忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャボン玉さん 記事引用させていただきました。ペコリ

今日は
シャボン玉さんの「この道どの道」の記事、”韓鶴子氏はサタンの主管を受けている”を読んでの感想じみたものです。
韓国の『キリスト教ポータルニュース』に掲載された記事だそうです。
シャボン玉さんの記事はこちらから




下線、色字等は管理人。

<引用はじめ>
“韓鶴子氏はサタンの主管を受けている ” 
内部分裂が始まった統一教、「統一」は名前だけ

異端問題専門誌「現代宗教」が統一教内部分裂が秒読みに入ったと4月号で記事化した。去る2月、世界平和統一家庭連合 (統一教) が基元節 (文氏が救世主としての使命を果たし、神にこれを報告する日を意味する:編集者注) 3周年を迎えたが、韓鶴子氏は基元節の前後に大型行事を盛大に執り行うことにより、自身の王位が堅固たることを誇示したというのである。


 一方、息子の文亨進氏は「真のお父様の権限に戻ってくる祝福式」、「真のお父様の誕辰日(たんしんび)」という名の行事を独自に行い、韓鶴子氏の統一教を否定したという。「現代宗教」は、「統一教内部の雰囲気が尋常でないことを推測できる出来事だ」と診断した。

韓氏、基元節3周年行事を通して、自身の神格化を証明

「現代宗教」の報道によると、文亨進氏は、2015年3月、米国サンクチュアリ教会の説教を通して、統一教に対する韓氏のすべての権威と権限剥奪を宣言し、「韓氏はサタンの主管を受けている」として、韓氏の統一教を強く非難した。それゆえか、
韓氏は、 2月21日に行われた「天地人真の父母様聖誕及び基元節3周年記念行事祝勝会」で、 「今私がやっていることに是是非非(ぜぜひひ)があってはなりません。イエス様の出現と同様に私もサタン圏と関係のない位置で生まれました。」と語り、文亨進氏を念頭に置いたかのような発言をした。


 また、去る2月13日、「天地人真の父母聖誕記念式」行事で開かれたミュージカル公演では、「お母様を中心に一つなることを切に求めるので、天上の霊界が総動員で協助するであろう」という俳優の台詞を通して、統一教が韓氏を中心に確立したことを見せようとしたのである。

韓鶴子統一教を否定する文亨進氏、その勢力はますます大きくなっている

韓氏が自身の神格化を証明する行事を進行した2月13日、同じ日に文亨進氏は、「真のお父様の権限に戻ってくる祝福式」を独自に進行したという。「現代宗教」は、この文亨進氏の行為を、「韓鶴子の統一教の合同結婚式を認めないと見ることができる」と分析した。また、「真のお父様の誕辰日(たんしんび)」という表現からみても、「文亨進氏が徹底的に韓氏の統一教を否定していることを知ることができる」と指摘した。
 統一教対策協議会の李ヨンソン事務総長は、「現代宗教」とのインタビューで、「正統統一教会を知っている信徒たちは文鮮明の言葉を信じて文亨進側に移動している。文亨進は今後も独自的に行事を進行し勢力を育てていくだろう」と文亨進統一教の勢力拡大を慎重に予想した。現代宗教は、「既存の統一教会の行事を維持しながら統一教体制を継続する韓鶴子と韓鶴子が屈服するまで非難を止める兆(きざ)しがないように見える文亨進」とし、 「韓鶴子対文亨進という亀裂が始まった統一教は現在、『統一』という名称も、『家庭連合』という名称も名前だけになった状況だ」と言う。危機の統一教会、今後の成り行きが注目される。


<引用おわり>




<管理人コメント> 


やはり、ギョッとするのはシャボン玉さんも太字、色字にされているこの一文。

<引用はじめ> 
<韓氏は、 2月21日に行われた「天地人真の父母様聖誕及び基元節3周年記念行事祝勝会」で、 「今私がやっていることに是是非非(ぜぜひひ)があってはなりません。イエス様の出現と同様に私もサタン圏と関係のない位置で生まれました。」と語り> 
<引用おわり>



筆者は、「韓氏はサタンの主管を受けている」という非難を念頭に置いた発言と書いているが、まあそうだろう。 


亨進師の発言は、文鮮明師(真のお父様)の決めたこと(伝統)を韓お母様(韓オモニ)が悉く破棄し、変えて行っている、また文鮮明師が説かれた原理そのものが韓オモニにより変質されていく様をみて上記の発言につながってなっている。 


それに対する韓オモニの”み言葉”である。

<引用はじめ> 
<イエス様の出現と同様に私もサタン圏と関係のない位置で生まれました。> 
<引用おわり>  


 


「私はサタン圏とは生まれながらに無縁(無原罪)よっ!」
「私のやることに是々非々はなしっ!」 


 


独生女=無原罪説の決定版のようなみ言葉ではありませんか。 


韓オモニはイエス・キリストと同じく、無原罪でお生まれになられたことを高らかに宣布されあそばされました!

ちなみに9日の懇談会において文国進氏はこのように語っている。
「真のお母様は神の血統からきたのか、サタンの血統からきたのか?」
「天聖経はとても明確(クリア)です。」
「真のお母様は天使長の血統から生まれたのです。」
「真のお母様は特別に準備されたサタンの娘なのです。」
 
もっと凄いのは、これ 

<引用はじめ> 
<私がやっていることに是是非非(ぜぜひひ)があってはなりません。> 
<引用おわり> 



簡単に言って、 


「私(韓オモニ)のやることに是とか非とか言うな。親分の私が白と言ったら、黒いカラスも白なのっ!」と言っているのに等しい。 



※是是非非:  正しいこと(是)は正しいと認め、正しくないこと(非)は正しくないとすること。 

「(私が)正しくないことをしても、(私がすれば)それは正しいことになる。」と宣言したということだ。

是是非非は、「火の粉をはらえ」の米本さんの座右の銘のような言葉。それゆえに、統一教会の犯罪的行為(非)は非だが、反統一の拉致監禁(非)も非として、拉致監禁撲滅のため協力して下さったし、現在もそこに微塵のブレはないと確信している。
米本さんどう思われますか? 読者の皆さんどうですか? 



なんたら講師やなんとか博士を引っ張り出してきてもダメですよ。
韓オモニの直接の”み言葉”で確定です。 



さて、まだ注目の部分があります。

 
亨進師とサンクチュアリ教会の動きについて、「現代宗教」は、「統一教内部の雰囲気が尋常でないことを推測できる出来事だ」と診断(判断)した。としています。 


亨進師とサンクチュアリ教会の動きとは、韓鶴子氏(韓オモニ)の統一教(家庭連合)を否定であるがそれに対する見方が非常に興味深い。 

<引用はじめ> 
<統一教対策協議会の李ヨンソン事務総長は、「現代宗教」とのインタビューで、「正統統一教会を知っている信徒たちは文鮮明の言葉を信じて文亨進側に移動している。> 
<引用おわり> 



統一教対策協議会とは、統一教会被害防止と脱退者の身辺保護など、脱退信徒のための援助に力を注いでいる組織のようなので、日本でいうと”全国統一協会被害者家族の会”のような組織であろうか? 


アンチの組織は、日本でもそうだがその活動ゆえ統一教会(家庭連合)の教義や活動を実に詳しく調べている。そうでなければ、脱会説得はできない。 


そのような立場から見て、「正統統一教会を知っている信徒たちは文鮮明の言葉を信じて文亨進側に移動している。」と述べているのが実に興味深い。

つまり、彼らからみて家庭連合の主張するところは正統な文師の教えとは異なるようになった。異端(彼らからみたら異端の中の異端)になったと映っているということだ。 
とても興味深いと思うがいかがだろうか? 


まあ、分裂自体は、今に始まったわけではないし末期症状であることには異存はないが。 
加速度マシマシじゃないかな。


 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[6回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

鶴子さん、正しいかも(笑

  • by 米本
  • 2016/04/12(Tue)16:15
  • Edit
「絶対」(絶対は絶対)の前には是々非々なんていう立場はないから、韓鶴子さんの「私がやっていることに是是非非(ぜぜひひ)があってはなりません」というのは正しいかもです。

 世界の家庭連合も、正直に「お母さまこそ絶対だ、神だ、メシアだ、王様」だと言えばいいのになぁ。
 そうすればすっきりするし、時間や言い訳能力の無駄使いをしなくてすむし、読書に時間を割くことができるのになぁ。

米本さんに一票

  • by プームチャイ
  • URL
  • 2016/04/13(Wed)13:31
  • Edit
私も家庭連合の各教会は態度をハッキリさせるべきだと思う。
あんたたち、どっちなんだと問いたい。
「祝福に行こう」の映像にも、所属教会はどう考えるかの意思表示はない。結局、お上(本部、お母様)の言うことに何も考えず従う奴隷に過ぎない。
まあ、お母様が奴隷を求めているから仕方がない。お母様はそのことに気づいていない。神様は人間を奴隷として創造していない。お母様、何もわかっていない。(涙)

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR