忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

顯進氏と無関心

顯進氏または所謂「郭グループ」については、私もいろいろと今まで聞いてきた。


有名なのはこの映像


しかし、この映像は仕組まれたという主張がある。
たしかに違う映像をみると顯進氏が歓迎されている様子がわかる。


上記映像に出てくる申東謀会長は酷い対応をしたし、壇上から降りず、結局聖殿からは横たわったままひかれて出なければなかったいう。

私は、顯進氏との接点が乏しい。だから、その主張を最大限尊重しつつ考える(努力を試みる)が、申東謀会長が”どうしようもない輩”としても、人前しかも撮影されている(仮にそれが策略なら尚更)前で、いかに怒りを覚えたにせよ暴力を使ったことは、明らかに顯進氏にとってマイナスであったと考える。



私はアメリカに住んでいるので、トゥルーワールド・グループに勤める、勤めていた友人、知人も複数いる。
それもあり、彼らから直接聞いた内容も含め以下のブログ記事と同様な話は聞いている。

詳しい内容は下記ブログ記事を読んでください。


顕進様GによるTWG掌握に関する現場の声
「顕進様GによるTWG掌握に関する現場の声」へのコメント

顯進氏支持の方々には異論もあろうが、直接具体的に話を聞いている私には嘘であるとは思えない。




顯進氏支持である日本統一教会元名誉会長である神山威氏の講演には行く機会はあったが、仕事の都合で私は行けなかった。
後日、参加した友人から聞いたり、「お父様は無念だった!」-神山元会長の講演録を全文公開 」でその内容は知った。


私は、神山氏が日本統一教会会長であった時、札幌で氏の講演を聞いている。
文師からプレゼントされたという”靴”もその時見せてもらった。(遠くからだけど)
講演内容は、ダンベリー刑務所での内容等、当時聞いた内容と重複している。
世界広しと言えども、文師と共にダンベリー刑務所に入ったのは神山氏だけである。
それだけでも、氏の話は貴重な証言であるし、食口として聞いてみる価値は十分にある。
それだのに、講演には行くな、聞くな、名誉会長職は剥奪する。
とても、そのやり方を支持できるものではない。

91年~93年頃、神山威氏が拉致監禁に関する資料を破棄したため、拉致監禁被害者の総数や実態がわからなくなった。
伝え聞いたところでは、何に対して、何故かは知らないが”癇癪”をおこしたと聞くが、極めて遺憾である。



さて、本題だけれど、顯進氏が無関心なのは、「統一教会員に対する拉致監禁問題」に関してである。

ことわっておくが、むろん顯進氏支持の人すべてという意味ではない。
拡大しても顯進氏と顯進氏支持の指導層程度である。

これについては、もう3年ほど前のことだが米本和広氏がコラムにしている。
<コラム-文顯進氏を支持する人たちに問う->
このコラムは、「ネグレクト」(児童虐待)されてきた“真のご父母様”の子どもたち という記事の中にある。

この記事のコメント欄に長年「拉致監禁問題」を 取り扱ってきた室生忠氏のコメントがある。
長くなるが引用する。

室生忠氏


引用はじめ

米本さん。 
見立ては小生とほぼ一致しています。いま公にできる範囲で2、3付言すると、文顕進・郭錠カン体制は拉致監禁根絶に反対していたわけではありません。また根絶しなければならないと力強く表明、運動を推進したわけでもありません。実際は「ただ見ていた」のです。 
私が拉致監禁問題にタッチし始めたのは1990年頃からで、月刊誌『創』に批判連載などを執筆したのは1992~1993年でした。当時、日本統一の会長は大塚克己氏、世界を事実上指導していたのは郭錠カン氏でした。文亨進・国進体制が拉致監禁完全根絶を宣言する約10年前で、大塚氏は当時「拉致監禁だけは絶対に無くしたい」と私に話していました。
また、桧田仁衆院議員(当時)が国会で拉致監禁問題を追及したのは2000年4月。これも顕進体制に替わって2008年に亨進体制が発足するずっと以前です。
ところで、私は2回ほど郭氏と簡単な挨拶を交わした経験があります。もちろん郭氏は私が何者で何をしているか承知していました。取材に習熟した物書きは相手の〃波動〃から、自分や自分のかかわっている事柄への好悪を敏感に感じ取るものです。(米本さんもそうだと思います)。
背筋をピンと伸ばしたスリムな郭氏の柔和な笑顔から、私はある種の〃無関心〃を読み取りました。拉致監禁問題解決への信仰的使命感も、反対にそのエネルギーを制止しようと考えている打算も感じませんでした。
〃邪魔になるものではないしマイナスにもならないだろう。外部や日本統一がやりたいと言うのならやらせておこう〃。郭氏の波動から、私はそんなメッセージを感じ取りました。
要するに、文顕進・郭錠カン体制期の統一教団の拉致監禁根絶運動は、世界統一の傍観のもと、一部の日本統一指導部のいわば〃熱意だけ〃で実践されていた。そして、やがてその熱意も完全に冷めかかったとき、文亨進・国進体制、徳野英治指導部への劇的な転換がなされた。つまり、文顕進・郭錠カン体制下においてすら傍観政策のもとで、途中までは、日本統一によって拉致監禁根絶のための取り組みがわずかながらも進められていたのです。
私が強く危惧するのは、そうした経緯にも無縁な現在只今の途方もない、そして、あらゆる理性的解決の糸口を失って混乱の極にある世界統一の権力構造の行方です。亨進・国進体制の進軍ラッパが完全に消え果て、さらに顕進・錠カン体制並みの傍観政策まで廃棄されて、間逆の拉致監禁根絶運動禁止令が世界統一新体制から出されてくることなのです。
あるいはそうは断言しなくても、人事や資金配分を利用して拉致監禁根絶派に対する抑圧弾圧が実行されることなのです。
私にとっては、米本さんほど断言するにはもう少し時間の経過が必要ですが、物書きの感覚は明らかに赤信号の注意喚起をうながしています。この嫌な感覚が見事に外れて、拉致監禁根絶闘争がさらに前進することを強く期待しているのですが…。
[2012/10/10 19:52]
室生忠

引用おわり


今から、3年程前の記事であり、コメントだがどうであろうか。
現在に至るまで、顯進氏や郭氏が「拉致監禁問題」に関心を持ち発言したという話(特に公の場で)はあるであろうか?

今回の記事を書くため以下のブログを読み、”JOHO"としてくるニュースレターを2013年まで遡って読み返してみた。しかし、後藤裁判勝訴後のレターも含め一切記述はなかった。
12年5ヶ月におよぶ「監禁」に耐え、1審、2審ともに勝訴した後藤氏に対して「おめでとう」の一言すらない。それほどまでに関心がないということなのだろう。

残念ながら、顯進氏や郭氏の意識は、そのような「被害者」ではなく、どこぞの政治家なんかに向いているとしか言えない。

もし、私の不勉強で顯進氏が公の場で「拉致監禁問題」について語られた内容があるのであれば是非教えていただきたい。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[12回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 藪から棒
  • 2015/08/11(Tue)17:40
  • Edit
大変に参考になります。
自分たちの組織優先で動くようなことが、延々と続くこと事態、顕進様たちのブログには可笑しさがあります。
取り巻きの問題なのか、顕進様の心が現れているのか、答えは出せませんが、取り巻きの方たちのブログの一新が求められていると思います。
顕進様グループと言われるブログは、臭いで、論調ですぐ分かります。お父様を軸としているなら表現がもっと変わってかると思います。

自分たちの正当性だけ、他者批判だけに終始しています。このままでは、やがてトーンダウンして薮の中に埋もれます。

果たして、亨進様はどうでしょうか?江利川さんが行かれましたから、4300人の拉致監禁問題に声をあげるだろうと期待しています。

頑張ってください❗

ほんとうにそう思います。

  • by 米本
  • URL
  • 2015/08/12(Wed)08:22
  • Edit
秀さん
>摂理的葛藤に対する真の視角と理解 日本語訳(総合版)
 しかし、藤裁判勝訴後のレターも含め一切記述はなかった。
 12年5ヶ月におよぶ「監禁」に耐え、1審、2審ともに勝訴した後藤氏に対して「おめでとう」の一言すらない。それほどまでに関心がないということなのだろう。

 ほんとうにそう思います。
 顯進氏や郭氏ばかりでなく、ブログ村の顯進氏を支持するブロガーも、後藤勝訴に関した記事は一切、書いていなかったはずです。
 関心がないというのか、ある種癖のある思考傾向にあるというのか、よく理解できません。

藪から棒さん
>自分たちの正当性だけ、他者批判だけに終始しています。
 同じ印象を受けています。
 顯進氏絶対化路線の影響ではないでしょうか。

 文亨進派のブログは、顯進氏や郭氏を批判するようなことは書いていません。対照的ですね。
 そのことに顯進派のブロガーは気がついていない。興味深いです。

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新CM

[06/26 RaymondSof]
[06/24 Charlesseage]
[03/22 どうしてですか?]
[03/22 どうしてですか?]
[02/02 米本]

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR