忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

<疑惑>澤田拓也氏の公金横領、自宅はハーレム?


<追記>「7.教会の献金を使い澤田本人名義で自動車を購入。」については、澤田氏名義ではないことが確定しました!


澤田拓也氏は現在家庭連合(旧 統一教会)の広報局で渉外部長の職にあると承知している。
そして、「統一教会員に対する拉致監禁問題」でプロジェクトのほとんどの人が移動となった中残った唯一の方であると聞いている。
いわば「拉致監禁問題」対策の最後の砦のような人物だ。
その澤田氏の疑惑であるので大変興味を持った。

さて、澤田氏については私も拉致監禁されたことのある仲間から聞いていたが、総じて”人柄良し”という評であった。
それで、引用した記事を読んでもにわかには信じ難い。

澤田氏は孝成教会の教会長を長期に渡り務めておられるようだが、ブログ「広報局員の素顔」のブログ主氏もこう書いている。
「教会長時代は、非常に尊敬を受ける名教会長でした。
教会長は、何代か交代してますが、今でも非常に尊敬を受けている教会長です。」


ブログ 「広報局員の素顔」 より引用


早速、ブログ 「広報局員の素顔」は該当記事を削除した。

記事どころかブログそのものを削除しましたとさ。(溜息)
該当の記事はもちろんウェブ魚拓を取ってある。
http://megalodon.jp/2016-0111-2138-35/ameblo.jp/publicrelations/entry-12113592793.html


<引用はじめ>
教会長という立場を利用して
家庭連合(旧 統一教会)の渉外部長である澤田拓也氏は
かつて、原理研究会(CARP)のOBが集まる
孝成教会の教会長を長く務めていたことがある。

権力の座に長くいると腐敗するのは世の常とはいうが
澤田拓也教会長もその例にもれず腐敗していた。

1.自分に都合のよい信徒を部下に人事する。
2.自分に都合の悪い信徒は、別部署へ人事という名目で左遷
3.教会内の区域長は、すべてYESマン
4.教会の献金を自分の懐にいれる。
5.自分の趣味を経費で賄う(主に登山)
6.カラ出張は当たり前
7.教会の献金を使い澤田本人名義で自動車を購入。
8.さらにその自動車を教会員に貸して利用料を摂取
9.教会の献金を使い自宅&寮の名目で、世田谷区野沢の1等地に豪邸を借りる。
10.気に入った女性信徒のみを住まわせていたため、通称:澤田ハーレムと呼ばれる
11.信徒の祝福献金を自分の懐へ(ちなみにその信徒は公的には祝福献金未納になっている)
12.教会の献金をワイロとして、先輩家庭へ渡す(後々にその効果がわかる)
13.その他いろいろ

大部分の信徒はこの事実を知らない。
<引用おわり>



どうだろうか、これらが事実であるなら評判の良い澤田氏でさえも”その例にもれず腐敗していた”ということになる。

ブログ「広報局員の素顔」のブログ主氏は、「このブログの内容は基本的に真実だよ」と述べているが、これだけの内容が嘘であったなら「嘘八百を並べ立てるブログ」として金字塔を立てることになるだろう。

すでに、人づてで澤田氏には上記記事が嘘か真か聞いてもらっている。
返事がくるかはわからないが、ブログ「広報局員の素顔」の内容が虚偽であるなら、まずは記事の撤回要求からであろうが、とどのつまりは名誉棄損で訴えることにならざる得まい。

さて、ご本人からの釈明、説明のない中ではあるが、

まず、1.2.3については人事に関する事柄だが、人事内容が単に自分の思いと違った人物が逆恨みすることもあるかもしれない。そうなると、人事が恣意的であったという証拠を「広報局員の素顔」のブログ主氏は示す必要に迫られる。

4.5.6は、現金で処理していた場合、証明することも否定することも難しいかもしれない。

7は以外と簡単かもしれない当時の車がわかれば、陸運局で登録名義の履歴を調べることができるはずだ。

8は、あくまで教会名義の公的な車両であれば一応筋は通りそうだ。もちろん、教会への献金として処理されていればだけど。

9については、まず世田谷に自宅兼寮として使われていた物件があったのは事実のようだ。
当時、澤田氏宅で寝泊まりをしていたAさんに話を聞くことができた。

Aさん 「世田谷にあるというんで、豪邸とか書いたんだろうけどそれほど大きなお家じゃなかった」「名義についてはわからないけど、車は小さかったよ。クラウンとかじゃないし、ずっと小さな車」

10について、Aさんはこう語る。

Aさん 「ハーレム?!(笑)奥さんとお子さん、たしか4人だったと思うけど、、も一緒ですよ!無理!それに住まわせていたのは匿った拉致監禁から逃げてきた信者たちだし。気に入った女性信徒のみっていうのも嘘ですね」

11は祝福献金未納になっていると主張する人物が出てくれば澤田氏危うしだろう。

12は、本当に賄賂なら現金だろうし、渡したのか、いないのか証明することは困難だろう。



ブログ「広報局員の素顔」の記事が正しければ澤田氏を、もし、ブログ「広報局員の素顔」の記事がデタラメならブログ「広報局員の素顔」のブログ主を成敗せねばなるまい。
  


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[4回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

削除されたようですね。

  • by エッグ
  • 2016/01/12(Tue)10:57
  • Edit
消えちゃいましたね。
私怨だったんでしょうか。、

澤田攻撃の本質を見誤ってはならない。

  • by 米本
  • URL
  • 2016/01/12(Tue)12:47
  • Edit
 怪文書まがいのブログ記事を読めば、秀さんのような感想を抱かれるのは当然かもしれない。

 私は、澤田氏に招待され、彼の自宅(カープ本部があるそば。彼はカープで広報部長をしていた)で、女性シックたちとともに会食したことがある。1人は、新潟大学を卒業する前後に拉致監禁された人であった。親子関係を修復することを願っていて、相談を受けた私は澤田氏とともに、いろいろアドバイスをしたことがある。

 確かに、教会(あるいはカープ)が貸与していた家は瀟洒で大きかった。最初に訪れたときは訝しく思ったのは事実である。しかし、家族5人と複数の女性シック(4、5人はいたと記憶する)が暮らす家の広さとしては、一概に広いとか大きいとかは言えないだろう。
 彼は何ら恥じるところがないので、冗談っぽく「真の家庭を見てください」と、私を招待したのだと思う。

 澤田氏はその後、確か京王沿線の郊外に引っ越した。澤田氏がほっとした表情で、しみじみとこう語ったことを今でも覚えている。
「渋谷の松濤本部からはずいぶん遠くなったけど、ストレスがなくなり、精神的にはすごく楽になりました。だって、疲れて家に戻っても、悩みを抱える女性シックたちの相手もしなければならない。家族だけの一家団欒なんて、ありませんでしたからねえ」

 私は、数えきれないカープの職員たち、また統一教会の職員たちと会っている。
 その中の誰一人として、冗談でも、「澤田ハーレムと呼ばれる」などと揶揄した人はいない。

 ブログ「広報局員の素顔」は、澤田氏の周辺の職員が澤田氏を追い落す目的で開設されたものだと強く推認している。
 それは一体、誰か。「澤田ハーレムと呼ばれる」というような表現を使う感覚の持ち主である。ひょっとして、広報内部のメンバーかもしれない。

 秀さんの次の意見には大賛成である。
「もし、ブログ「広報局員の素顔」の記事がデタラメならブログ「広報局員の素顔」のブログ主を成敗せねばなるまい」

 一つだけはっきりしていることがある。
 拉致監禁問題に取り組んでいる本部職員は、澤田氏一人だけである。彼が失墜すれば、教団から「拉致監禁反対」の6文字が消えるということだ。

追記

  • by 米本
  • URL
  • 2016/01/12(Tue)12:56
  • Edit
 エッグさんは「私怨か」と書いていたが、前コメントで書いたが、そうではないと推測している。

 ブログを書いたのは、澤田氏より下位の職員だろうが、指示した黒幕がいると睨んでいます。

ブログごと消したということは

  • by koyomi
  • 2016/01/12(Tue)21:17
  • Edit
やましいことがあるのでしょう。
事実ではないのでしょう。
もし、他の理由で削除したのだったら、削除理由を新たにブログを立ち上げてアップして欲しいです。

それにしても、(米本さん説が正しければですが)本部で拉致監禁問題に取り組んでいるただ一人の澤田さんを追い出そうとするなんて、何たることでしょう。

やはり、家庭連合はおかしいです。
拉致監禁と家庭連合の関係、あやしいです。
(ずっと心にあった妄想的疑いが膨らんできました。)

腐れ外道

  • by 善きサマリア人
  • 2016/01/12(Tue)22:42
  • Edit
ブログごと削除したようですが、この前の「息子が不登校云々」という記事も、読んでて不快感を覚えました。
澤田氏は拉致監禁対策修練会や孝成教会の礼拝でお見受けしました。私の受けた印象は「人格者」です。
そもそも、こういうやり方で人を貶める人間が本部にいるなんて、情けなくなります。

取り上げる必要ある?

  • by 匿名希望
  • 2016/01/13(Wed)06:22
  • Edit
澤田氏を個人的に知る一人です。教会とは無関係の者です。

秀さん、この記事は取り上げる必要がありますか?

仮に取り上げることに意義があるとして、削除された内容をわざわざ載せる必要がありますか?

取り上げられる本人には、家族があり、生活もあります。本人の身になって考えてみてください。
何の確証もない話を個人名で流布されるのですよ。どれだけ、その後の人生に悪影響をもたらすか。どれだけ人権が脅かされるか・・・。

第三者の秀さんは、元の記事を書いた訳ではないので、ある意味、責任はないのかもしれませんが、ちょっと卑怯な感じがしませんか?
問題のある団体のスタッフだから、多少、困ったことになっても、知ったこっちゃないですか?

米本さんらがコメントで擁護されているのが、せめてもの救いですが、こういう個人批判記事をわざわざ拡散することには、道義的な責任があるように思います。

この記事は自主的に削除すべきだと考えます。

追伸。たまたまこの記事を目にして、感じたままをコメントさせていただきました。この話の経緯や秀さんのこれまでの記事を熟知している訳ではありません。唐突で勘違いなコメントになっているかもしれませんが、その点、お許しください。

Re:取り上げる必要ある?

  • by 秀
  • 2016/01/13 11:58

記事をしっかり読まずにコメントされているように思います。
もう一度よく読み返していただけますか?

記事の削除はしません。
記事を削除して喜ぶのはブログ「広報局員の素顔」のブログ主とその周辺の方々でしょうから。


本人の承諾は?

  • by 匿名希望
  • 2016/01/14(Thu)07:21
  • Edit
秀さんが澤田氏を擁護し、「広報局長の素顔」のブログ主を批判されているのは分かります。
だから、記事にしてもいい、ってことでしょうか?

澤田氏本人から承諾を得ているのでしょうか?

ご本人の知らないところで、悪い噂が拡散されて、ご家族がご近所から後ろ指を差されるようなことにならないか。私はそれを心配しています。

元の記事が削除されているのに、わざわざ掘り出してきて、それをネタにされては、当の本人はいい迷惑ではないか、と思うのですが。

「広報局長の素顔」のブログ主を批判するのはいいですが、別のやり方、書き方もできると思います。

Re:本人の承諾は?

  • by 秀
  • 2016/01/14 22:07
澤田氏はこの記事を読まれてます。
また、ご本人からの謝意も

わざわざ、「教会とは無関係の者です。」と言われてますけど、、、
あなたの文章から典型的な食口と同じ思考パターンが読み取れると思うのは私だけでしょうかねぇ。

上に立つ人

  • by ナツミカン
  • 2016/01/16(Sat)07:15
  • Edit
人事関係に関しては、身近な上の人を通して決めているっていうのは、どこでもあるでしょう。

警察沙汰になった志*さんなんて、露骨な人事異動のことは、多くの末端の遠くまで伝わりました。飛ばすか飛ばされるかの争いに残るのは従順になるしかないのが、統一教会組織であり、裏では何をやっているのかは末端では図り知れません。

統一教会幹部達は、信仰者風?ですが、教祖のイヌになって行くしかこの組織では生き残れないし、幹部達ほど金回りがいいように見えるのは確かで子供の教育費なんてことに苦しむ様な幹部様はいないでしょう?
教祖一族と幹部達はどれだけ、信者のカネを貪ってきたのでしょうね・・・。

教育費の捻出に苦労している立場からは、本部にいる幹部達はやはり役得であるように見えます。

これからはどうなるのかは解りませんが・・・。

対策

  • by ナツミカン
  • 2016/01/18(Mon)03:26
  • Edit
人間を洗脳して置いて、拉致監禁(親からすると保護説得)の対応しているのが異常であったと今では感じます。
組織の中では、拉致監禁問題に対して親子関係の修復に尽力された方なのかもしれませんが・・・すべて、献金で賄っていたってことでしょうし、この問題が起こる原因は、統一教会にあった訳です。
そこが、問題!
70年代から、いや・・・最初から問題だらけの組織だったというのが見えてきた統一教会です。

混淫教の分派というのが統一教会であり、息子教、幹部教・・・、本元さえ鶴子教となっている宗教の実態。こんなのを真理がなんて信じ込ませレリハラで信者を縛っていたのが統一教会=家庭連合なのです。

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新CM

[05/01 Rickeyves]
[05/01 EliseoTon]
[04/30 sylviegoom]
[03/22 どうしてですか?]
[03/22 どうしてですか?]

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR