忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秀 監禁される 9

監禁により生活基盤を失った。
理不尽な「拉致監禁」に対し悔しい気持ちはあった。
裁判をおこすことも考えたが、物証がない。
結局、この不快な環境から脱するため、私は失われた生活基盤、つまり、経済的自立、独立を優先させる選択をした。




実家での生活

監禁生活から解放され、とりあえず実家に帰えらされたが、この時自分は借金を負わされていた。統一教会への献金によるものではない。

勤めていた会社在籍中に購入した車のローン代、これは社内融資で購入したものだ。
これが130万円くらいあった。

もちろん、売却も考えたが主に2つの理由で断念した。
1つは売却しても残金の清算はできず、大部分がやはり借金で残ってしまうこと。
もう一つは、実家から所属していたF市の教会へは車で2時間はかかるし、最寄の教会も車なしで行くことは困難だったからである。

もう一つの借金は監禁期間中(滞納となっていた)アパートの家賃や駐車場の代金である。
これは45万程であった。

これらは、叔父が立替ていた。
監禁から解放された後は、貸した金をかえせ。だ。
自分たちのエゴのために監禁をして、職も奪っておきながらとむちゃくちゃ腹が立った。
もしも、私が脱会をしていたらその対応は明らかに違っていただろう。
ゆえに、理不尽でもこれをたたき返さないと真の自由はないと思った。

当面、退職金と失業保険でしのぐことにしたが、バブル崩壊後の経済下にありとても不安であった。
すべてを支払いに使ってしまっては身動きができなくなってしまうので、手元にある程度残しつつ、不安解消のためもあり、お金はかかったが資格を取得したりした。
監禁解放後、外出にも何処に行くのかいちいち干渉してきてうるさかったので、資格取得での外出は気晴らしにもなった。
しかし、依然、借金完済の目処は立たないでいた。


秋となり、失業保険もなくなるころ、近くの工場で夜勤、日勤交代の仕事をすることにした。地元の工場、農閑期の人たちが働きにくる。
当然、中には同級生の親なんかもいる。


「どうしていたのか、なぜここにいるのか。」など聞かれ、あまり、居心地の良いものではないが、背に腹はかえられない。とにかく、春まで働き、借金は完済した。


これで文句は言わせない。少しだけ達成感を感じた。
規定以上の勤務期間になったので新たに失業保険をもらえたのも幸いだった。


さてこの頃、360万双、後の4000万双の話がでてきた。
マンションの中で、次の機会には、祝福を受けることは宣言していたので、当然のごとく参加の申し込みをした。
気持ちは監禁7ヶ月の間に十分説明した。
しかし、牧師に何を吹き込まれたか知らないが、母はまだ納得できないとか言い出す始末だった。


マンションの中で、「次回の祝福への参加は認めるし、マッチングで決まった相手は実の子供同様慈しむ、大切にする」と泣きながら約束したのはあなたですよ。

所詮、あんな仕組まれた異常な環境での約束など当てにならんということだ。


さて、問題は祝福献金である。
なんとか、完納したいと思っていた。


親も監禁マンション内から、祝福献金の金額は知っていた。
そのことには文句を言ってこなかったというより、嫌ならそもそも受けなければ良い話。
少なくとも親に出させる、出してもらうことは微塵も考えていなかった。
あれこれ、思案して道外のG市の機械工場に期間工として働きに行くことにした。



理由は、
寮があり、3食付田舎で仕事を探すよりはかなり高給であり、お金を貯める目処が立つこと。実家から離れられることは、精神的にとても楽に思えたこと。


最後は、教会。
期限内で、効率よく、誰にも文句のない方法で確実な方法となると限られるし、ここにはそのための適当な仕事先はないこと等を説明して説得した。


G市に行く前に相対者の写真をいただいた。
韓国の女性だった。
祝福式までにはまだ暫く時間がある。
ある程度、交流を重ねることができるだろう。
期待を込めてそう思った。


工場での勤務は1週間おきに日勤、夜勤を繰り返しながらの組み立てラインで働くというものだった。
生活に必要なお金プラスアルファを計算して給与が出たら給与受け取り口座とは別に作った口座に残り全額を入金していった。


仕事は、正直きつかった。
3食しっかりどんぶりで食べ、おかずのボリュームも十分だった。

それでなお、監禁中に増えた体重は急激に減り、監禁前よりも体重は減った。
思わぬ副産物であった。
働いて、体を動かしながら食事も十分に取ってなので、贅肉が削ぎ落ちたのだろう。


きつい作業の中でも目的が明確にあったので頑張れた。
日曜日には、G市には教会はなかったので、電車を乗り継いでH市の教会に通った。



こうして、半年弱G市で働いた。


G市にきて、しばらくして異変があった。
韓国の相対者に送った手紙がすべて戻ってくるようになった
それも、最初に送ったものも。

韓国にいる札幌の学生部時代世話になったマザーに相談してみた。
すぐに、相手に電話をしてくれ、電話をくれた。
すごく、言い難そうだったが言わないと始まらないからと
相手は日本人とのマッチングを望んでいなかったこと。
写真も見ていないし、手紙も開けずに返したので、私の容姿や書いた手紙の内容が原因ではないことを話してくれた。


あまり、ショックということはなかった。
正直な女性だと思った。願わくばもう少し早く言ってほしかった。
ショックを受けても、お互い前に進まないといけないのだから。


H市の教会長(当時は韓国の方だった)にも事と次第を報告した。
教会長はすぐその場から韓国に電話をした。
具体的な内容はわからないが、相手をそうとう強く叱っていた。


横で聞いていた私は何度か「もういいですよ」と言ったが、教会長は納得できない様子で暫く激しく話していた。
私自身は、彼女に悪い感情はなかったし、断ることができたことにはかえって評価する。
ずるずると自分に感情を出さず、先延ばしにされたあげく断れるよりはありがたいと思った。


教会長は電話をきった後、しきりに「申し訳ない。申し訳ない。」と私に何度も深く頭を下げた。
私は、「彼女のことを別に恨んでもいないし、教会長が悪いわけでもない。だいじょうぶです。それよりも今後のことを考えたい」と言い、その場はおさまりました。


F市の教会から出したマッチングだったので、そちらにも報告、次の機会があったら連絡してもらうことにした。


半年弱のG市での仕事で140万と祝福会場であるアメリカ・ワシントンDCまでの渡航費等を貯めることができた。


結局、相手が決まったのは祝福の一ヶ月前だった。
早々に書類をだして、ある程度交流をしてから式に臨むという計画はどこかに行ってしまった。
そう上手くはいかないらしい。


過去2回のマッチングから自分は韓国の人が相対じゃないかと勝手に思っていたが、日本人で少々拍子抜けだった。が、言葉の問題がないのはありがたかった。


「断ってもいいよ」という話も電話でした。
彼女(現在の妻)は「えッ?」と思ったにちがいない。

つづく 次回、完結です。




 
オンネトー:日本秘境100選の一つで北海道3大秘湖の一つ。
見る時間や季節によって湖面の色が変化し、五色沼とも呼ばれる。
ご当地ソング♪
「ねむるオンネトー」




にほんブログ村アイコンのクリックも
お願いします。ペコリ
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新CM

[03/22 どうしてですか?]
[03/22 どうしてですか?]
[02/02 米本]
[01/27 楚]
[01/27 enfu]

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR