忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

<韓お母様のありがたいお言葉> 真の父母のために誇り高く、勇敢であれ  後編

ベルベディアのヤンキースタジアム大会40周年記念大会での韓お母様のスピーチの続きです。
もちろん、今回の記事も引用自由です。


英文が正文です。





写真出展は米家庭連合公式サイト

However, in that situation, True Father received a different directive. Heaven asked True Father to go to North Korea. Why did True Father receive that directive? The returning Messiah, the only Begotten Son–that position remained. Jesus came on this earth and Jesus asked True Father, at the age of 16, to complete the mission he had not fulfilled. That is why True Father, in order to restore through indemnity the 33-year life of Jesus, he began his course of restoration. During that period True Father had to follow the directive of heaven, and he had to find the truth of heaven with which to educate all of humanity. True Father successfully completed all of these responsibilities, and in 1960 True Father hosted the Holy Wedding of the Lamb.

一方、そのような中、真のお父様は異なった命令を受け取っていました。天は北韓に行くように真のお父様に求めました。何故、真のお父様はそのような命令を受け取りましたか?再臨主、独り子ーその位置に留まるためでした。イエスが地上に顕現しそして、16歳の真のお父様に「彼が成し得なかった使命を全うしてほしい」と願いました。それゆえ、真のお父様はイエスの33年の生涯を蕩減復帰するため、彼の復帰路程を始められました。その間、真のお父様は天の命令に従わなくてはなりませんでした。そして、人類すべてを教育するため天の真理を見出さなければなりませんでした。真のお父様は責任のすべてを成就させました。そして、1960年、子羊の婚宴を主催しました。

When we look at the history of God’s providence, it is truly incredible. The returning Messiah, the True Parents, were born on this earth and have worked to realize heaven’s will, and heaven laid the foundation to restore all of humanity. Today that is the background for which America was specially selected by heaven.

私たちが神の摂理歴史を見た時、それは本当にすばらしいものです。再臨主、真の父母様が地上に誕生され、神のみ旨を体恤するため働かれ、そして、天は人類すべてを復帰する基盤を立てられました。今日、それが、アメリカが天によって選ばれた背景です。

In the 17th century, King James of England led the project to translate the Hebrew bible into English. Through that, common citizens were able to read the Bible for themselves. Until that time, Christianity was unaware of the true center of the providence. It was as if Christianity the external aspects and not the true internal core of heaven’s providence. Christianity developed various guidelines, regulations, and laws that did not allow common people to freely practice their faith and revere God. Therefore, the Puritans began the movement to come to America for the sake of religious freedom. That is how America was founded.


17世紀に、イギリスのジェームス王はヘブライ語の聖書を英語に翻訳する計画を指揮しました。
そのことを通して、一般市民は自身で聖書を読めるようになりました。その時までキリスト教は摂理の真髄に気付きませんでした。それはキリスト教が天の摂理の真なる内的核心ではなく、外的な面に向かっているかのようでした。キリスト教は、様々なガイドライン、規則や自由に信仰し、神を敬うことを一般の人々に認めないという法律を作りました。それゆえ、清教徒たちは宗教の自由を求めてアメリカに渡る運動を始めました。これがいかにしてアメリカができたかです。

This nation had an owner, however, heaven took the side of Puritans and worked through them so that they could establish the foundation with which to help the returning Messiah. Heaven blessed America abundantly, and in the Second World War America stood as a superpower of the world. It stood in a position of embracing the entire world. Two thousand years ago the Roman Empire was the center of the known world. Likewise, America stood in such a position. What then should have America done? America should have created an environment where the returning Messiah would be received, welcomed, not just in America but all around the world.

この国には先住民がいました。しかし、天は、彼らが再臨主を助ける基盤を作れるように、清教徒に味方し彼らを通して働きました。天はとてもアメリカを祝福しました。そしてアメリカは第二次世界大戦において世界の超大国して立ちました。それは全世界を抱く位置に立ったということでした。2千年前、ローマ帝国は世界の中心でした。同様にアメリカはそのような位置に立ちました。それで、アメリカは何をすべきでしたか?アメリカはアメリカだけでなく世界中に再臨主が受け入れられるべき、歓迎されるべき環境を作るべきでした。

However, instead of following God’s will, instead of living for the sake of the world, some people in America followed national interests, developed the secular culture rooted in immorality, and America, instead of following their pure tradition…At the time when America was in great moral crisis, the True Parents came and tried to awaken America to its God-given mission of saving the world and living for the sake of the world.

しかし、神のみ旨の代わりに、世界のために生きる代わりに、国益を追及するアメリカの一部の人々は不道徳に根ざした非宗教的文化をもたらしました。アメリカは、純真な伝統に従うどころか、、、、
当時、アメリカが大変な道徳的荒廃の危機にあった時、真の父母様が世界を救いそして世界のために生きる神の与えられた使命のためアメリカを目覚めさせようと来ました。

Today we are celebrating the 40th anniversary of the Yankee Stadium rally. The environment at that time was not the best, however, the young people of America and the leaders were united and tried to educate this nation. True Father also hosted various rallies to educate this nation. At that time, together with our True Parents, at the frontline, many members worked with our True Parents. Many members from that day are here with us.

今日、私たちはヤンキースタジアム大会の40周年記念をお祝いしています。あの時の環境はベストではありませんでした。しかしながら、アメリカの若者とリーダーは一体となり、この国を教育しようとしました。真のお父様もまた、この国を教育するため様々な集会をされました。当時、真の父母様とに、最前線で多くのメンバーが真の父母様と働きました。その時からのたくさんメンバーがここにいます。

What path should America take today? Externally, we can see that various issues are plaguing this nation, and unfortunately America feels like it’s distancing itself from God. Today, all of you who are living in this present age, what should you do? What is the wish of heaven? The dream of the Heavenly Parent, the dream of the True Parents, is to realize one global family under God. It is to embrace all 7.3 billion people around the world as the children of the Heavenly Parent, to form a world of happiness, and to realize the ideal world that God has yearned for for 6,000 years.

アメリカはどんな道を行くべきですか?外的に、私たちは様々な問題がこの国を塞ぎ、そして残念なことにアメリカが神から遠ざかっているように見ることができます。今日、今の時代を生きるあなた方すべては、何をすべきですか?天の望みは何ですか?天の父母様の願い、真の父母様の願いは、神の下の一家族を実現することです。それは幸福な世界を作り、神が6千年待ち望まれた理想世界を実現するため、天の父母様の子供として世界中73億の人々を抱くことです。

Through the advent of True Parents, a new blessing has come to you as the children of the blessed families. It is now time for us to begin a new revolution of the heart to realize and understand the hard work of the Heavenly Parent, of the love of the Heavenly Parent, and to stand before the True Parents and thank them for their work and their love; to live each day in gratitude and to understand the profound, infinite love of the Heavenly Parent, repaying the Heavenly Parent with a life of filial piety, with a life patriotism. I hope that America will not forget this message.

真の父母様の顕現ゆえに、新しい祝福が祝福家庭の子供としてあなたにもたらされました。今まさに、あなたに、天の父母様の激務を悟り、理解する、天の父母様の愛による、そして真の父母の前に立ち上がり、その苦労に対して、天の父母様の深く、無限なる愛を理解し、忠孝の生活で天の父母様にお返しするその愛に感謝する心情の新しい革命が始まりました。私はアメリカがこのメッセージを忘れないことを期待します。 

All of you have come here, and America has been proclaimed as the Elder Son nation by the True Parents. True Parents lead a providence that reaches nearly 200 nations around the world. Among all those nations, America stands in the Eldest Son position. If that is the case, then America, as the Eldest Son–what should the eldest son do to bring happiness to the parents? It is to embrace all the brothers and sisters. The eldest brother should not seek his own happiness. The eldest son should bring happiness to the parents by uniting all the brothers and sisters, so that the entire family can live in happiness together. That is the responsibility of the elder brother. What do you think? Today, is America moving in that direction?


皆さんここに来られました。そして、アメリカは真の父母によって長子国家として宣言されました。真の父母は世界中の200近くの国々の摂理を導きます。これらの国々の中で、アメリカは長子国家の位置に立ちます。そうだとすれば、それでアメリカは、長子国家として、長子は父母に喜びを返すために何をすべきですか?それはすべての兄弟姉妹を抱くことです。長兄は自身の幸福を求めるべきではありません。長兄はすべての兄弟姉妹を一つにすること、家族全員が幸せにすごせるようにすることによって父母に喜びを返すべきです。それが長兄の責任です。どう思いますか?今日、アメリカはその方向に向かっていますか?

All of us will live in this sphere of True Parents’ love. We need to move in that direction. We are moving in that direction. Yet externally, America–politicians in America, or citizens in America–many of them do not share this thought. They seek to fulfill their own personal interest. They seek only to fulfill their national interest. However, in order for America to prosper in the world, it should not seek only its own national interest. We need to live together. I hope that you can join me in educating the world toward this cause.

私たちすべてが天の父母様の愛の中にいます。私たちはその方向に向かう必要があります。でも、外的に、アメリカ、アメリカの政治家であり、アメリカの市民、彼らの多くはこの考えを共有できていません。彼らは自身の個人的な関心を満たそうとしています。国益のみを満たそうととしています。しかしながら、アメリカが世界の中で成功するためには、自らの国益のみをもとめてはいけません。共に生きる必要があります。私はあなたがこの理念に貢献して世界を教育するために加わることを期待します。

That is why all of you be proud, be bold–please testify about True Parents boldly. Be proud of True Parents. That is the way to realize humanity’s dream–the Heavenly Parent’s dream. That is the fastest way to realize this dream. Beloved brothers and sisters, will you do so?

そうですから、あなた方は誇り高く、勇敢です。勇敢に真の父母様を証して下さい。真の父母様を誇りにお待ってください。これが人類の願い、天の父母様の願いを実現する道なのです。これが、この夢を実現させる近道なのです。愛する兄弟姉妹の皆さん、そのようにしますか?

Today, when I came here, many thoughts filled my mind. If it is possible, I hope all of you can become one with True Parents, and realize the wish, the ideal of God, so that this nation can stand as a nation that has fulfilled God’s dream. That was my thought as I came here, however, there are many issues that still need to be resolved.

今日、私がここに来た時、いろいろと沢山考えました。もし、それが可能なら、私はあなた方すべてが真の父母様と一体となること、その望みを実現し、この国が神の願うような国として立つという神の理想となることを期待します。これがここに来た私の考えでした。しかしながら、まだ解決されるべき多くの問題があります。


However, I will realize this dream without fail. What about you?

でも、私は失敗することなくこの夢を実現させるでしょう。あなたはどうですか?

This is why, centering on the Cheongpyeong region in Korea, I am trying to develop a place that can be the center of the world, which we can really bequeath unto future generations, to posterity. I want to establish a beautiful memorial for True Parent’s work. Will you participate with me?

だから、韓国の清平の地を中心として、私は、後世に、将来の世代に本当に残すことのできる世界の中心となる場所を開発しようとしています。私は真の父母様の業績のすばらしい記念館を創設したいと思います。


Today, for all of us, each day is a day filled with hope, each day is a day of progress, each day is a day of happiness. Let us live such a life. I hope that all of you can share in this life and participate with me on this journey.

今日、私たち全てにとって、日々が希望の日であり、進展の日であり、幸福の日です。私はあなた方すべてがこの旅路に私と参加しその人生において共有することを望みます。


I hope that heaven remembers you and all of humanity can proudly think of you and this nation of America. This is my profound wish and hope and request to heaven. May God bless this nation.

私は天があなたを覚えて下さり、そして人類すべてがあなたやこのアメリカを誇りとして思うことができるように望みます。この国に神の祝福あれ。




<管理人>

前編に出てきた独生女に関して極めて重要な証言がありますのでご紹介します。


お一人目は金栄輝先生です。

金栄輝先生に電話しました から引用。

<引用はじめ>
~中略~金栄輝先生ご本人が電話にでられました。
そして要件である韓オモニの独生女発言について聞くと、「そのことは間違っています。罪がないということはありません。お母様は堕落圏からお父様が復帰されました。私はそのことに対して既に幹部に抗議をしています。」とはっきりと言われました。
<引用おわり>

お二人目は李ヨハネ先生です。

渦がどんどん大きくなってきています。 から引用

<引用はじめ>
最近では、キム・ジンチュン天一国憲法委員会委員長が、​元老牧師らに 「真のお母様のご聖婚と独生女」というタイトルで講義を進めていますが、先週、ソウルでは、その講義中にそれを聞いておられた李ヨハネ先生が「何故このような話にならない講義をして歩くのか!!」と怒鳴られたと伺いました。 
<引用おわり>

金栄輝先生に至っては、直接電話で会話されているのでその発言は疑いようがないでしょう。
李ヨハネ先生の発言は、2次情報です。でも、私は信憑性は高いと思います。


<聖酒について>

日本や韓国では、決意文を書かせたたり、聖酒を飲ませるたりということが行われたようです。
でも、ベルベディアでは、土砂降りになったからかはわかりませんが聖酒式も決意文もなかったと聞いています。もし、そうだとしたら恵みの豪雨だったのでしょう。きっと。
聖酒式は後日あるのかもしれませんが、、、。


<消えた食べ物>

Aさんのレポートでは、「販売ブースには売れ残った食べ物がいっぱいでした。」となっています。
ところが、米家庭連合の記事では、 
”all the food vendors did a brisk trade, and a mountain of food disappeared quickly. ”
「すべての食品販売員はテキパキ販売して、山のような食べ物は見る間になくなりました。」と報じています。

きっと、食べ物は最終的にはなくなったのでしょう。
Aさんと別のBさんはこう言っています。
「準備していた販売用昼食は余っていて、"BUY ONE GET ONE FREE"(一つ買えば一つ無料)で売っていた店もあった。」

「豪雨で約半数が帰った。」Bさんとのことですから、常識的に考えて、たくさんの食べ物が余ったのでしょう。それから、ようは半額セールの叩き売りで最終的に食べ物はなくなったのでしょう。

よく言えるなぁと思いましたとさ。
”お化粧”するにも限度というものがあります。
家庭連合のそれはもう、”化粧”ではなく、もはや”嘘の分厚いコンクリートコーティング”です。







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[9回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新CM

[03/22 どうしてですか?]
[03/22 どうしてですか?]
[02/02 米本]
[01/27 楚]
[01/27 enfu]

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR