忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秀 監禁される 8

一時でも早く、監禁から解放されたいという想いと2度、3度の監禁は避けたい想いが交差しつつ、精神的疲労も激しい、限界も感じながらも完全決着をつけるべく、監禁生活は終盤へ。

午前0時(米東部時間)を回った。今日は7月4日アメリカの独立記念日。





このような状態をよくも話し合いだというと、怒り心頭であったが、いくら抗議しても監禁が解かれることはなかった。
こうした状況に対して、できること、試せることをしてみる以外、手はなかった。
トイレ、押入れへの立てこもり、真冬であったが窓ガラスも割った。しかし、修理の業者ではなく弟がビニールとテープで応急的に修理して終わりだった。 

自分でコントロールできることを考えた末、昼夜を逆転させ周りがこれに合わせてきたら、またその逆をする。これを徹底的に繰り返した。
話し合いと称して、多重の施錠を施され閉じ込められ、常識すら通じない世界。
抵抗しようにも方法は限られていた。一体何週間続いただろうか。

牧師にも「閉じ込めた上、中学生レベルの常識すら通じない。これのどこが話し合いなのか!」と訴え続けた。
あまりにと思ったのかはわからないが、常識が通じないという状況を変えることには同意を得た。

”監禁の仕方、拉致の仕方などを親や親族が独自に開発して実行したなどということはない。
牧師らの教授があってはじめて可能なことだ。
自分と全く異なる時、地域で拉致監禁された者たちの証言による彼らの手法が全く同一であることはそのことを証明している。”
 
牧師の言いなり、許可なしに判断できなくなっている親らとの関わりは大変困難なものだった。それで、自分は、牧師を上手く使うことにした。
同じことを自分が言っても聞き入れられないが、牧師が言えば効果てき面だからである。
同様に元信者にもこの方法は効果絶大だった。

例えばこのようなことだ。
文師と一緒にボートで魚釣りをしたという教会幹部が、「(宗教的に)指導され感謝である。」という記事が教会系の書籍にあると「ボートで魚釣りすることのどこが(宗教的な)指導なのか」と親達は批判の雨アラレ、「単なるレジャー(魚釣り)をして、(宗教的)指導とは統一教会は異常な宗教」だと、、、。
イエスが山に登り、弟子たちを指導した聖書の例をだして説明しても一切聞き入れない。
ところが、牧師が、「師と弟子が、いつ、どこで何をしていてもそれは(宗教的)指導になる。」と言うと恭しく聞き入れる。

キリストの山上の垂訓
牧師曰く、師と山を登っていても、食事をしていても、
釣りをしていても、遊んでいても、共に何をしていても、
特に説教がなくても、共にいるだけで指導を受けている
ことになる。

このようなことが続く。元信者についても、意見の対立があっておかしなことを言ってきたら「川本牧師は、大西牧師はそんなことは言っていなかったぞ。」と返せば良かった。

この頃には教会への批判は出つくしており、持ち込まれていた批判本(13冊)も読みつくしていた。牧師はどちらかが、2日に一度の割合でもう来るなと言っても訪問してきていたが、会話の内容が教会批判から変化を見せていた。

それまでは、裁判対策なのであろう批判資料を持ってきては「読んでみて下さい。」批判本等をもとに「話し合って下さい。」というスタンス、つまり親の後ろに隠れて指示は出すが直接は手を下さないという手法で正直イヤらしい奴らというが印象だった。 
どう変わったかというと、教会への直接的というかスキャンダル的批判から、秀自身の考えを探るような感じへ変化したように思った。 

キリストの十字架について
献金について
責任についてetc

幾度となく話すにつれ、牧師は首をかしげ困惑している様子だった。
そして、ある日とうとう大西牧師がこう言った。
「おかしい、おかしい、、、、。 秀さんと話していると、まるでクリスチャンと話しているようだ。」

 時系列的には前後してしまうかもしれないが、マンション内にいる間に親知らずが虫歯になり、歯には陥没したような穴がポッカリあいた。

そのような状態なので、耐えがたい激痛となり、眠ることもままならないそのような状況だった。しかし、何度訴えても歯医者に行かせてはもらえなかった。
 尋常ではない痛みに、「閉じ込め、治療をさせないというのは、もはや傷害罪だ。治療させないなら絶対訴えてやるからな。」と脅した。こちらも日に日に増す痛みに切羽詰っていた。

親らは牧師と相談して、監禁マンション近くの歯医者を予約した。年は明けて2月になっていた。その後、治療で外に出ることが叶った。
実に夢にまでみた外の世界だった。歯は結局抜歯することになった。
通院は、逃走をはかると思われていたので、当然監視つきである。
歯医者とて、あくまで反対牧師が準備した医者である「監禁されています。」などと言って聞いてもらえるようには感じることはできなかった。

帰れば変わらず7つの鍵で施錠された。
しかし、この監禁はもうそう長くはない。根拠はないがそう感じられるようになって、希望と期待感があった。

外に出られた際、隠し持っていた10円で公衆電話から教会に電話した。

電話にでてきた青年部長は、電話を喜んでくれた。時間もないので札幌のマンションで監禁されていること、無事であることを伝えた。
「逃げることはできないのか」という問いかけはあったが、この時には監禁が解かれる日は間近という確信があったので、「だいじょうぶ必ず戻ります。」と言って電話を切った。
教会に電話したことは咎められたが、何処に電話しようがそんなのは自由である。

「一体何時まで、監禁を続けるのか」と問い詰めた。

しばらくして、大西牧師がきた。
「秀さんは今後統一教会員として生きていくのですか?」と問われ
「はい、そうですよ。」躊躇なく答えた。
別の日、川本牧師がきた。逆にこちらから質問した。
「もし、先生が僕と同じ立場で、このような状況(多重の施錠の上、監禁され、棄教を迫られた)にされたら、そのようにした者を許すことができますか?」
川本牧師はしばし考え込み、こう答えた。「できません、、、。」

もはや、この異常な空間は無意味でしかなかった。何時までここにいるつもりなのか、何時出るのか問い詰めた。
しかし案の定、親は自分たちでは決められないのだ。
もう、この時には苦笑するしかない。
「どうせ、牧師のなんちゃら先生に聞かないとあなたでは決められないのでしょう。」「さっさと、牧師先生に電話して、お伺いをたててきたら」
「、、、、、、、」
 やはり、決断できませんでした。
それから、外に電話をしに行って帰ってきた親は、「〇日にでる。」とだけ言いました。
 しかし、場所を移動してさらに監禁が続いたというケースを知っていたのでけして安心できるものではなかった。

最後の10日ほどは監禁マンションからでるための条件のせめぎあいがあった。
解放後は実家に戻れという牧師と帰りたくないという私の主張が真っ向からぶつかった。
本当は、(実家に)帰るのは死ぬほど嫌だった。
しかし、長くはないという希望があっても、これ以上抵抗して、監禁に耐えるだけの気力は乏しく、疲弊の局地でもあった。

とにかく、一日でも一刻でも早く監禁部屋から出たかった。

それゆえ、自分の意思で望んで帰るふりをした。つまり、自分にも親にも嘘をついた。
そうしないと、精神がもうもたないかもしれない。そのように感じていたからである。
3月〇日、監禁マンションからは解放された。嫌でも約束は約束である。 実家に帰った。


まだ もうすこし続きます。




監禁から解放されたら、万歳、めでたし、めでたしというわけじゃない。
次回は監禁後の話。





屈斜路湖:日本最大、世界でも2番目に大きなカルデラ湖
湖の岸辺を掘ると温泉がでる砂湯があり、湖に突き出た
和琴半島はミンミンゼミの北限生息地。


こんな歌詞 なんと5番まであるぞ
 


 (一) 昔むかしの 大むかし
        そのまた昔の大むかし
        夜空に星が かがやいて
        二つ流れて 落ちたとさ


    (二) スコットランドの湖と
        日本の北の みずうみに
        サファイヤ色の尾ひいて
        二つ流れて 落ちたとさ


    (三) 誰から受けたこの身やら
        いつ迄生きるさだめやら
        千年ひそむ 屈斜路湖
        いつか呼名もクッシーさ 
     
  (四) 花よ青葉よ 月かげよ
        白鳥くれば また冬よ
        暗い湖底で 春をまつ
        ネッシーあなたはどうしてる


    (五) 西へ流れる お星さま
        私の思いを つたえてよ
        ネス湖のたよりは西風が
        吹けばくるだろ
        とどくだろう

 「ネッシーとクッシー」 唄 田中星児・ビクターレコード




にほんブログ村アイコンのクリックも
お願いします。ペコリ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新CM

[03/22 どうしてですか?]
[03/22 どうしてですか?]
[02/02 米本]
[01/27 楚]
[01/27 enfu]

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR