忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   
カテゴリー「後藤裁判」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後藤徹氏の控訴審が結審! 

後藤裁判結審! 宮村氏、後藤(妹)氏の本人尋問は必要なしとの高裁判断!


<世界基督教統一神霊協会HPから転載>

821日(木)午前10時半から、東京・霞が関の東京高等裁判所で、「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」の後藤徹代表が、自身に対する拉致監禁・棄教強要に関与した親族や新津福音キリスト教会の松永堡智(やすとも)牧師、職業的改宗活動家の宮村峻(たかし)氏などを相手取って起こした民事裁判の控訴審・第2回口頭弁論が行われました。 


 双方からの準備書面などの提出確認がなされた後、被告側が申請していた宮村氏と後藤氏妹の本人尋問が「必要性なし」とのことで却下され、結審となりました。 


 次回、判決の言い渡しは、1113日(木)午後2時半から824号法廷で行われます。 



 なお当日の傍聴は今回同様、抽選になる可能性がありますので、東京高等裁判所の裁判所傍聴券交付情報をご確認下さい。




<あわせて読んでください。>

控訴審結審 いよいよ次回判決下る!
被告側の十八番荒業”提出期限過ぎてからの馬に食わすほどの資料提出”が炸裂!
国連自由権規約委員会に対しては、再三の聞き取り要請にも関わらず自ら封印したが日本の司法には通じるか?


<一審判決等についてはこちらを参照>

後藤裁判 第一審判決 主文

後藤徹さんは監禁されていたのか?


治療費全額支払い命令! 密室(監禁部屋)で何がおきたのか?


松永牧師と宮村峻氏 明暗を分けたもの! 宮村峻氏の巻き 

松永牧師と宮村峻氏 明暗を分けたもの! 松永牧師の巻き


採用されなかった論理






にほんブログ村アイコンのクリックも
お願いします。ペコリ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[2回]

後藤裁判 控訴審(東京高裁)は5日から


世界日報記事から 引用

後藤徹さん(50)は今年1月28日、東京地裁709号法廷(相澤哲裁判長)で原告となった民事訴訟の勝訴判決を得た。平成20(2008)年2月まで12年余にわたり東京・荻窪などのマンションに監禁され、世界基督教統一神霊協会からの脱会、棄教を強要され続けてきた被害者。


 監禁から解放された時、後藤さんは44歳になっていた。信教の自由を踏みにじる不法行為で被った損害賠償を求め、実兄夫婦、後ろで糸を引くなど不法行為に深く関わっていた職業的脱会屋や牧師らを提訴。3年にわたった裁判を戦い抜いた末の勝利である。


 実兄らや加担した脱会屋の不当拘束を認め、賠償を命じた地裁判決の意義は大きい。加害家族に加え、家族を背後で動かす“黒幕”とされてきた脱会屋の不法行為を指弾し、賠償命令が下ったことは初めてだからだ。


 裁判をフォローしてきた宗教ジャーナリストの室生忠氏は、判決に一定の評価をしたが「諸認定に際して『社会的相当性』など旧来の基準尺度に固執して、憲法で保障された『基本的人権』そのものの尺度採用に踏み出せなかった」ことを惜しんだ。


 不当拘束をこれまで「保護説得」だと強弁してきた被告側は、この判決を「不当判決」として控訴。原告の後藤さん側も控訴した。


 勝訴とはいえもう一方の“黒幕”である牧師の責任が認められなかったこと、賠償金が過少であることなどからだ。控訴審(東京高裁)は5日から始まる。





※次回、第2回口頭弁論は、8月21日(木)午前10時半から511号法廷で行われます。





にほんブログ村アイコンのクリックも
    お願いします。ペコリ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

後藤徹氏、勝訴までの道程



12年5ヶ月間監禁され、監禁現場から無一文、浦島太郎状態で放り出された後藤徹さんが勝訴を勝ち取るまでの闘いの道程

6月からは東京高裁にて控訴審が始まります。

控訴審期日 
6月5日 午後2時30分 824号法廷


拡散して、意識して下さいね。

 
にほんブログ村アイコンのクリックも
    お願いします。ペコリ
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

採用されなかった論理

 
 

 今回は、裁判所が採用しなかったた内容から興味

 深い内容をピックアップしてみる。

 ラワーホームに滞在していた間、原告のほか
 には被告後藤妹及び後藤母のみ在室しているこ
 とがほとんどで、原告と2人の体格差があったか
 ら容易に退出できたという被告側主張

 この主張に対して判決はこう判断した。

 「確かに、~原告が被告後藤妹又は後藤母のみと在室し
  ていた時間は多く、~実力行使で退出を試みるに適し
  た機会も少なくなかったことが窺われ、また、原告と
  被告後藤妹及び後藤母との間に相応の体格差があった
  ことは被告後藤兄ら主張の通りであるが、」
  判決文P58

 「原告が平成7年9月11日以降、各滞在場所間の移動の機
  会を除いてはほとんど外出しておらず、長期間にわたり
  その行動範囲が著しく制限されていた結果、上記滞在
  期
間中には相応の筋力の低下が生じていたことが窺わ
  れる
ことに加え、被告後藤妹及び後藤母が自身の肉親
  である
ことに照らせば、原告が被告後藤妹又は後藤母
  に対して
有形力を行使してまで荻窪フラワーホームか
  らの退出を
試みることをしなかったとしても、そのこ
  とから直ちに
荻窪フラワーホームにおける滞在が原告
  の意に反すると
ころではなかったものとみることはで
  きず、被告後藤兄
らの上記主張は~採用することがで
  きない
。」
判決文P58
  
 判決では実力行使の機会があったこと、女性2人と
 後藤徹さんの体格差があったことを認めている。

 その上で
 長期間にわたる拘束による筋力の低下があったこ
 と、肉親に対して力づくでの退出を試みなかった
 としても、だからといって後藤さんが望んで滞在し
 ていたとはみなせない。だから被告らの主張は採用
 できない。としている。

 実力行使とか有形力とかいうが、ようは力づくだ。
 未だかつて、自分の家族それも母親、姉、妹を殴り
 倒して"監禁部屋”から出てきましたという話は聞い
 たことがない。

 
 
 告が家族を救済する(氏族メシアの)目的の下
 に各居室に居座り続けたという被告側主張
  
 この主張に対して判決はこう判断した。

 「原告自身、これを明確に否定するところであり、本件
  全証拠によるも、荻窪フラワーホームに滞在中の原告
  の行動が上記のような目的の下に行われていたことを
  窺わせる事情は認められず、被告後藤兄らの主張は採
  用することができない。」判決文P58~59
 
 判決文は至って簡潔です。

 この件については、ブログややカルト新聞でエイト
 氏が”書籍『氏族メシアと伝道』を証拠採用してお
 らず”と云っているが、これは『祝福と氏族メシア』
 という書籍のようだ。
 
   あまり、いやほとんど読んだ記憶がないぞ。この本。
   

 わるいが監禁部屋の中では、監禁(拘束)が長期化
 すればするほど、氏族メシアなどと言っている余裕
 
どないのだ。

 あるのは、ただここから出たいという切実な想い。

 「拉致監禁」され、監禁部屋に居座って、氏族メ
 シアを勝利しましたという話は、いまだかつて聞
 いたことがない。
 そればかりか、私(秀)を担当した2人の牧師の内
 の1人は、監禁されている(秀と同じ状態にいる)
 信者が「氏族メシアなどする気がない」と言ってい
 ると秀が監禁されていたマンションに訪れた際、述
 べて
いた。
 
 「(氏族メシアなんか)どうでもいいから、早くこ
 こから出たい。」に尽きる。 


 告が、荻窪フラワーホームを退出してから約5ヶ
 月後に、亡後藤父宅を突如訪問したことからすれば
 、原告が監禁され、棄教を強要されていたという
 事実はないことは明らかであるという被告側主張

 この主張に対して判決はこう判断した

 「原告が荻窪フラワーホームを退出した後に亡後藤父を
  訪問したことは被告後藤兄らの主張とおりであるが、
  当該訪問は事前の予告なく行われたものであり、平成
  7年9月11日に原告が亡後藤父に招かれて亡後藤父を
  訪
した際の状況とは異なり、後藤母や被告後藤妹に
  おい
て脱会説得のための準備等を行い得る状況では
  なかった
ことは明らかであって、そのことは原告に
  おいても了知
していたものとみられるから、当該訪問
  の事実は、直ち
に前記説示を左右するものとみること
  はできない。」
判決文P59

 後藤さんが、荻窪フラワーホームから解放された後
 実家に行った(免許証や保険証の返却を求めて)の
 は事実だけど、予告なく突然の訪問で後藤母も妹も
 脱会説得のための準備などできなかったし、そのこ
 とは後藤さんも理解していた。だから、訪問するこ
 とができた。

 用意周到準備が必要なことは松永ビデオを見れば、
 理解できる。
 特に、後藤さんのケースでは家族ではない人物ま
 で実家の庭に潜ませていたほどだ。
 
 
 織的に反社会的活動を行っている団体であること
 が極めて明白である統一教会により精神の自由を実
 質的に拘束され、精神的呪縛のもとにある原告に対
 し、自分で考え、信者として組織的な反社会活動に
 関わり続けることの問題点に気付いてほしいという
 気持ちから、話し合いに応じるように必死で原告に
 対する説得を試みたものであり、原告においても、
 不承不承ながらもこれに応じていたものであるとい
 う被告側主張
 
 判決の判断前に一言
 「反統一の思想、言説ここに極まれり。」

 マインドコントロールを使わずして、どうにか表現
 しようとの努力のあとが、、、でも、、、。
 
 この主張に対して判決はこう判断した。
 
 「原告は、~その場に留まり続けて家族らと共に生活を
  行い、話合いを続ける意思を
有しておらず、しばし
  ば退出の意向を明示していたことは明らかであって、
  当時において
統一教会について問題のある団体である
  旨の報道が広くされており被告らがそのような
統一
  教会の信者である原告を案じていたことが容易に推察
  されることを踏まえても
成人男性である原告を長期
  間にわたって1ヶ所に留めおき、その行動の自由を大幅
  に制約
し、外部との接触を断たせた上で説得を試みる
  ことについては、その説得の方法として
社会通念上相当
  というべき限度を逸脱したものとみざるを得ない
  判決文P60

 
 
 統一教会の活動自体に判決は判断を下していない。
 ”問題のある団体”という報道が広くされていて、
 被告らが心配をしていたということを認定し
 てい
るにとどまる。
 
 統一教会の活動と本件を冷静に区別して判断
 している。


 統一教会は反社会的活動をしているから、何をして
 もかまわないと言って憚らないヒステリックなヤツ
 もいるが、そうではない。

 「そのことをハッキリとハッキリと知らなくてはなり
  ません。」
 (ここ、統一教会にも皮肉ですよ!わかるかな。)

 

 にほんブログ村アイコンのクリックも
    お願いします。ペコリ
   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

松永牧師と宮村峻氏 明暗を分けたもの! 宮村峻氏の巻

 それでは、宮村峻氏についてはどうか 
  
 判決文によると大まかな流れは次の通り 
     

  昭和62年9月3日、荻窪栄光教会において
原対協の
 発足準備会が開かれる。
 (森山牧師、尾島、被告松永、被告宮村らが参加)
  
 昭和62年10月16日、原対協の発足会開催 脱会説
 得の方法が(松永、宮村ら)に伝えられる。

 その後、昭和63年7月頃森山牧師は脳出血を患い、
 荻窪教会での水茎会は一時休止状態になる。
 
 昭和63年10月頃、宮村氏は意見の相違から荻窪教
 会での水茎会から離れ、新たな水茎会を結成する


  
 
新しい水茎会での宮村氏の指導について
 判決文の記述


 「被告宮村は、脱会説得についての助言を行う際、信者の
  家族らに対し、親戚にも事情を話してその協力を仰ぐ
  必要がある旨、親や兄弟、親戚が一致団結しなければ
  脱会説得は成功しない旨、信者は命がけで信仰をして
  いるのであるから、家族らも命がけで説得に当たる
  必要がある旨、信者に対する脱会説得を行うに当たっ
  ては、事前に長期の休みをとることが、できるよう
  準備をしておく必要がある旨、脱会説得は統一教会

  との接触を遮断した環境下で行うことが必要であり、
  絶対に信者に統一教会との連絡をとらせてはいけない

  旨、たとえ信者本人が脱会を表明した場合や辛そう
  している場合でも、偽装脱会のおそれがあるから、
  信者を退出させる旨の判断については、家族らが、

  これを独自に行うべきではなく、被告宮村の意見を聞
  いた上で行う必要がある旨などを述べていた。」
  判決文P38~39

       
 「被告宮村は~水茎会において、信者の家族らの要望に
  応じて統一教会の話
をしたり説得についての相談に
  乗ったりしていたほか、そのような家族ら
に対し、
  住んでいる場所や信者本人の性格、経歴等照らして、
  他の牧師や
カウンセラーに相談をすることを勧める
  こともあった。」
  判決文P39



 宮村氏の人柄?が推し量れる判決文の記述 

 「被告宮村は平成元年11月頃、当時偽装脱会をしていた
  状態で被告宮村に
よる他の信者の説得に同行していた
  ある信者に対し、
「荻窪栄光教会から  礼拝中に

  逃げていった馬鹿な男がいる。」「今度は絶対に落
  としてやる。」などと述べていた。」判決文P39

 「被告宮村は、平成10年1月頃から同年9月頃までの間、
  合計73回にわたり、
元信者らを連れて原告を訪れ、
  ~原告に対し、
  「お前は全然人の話を
きいていない。」、
  「頭を使え。自分の頭で良く考えろ。」、
  「自分の頭で考えられるようになるまではこからで

  られないぞ。」
  「もし、自分の子供が統一教会を辞めなければ、家

  に座敷牢を作って死ぬまで閉じ込めておく。」
  「もし、文鮮明が正しくて統一原理が真理であれば、

  俺はこの場で腹を切る。もし文鮮明が偽物で統一
  原理が真理でなかったらお前はこの場で腹を切る
  覚悟があるか。」
  「原理のどこが真理なんだ、
説明してみろ。こんな
  ものを信じ続けることができるのは、
  お前がマインド
コントロールされている証拠だ。」
  と述べたり、統一教会の初期に教祖とのセックス
  リレーがあったという話をして、「文鮮明は何で
  あんなに女が好き
なんだ。何人の女と寝たか、分か
  らない。」などと述べるなどした。」
判決文P50~51



  どうでしょうか、松永牧師に負けず劣らず
  なかなかです!

 やっぱり、信者は報・連・相禁止で、家族は自分で

 判断してはマズイ らしく宮村氏の言うことに従う
 必要があるようです。 
 暴言の数々も堂に入ってます。

 でも、こちらはあくまで”株式会社タップという

 会社の社長”です。
  
   
  株式会社タップ入り口     被告宮村峻氏


 
松永牧師同様、家族を指導していたと認定された
 ”宮村峻氏”。      

 「被告宮村は、信者に対する脱会説得につき多くの経験
  を有し、その経験に基づき、水茎会などのばにおいて、
  信者の家族に対し脱会説得の実践的・実効的な方法
  指導していた。」判決文P61

 何度も登場しますが実践的・実効的な方法とは、
 逃亡防止措置の実施外出及び外部との連絡の制限
 に重点が置かれた方法です。


 「被告(後藤兄)らは、水茎会に通い、宮村の下で
  その方法を学び、原告を荻窪フラワーホームに移動
  させた後もその方法に則って原告に対する脱会説得
  の試みを続け、」判決文P61  
  
 明らかに”その方法”とは
実践的・実効的な方法
 のことです。


   
  ”宮村の指導の賜物” 荻窪フラワーホームでの
 後藤さんの様子
 
 「荻窪フラワーホームには、3部屋あり~原告が使用
  していた部屋から玄関に向かうため
には、構造上、
  被告(後藤兄)らが使用している部屋を通る必要が
  あった。
  また、
被告(後藤兄)らは、玄関のドアの内側の
  ドアチェーン部分に南京錠で施錠をしており、
  当該
南京錠を解錠なければ上記ドアを開けるこ
  とができない状態にしていほか、ベランダ
に面
  した部屋の窓についても、鍵の付いた錠を設置し、
  開閉ができない状態にしていた。
判決文P49


 
「原告は、時折、玄関の方に向かっていったが、そのよ
  うな
場合には、被告(後藤兄)らによって取り押さえ
  られ、
大声を出すも被告(後藤兄)らからその口を
  押さえつけられる
などした。
  被告後藤兄は、その頃、玄関と居室とを隔てる箇所に
  設置されていた木戸の
ドアノブを、施錠が可能なもの
  に取り替えた。」判決文P51~52


 上記の判決文はすでに紹介した通りです。
 それ以外に様子が伺えるのは次の箇所があります。

 「原告は、荻窪フラワーホームに移動してまもなく、
  被告(後藤兄)ら及び後藤母
に対し、自らが偽装脱会
  をしていたことを告白し、「嘘をついていてすみませ
  ん
でした。」と述べた。その頃、原告が、荻窪フラワ
  ーホームの外へ出ようと玄関に
向かっていったところ、
  被告(
後藤兄)から取り押さえられたということが
  あった。」
 判決文P50 

 
 「被告(後藤兄)は、原告に対し、「お前に統一教会を
  やめろと言っているのではない。ただ、家族としては、
  これほど問題のある団体でお前を活動させておく訳に
  いかない。だから、いったんニュートラルになって
  考えてほしい。」などと頻繁に述べて、原告との話し
  合いの機会を持とうとしていたが、原告はこれに対し、
  「拉致・監禁して閉じ込めおいて、ニュートラルに
  なって考えろもないだろ。」、「監禁なんかして」など
  と述べ、抗議をしていた。
」判決文P51  


 「ニュートラルになって考えろ」のフレーズは、
  異口同音で
他の被害者からもそのように言われた
  という証言を
聞いています。
     私(秀)としてはマニュアル通りの対応という
  のが、
ヒシヒシと伝わる文言です。

  パレスマンション多門、荻窪プレイスでの時との
  大きな違いは、後藤さんが不当な拘束に対し、
  抗い、抗議続けていることです。

 

 当然のごとく、後藤さんは外部との連絡は
 一切許されません。

 
 原告は荻窪フラワーホームに滞在している間、自由に
  外出することを許されず、また、
S(原告後藤さんの
  婚約者)はもとより統一教会の関係者 の誰に対しても
  連絡とること
できない状態にあった。」判決文P52
  

 「荻窪フラワーホームには、電話は設置されていたもの
  の、その着信音が 鳴ることは
なく、原告がその電話を
  使用することも許されていなかった。被告(後藤兄)
  においては、専ら携帯電話を使用して外部との連絡を
  とっていた。」判決文P52 

 
 
  頻繁に後藤さんが不当に拘束されている部屋を訪れ、
  脱会を強要する宮村峻氏

 
 「被告宮村も、原告が荻窪フラワーホームにおいて
   不当に心身を拘束されていることを認識しつつ、
  ~頻繁に元信者らを連れて原告の元を訪れ、脱会
  を強要
したことが認められる。」
判決文P61

 
 ただし、頻繁に訪れたのは平成10年1月~9月頃
 までで、
それ以降は原告の元に 訪れることを
 やめているため、


 「被告宮村については、被告(後藤兄)らに対する前記
  不法行為のうち、上記期間
に係る部分について、これ
  に加担したものと認めるのが相当
である。」
  判決文P61~62 


  という認定になっています。

 
 後藤さん対する家族の不法行為による不当な拘束は
 10年以上と
認定されています。

 
「原告は被告(後藤兄)らの前記不法行為により、10年
  以上もの長期間にわたり、その
明示の意思に反して
  その行動の自由が大幅に制約され、外部との接触が許
  されない環境
下に置かれ、その心身を不当に拘束され
  棄教を強要されたものであり、そのことにより
原告が
  被った精神的苦痛は極めて大きい。」判決文P63

 
 
それに対して、宮村峻氏が加担したのは"9か月"
 に過ぎません

 
 であれば、
 不当な拘束期間が10年(120か月)であったとした
 場合宮村氏の負担額は次の計算になるはずです。

  485万9110円X(9/120)=36万2933円

 しかし、判決は加担した期間が9か月(7.5%)との
 認定にもかかわらず、20%の割合で、宮村峻氏への
 支払い判決を下しています。

 これは、事件全体を通して宮村峻氏の影響がいかに
 大きいかを物語っていると思います。

 別の言い方をすれば、"悪質"であるからその分を評価
 されたとも言えます。
 
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新CM

[03/22 どうしてですか?]
[03/22 どうしてですか?]
[02/02 米本]
[01/27 楚]
[01/27 enfu]

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR