ち入らないでくださいと、国進様に言いました。」の部分。

幹部たちは、自分の教団信者が「拉致監禁」されている問題について、何故、「この問題には、立ち入らないでください。」と抵抗勢力にならなくてはならないのか?
しかも、日本人の責任者達が揃いも揃ってだと言う。頭がクラクラする。

”責任者たち”と複数形になっているが、当時の日本統一教会会長は誰か?
後藤徹さんが監禁されていたマンションから解放されたのは、2008年2月10日である。
この時の会長は10代会長の大塚克己氏。しかし、同年5月16日には徳野英治氏が11代会長に就任している。
 文亨進師が世界平和統一家庭連合(FFWPU)世界会長に就任されたのは2008年4月18日。
11代の徳野氏のあと、故梶栗玄太郎氏が2009年7月13日12代会長に就任している。
故梶栗玄太郎氏が会長になった頃、国進氏の「拉致監禁問題と闘え」の号令がかかっている。
大塚氏(日本会長解任後はアフリカ大陸会長)も故梶栗氏も抵抗勢力の1人になった可能性は完全否定はできないが、時系列的にみて現(13代)会長でもある徳野会長が11代会長の時代に責任者であった者たちが抵抗勢力となったと考えるのが妥当のように思える。

ヨナ様の証言では、当時の統一教会にとって、「拉致監禁問題」はパンドラの箱だったようだ。
それで、日本の責任者(幹部)が、国進氏に見せたくない問題、明らかにしたくないいろんな問題とは何か?
教会の違法(まがい)行為か、悲惨な「拉致監禁」の実態か。
当時の日本の責任者には、この問題を本気で解決させようという気がなかったことと、国進氏がこのパンドラの箱を開けたのだということだけはわかった。

仁進氏が、当時毎週のようにワシントンDCを訪れアメリカの議員を渉外されたのは事実。
アメリカの国会議員が(拉致監禁問題で)日本を訪れたのは、仁進氏の渉外によるところも大きいと思っている。それゆえ、是々非々でそのことについては私は感謝している。

「日本政府は、私達の教会の調査から、手を引き始めました。」
もし、日本政府の統一教会について調査が違法行為に関してであるならば、「拉致監禁」の不当性を訴えることとは別の問題である。それはそれ、これはこれでなくてはならないはずで理解不能。違法性なしで手を引いたなら理解できるが、、、。

「後藤さんのケースで、勝利したのは、この国際的な努力のおかげです。」
たしかにその側面はあります。でも、それと同等以上に教会員ではない統一教会大嫌いの元信者の方々、元々は反カルトの立場であるルポライター米本和広氏らの協力のおかげだと思います。
本来、同じ信仰を持つ者を助けるのは当然のこと。それに比べ彼らがやったこと、やってくれたことは簡単なことではないことを理解すべきだと思います。

補足のようなものですが、後藤裁判の被告は後藤兄さん、後藤兄嫁さん、後藤妹さん。
後藤さんのお父さんは監禁の最中(97年)に亡くなられている。
お母さんも2012年に亡くなられているが、2009年頃から痴呆が進み被告からは外されていたと記憶している。家族である兄、妹と対峙して裁判を闘って行くことが困難であったことは間違いない。



Part1とPart2のつづきは
Follow My Heartをみて下さい。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[3回]

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR