忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

文亨進、文ヨナ 呼び捨ての米統一教会公文!

サンクチュアリ教会について米統一教会から新たに公文が出ました。
亨進様とヨナ様を呼び捨てにする公文を訳した。
公文の評価は各人にお任せします。

サンクチュアリ教会からのレスポンス(応答)を加えました。
19日 8時AM 米東部時間


※ 英文が正文になります。


Saturday April 18, 2015




Dear Brothers and Sisters,
親愛なる兄弟姉妹の皆さん
 We are writing to you today with heavy hearts, but out of absolute necessity, to outline the official FFWPU position regarding the upcoming marriage ceremony due to be conducted by Hyung Jin Moon and Yeon Ah Moon at the Sanctuary Church of Newfoundland, Pennsylvania on Tuesday, April 21st.
今日、我々は絶対の必要性から重苦しい気持ちで、4月21日(火)にペンシルベニア州ニューファウンドランドのサンクチュアリ教会で文亨進文ヨナによって行われることになっている結婚式に関してのFFWPU世界平和家庭連合の公式見解について書き送ります。
The Principle makes it abundantly clear that substantial and spiritual salvation comes upon the condition of absolute faith, love and obedience to God, as modelled and demonstrated by True Parents throughout their lives. Upon that foundation, True Parents were able to initiate the tradition of the Holy Blessing. The April 21st marriage ceremony hosted by Sanctuary Church is being styled as a"Blessing Ceremony," but FFWPU is making it clear that it is not the Holy Marriage Blessing of True Parents.
原理は、実体的、霊的救済が真のご父母様がその生涯を通してモデル化し示したごとく、神に対する絶対信仰、絶対愛と絶対服従の条件の下もたらされるということを非常に明確にします。
その基盤の上に、真のご父母様は、神聖な祝福の伝統を始めることができました。
サンクチュアリ教会によって主催される4月21日の結婚式は祝福式としての体裁ではありますが、FFWPU世界平和家庭連合は、それがご父母様の祝福結婚式ではないことを明確にします。
Only the True Parents, True Father and True Mother, have the sole authority to bestow the Holy Blessing and to approve others to do so. The Sanctuary Church has not received authority or approval from True Parents to conduct a Blessing ceremony (and indeed has not even asked for it.) Their decision to proceed under these circumstances is a direct and deliberate denial of True Parents' holy authority. Indeed, Sanctuary Church leadership has gone so far as to say that they do not recognize any of the Holy Marriage Blessings performed since True Father's ascension as valid.
真のご父母様、すなわち真のお父様と真のお母様だけが、神聖な祝福を授け、また他の人にも祝福することを許可する唯一の権限を持っています。サンクチュアリ教会は、祝福式を行う権限また許可を授与されていません(そして、実際、それを一度も求めてきたことはありません)。これらの状況下で事を進めるという彼らの決定は、真のご父母様の神聖なる権限の直接的そして計画的な否定です。それどころか、サンクチュアリ教会のリーダーは、真の御父様の聖和以降実施されたすべての祝福結婚式が有効であることを認めないと言及するまでになっています。
In recent weeks, the leaders of the Sanctuary Church have repeatedly made it clear in word and deed that they are pursuing their own independent course and do not want to be affiliated, associated with or part of FFWPU. We are further saddened to see how they have conducted a shocking and malicious attack on True Mother, challenging her authority and position as True Parent, and attempting in every way to foment confusion and mistrust among Unificationists at large.
ここ数週間、サンクチュアリ教会のリーダー達は、独自の路線を追い求め、FFWPU世界平和家庭連合と提携するか、連合するか、あるいはその一部として活動したくないということを、繰り返し言動で明らかにしました。 我々は、彼らがいかに真のお母様に対して悪意ある攻撃をしてショックを与え、真の父母としてのお母様の権限と位置に疑問を呈し、あらゆる点で統一信徒の間に不信と混乱を扇動したかを見てさらに悲しくなります
This angry and unloving stance is further shown to be unprincipled by the two affirmations that April 21st participants are being asked to sign as part of the event. The first, which declares that True Father is the Messiah, may seem innocuous but in fact highlights the defiant and false assertion of Sanctuary Church that True Father alone stands as the Messiah and Savior. In fact, True Father's fundamental teaching, as consistently taught and practiced by True Parents, makes clear that the work of salvation can only be accomplished by True Father and True Mother together. To do this, they had to complete the victorious course of becoming one with God and with each other. True Father proclaimed that True Parents are one many times before his ascension and declared with his last breath that he had accomplished everything.
この怒りと愛のない姿勢は、21日の参加者がイベントの一部としてサインを求められている2つの確約によって非原理的なことがさらに示されます。第1に、”真のお父様はメシアであると宣言している”このことは、無害のように見えます。しかし、真のお父様だけがメシアであり救世主であるというサンクチュアリ教会の傲慢で偽りの主張を際立てます。事実、真のご父母様によって一貫として教育され、実践されてきた真のお父様の基本的教えは、救済のみ旨は真のお父様と真のお母様お二人によってのみ成就できると明確にしています。そのために、ご父母様は神と一つになり、お互いに一つになるという勝利的路程を完成しなければなりませんでした。真のお父様は、真のご父母様は一つであると聖和の前に何度も宣言しました。そして、亡くなる前に「すべてを成し遂げた」と宣言しました。
In a second affirmation, participants will also be asked to say that Hyung Jin Moon is the sole representative of True Parents' truth and tradition. According to the Principle, any such position depends on the fulfillment of human responsibility. Many times in the course of God's providence, God blessed individuals, families and nations and then had to tearfully withdraw His blessing when the central figures failed to fulfill their responsibility. In his current state of rebellion against True Parents, Hyung Jin Moon has by his own words and actions renounced and repudiated his position as heir and representative of True Parents.
第2の確約は、参加者はまた、文亨進が真のお父様の真理と伝統の唯一の代身者であると言うことを求められます。原理によれば、そのような位置は人間の責任の履行によります。神の摂理路程では何度も、神が祝福した個人、家庭、国家が、中心人物が責任を果たせないことによって、断腸の思いでその祝福を取り去らざる得ませんでした。現在の真のご父母様に対する反逆状態において、文亨進は自身の言動を持って、真のご父母様の後継者と代身者としての彼の位置は放棄され、無効とされた
Of course, all FFWPU members around the world continue to pray and hope that Hyung Jin Nim and Yeon Ah Nim will turn back from this path of anger and division to one of love and unity, and return to their God-given position. Until that day, we must be aware that because True Parents removed him from his former position as International President, Hyung Jin Moon has no official authority and position within our movement at this time. In particular, he is not authorized by True Parents at this time to give the Holy Marriage Blessing.
もちろん、世界中のすべてのFFWPU世界平和家庭連合のメンバーは、亨進様ヨナ様がこの怒りと分断の道から愛と統一の道に戻られ、彼らが神から与えられた位置に戻られることを祈り願い続けます。
その日までは、我々は、真のご父母様が世界会長としての元の位置から彼を罷免したので、文亨進は現時点で我々の運動に関して公的権限と位置はを持っていないと知っていなければなりません。特に、彼は現在、祝福結婚を与える権限を真のご父母様によって授けられていません

Let us be clear: the current actions of Sanctuary Church are unprincipled. In word and deed, they are unfortunately demonstrating all four of what the Principle describes as the natures of the fall: failing to take God's viewpoint as mediated through True Parents, leaving the position of filial piety and obedience, asserting their own authority and dominion in defiance of True Parents' guidance, and attempting to multiply confusion and dissent among members. They have caused a great deal of grief to True Parents and sorrow to our worldwide membership.
明確にしましょう。サンクチュアリ教会の現在の行動は原理的ではありません。言動において、彼らには、残念なことに原理が堕落性と言うところの4つすべてを行っています。
真の父母を通過して仲保される神の視点をとれないこと、孝子としての孝心と服従の位置を離れること、真のご父母様の指導に逆らい自身の権限と支配権を宣言すること、そして、メンバーの間に混乱と異議を増殖しようとすること。彼らは、真のご父母様に多大な深い悲しみと世界のメンバーに悲しみをもたらしました。
We urge all Unificationists who love True Parents not to participate in any ceremonies organized by Sanctuary Church. True Mother is leading our Unification Family with clarity and conviction towards the 2020 goals, in complete obedience to and unity with True Father. We all need to be united together. When we work as one, we can and we will succeed. 
我々は、真のご父母様を愛する全ての統一信徒がサンクチュアリ教会によって準備されるいかなる式典にも参加しないことを強く促します。真のお母様は、真のお父様と絶対服従と一体化で2020のGOAL(目標)に向かって我々統一家を明快そして確信で導いています。
我々すべてが一致団結する必要があります。我々が一体となり働く時、可能であり、成功するでしょう
Finally, we offer our own repentance for this sorry state of affairs within our movement, all the more so since it is happening right here in the United States. We admit that we fall short in many ways. None of us desire schism and division. Let us return together hand in hand in humility and repentance before God and True Parents.
最後に、我々は我々の運動にもたらされたこの申し訳ない状態に対して、それが合衆国、ここでおきているゆえ、尚更悔い改めをささげます。我々は様々な点で不足していると認めます。誰もが、分裂や隔たりを望みません。神と真のご父母様の前に、謙遜と悔い改めで手をとりあい共に帰りましょう。


God Bless you and your families! 
あなたとあなたの家族に祝福あれ!



Dr. Ki Hoon Kim                                 
Continental Director 


Dr. Michael Balcomb


President, FFWPU - USA





 上記の公文に対して、サンクチュアリ教会からレスポンスが出ています。

Our response to the April 18 FFWPU statement
4月18日付けFFWPU文書に対する応答


The World Peace and Unification Sanctuary (Sanctuary Church) believes that Rev. Hyung Jin Moon, the person anointed by True Father as his representative and heir, has inherited the full authority of the True Parents on earth.
サンクチュアリ教会は、文亨進牧師が、地上で真のご父母様の全ての権限を相続した真のお父様の代身者そして相続者として、真のお父様によって選ばれた人物であると信じています。
Together with his wife Chuksajang Yeon Ah Lee, Rev. Moon will exercise an important part of that inheritance on April 21 by officiating at a Holy Blessing Ceremony titled "Holy Blessing for Returning to True Father's Authority". This event will be followed by a worldwide Blessing movement whose purpose will be to enable all Blessed Central Families to return to True Father's authority.
彼の妻である祝司長李ヨナと共に文牧師は、「真のお父様の権限に戻るための神聖な祝福式」というタイトルの 神聖な祝福式で主礼をつとめることによって、4月21日にその相続の重要な一部を執行するでしょう。このイベントは、すべての祝福中心家庭が真のお父様の権限に帰ることができるようにするための世界的な祝福運動に続くでしょう
FFWPU, the single most serious heresy to break away from True Father's orthodoxy, made its contrasting position known today in the following communication to its members.
真のお父様の正当派的信仰から離反する唯一重大な異端、FFWPU世界平和家庭連合は、今日メンバーに対してその著しく異なる立場を以下の書信で発表しました。
May each person pray deeply for the guidance of God and True Father.
各人が
神と真のお父様の導きがあるように深く祈られますように


 


こちらも参照下さい。
サンクチュアリ教会 Facebook(公式ページ)日本語訳サイト






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[7回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by 米本
  • URL
  • 2015/04/19(Sun)14:07
  • Edit
Dr. Ki Hoon Kim
Continental Director

この人は誰ですか。教えていただけたらうれしいです。
 また公文の日付も。

No Title

  • by Picard
  • 2015/04/19(Sun)15:30
  • Edit
米本さん

Dr. Ki Hoon Kim=金起勲(キムギフン)北米大陸会長です。

公文の日付はわかりません。

公文の日付

  • by 秀
  • 2015/04/19(Sun)19:39
  • Edit
Picardさんありがとうございます。
昨日はもう寝てしまっていて、、、その通り金起勲(キムギフン)北米大陸会長です。
公文の日付ですが、届いたEMailにある日付は18日です。
もし、伝達のタイムラグがあったとしても16日には発信されていると思います。

No Title

  • by ヤン
  • 2015/04/20(Mon)08:47
  • Edit
初めまして。ヤンと言います。
享進様の祝福に対し、お母様は無効である等、未だコメントは発せられてないですよね。

孝心と責任の行方

  • by cosmopolitan
  • 2015/04/25(Sat)12:56
  • Edit
本日初めてこちらのブログを拝見しました。
多様な情報をありがとうございます。

さて、最近の亨進氏の言動と活動について大いに好感を抱きつつ、気になることがあります。
母親の韓氏に対する息子としての態度は、やや戴けないというか、その孝心の喪失を残念に思うからです。

私は古い価値観に縛られたところがあるからでしょうか、父の後継者を誇りとするあまり、最も傲慢なのは誰だろうかと、訝しくさえ思います。

確かに既存の幹部たちの悪行は悪魔連盟と呼ばれるに値します。しかし、その弟子たちが真の父母を支え、真の家庭と言われる方々を守ってきたのも確かでしょう。どの様な形であれ付き従った功績のようなものがあり、今現在も実母を支え、実母に従っている人をそのように罵るのは筋違いだという感じがしてきました。赤の他人ならいくらでも言えますが、今尚、実母に侍る人たちです。子はたくさんあっても、未だに心配の絶えない、自立できない者ばかり。親の心配どころではなく、皆自分のことで精一杯。ちょこっと教会のイベントに顔を出して人類の救いを適当に語る。親に寄生しないで自分の心配をすれば、と言いたくなります。

教会の財産に手を付けなかったことを特別のことのように語られていますが、それが普通で当然でしょう。なぜなら、悪魔連盟を自然屈服できていないからです。

荒野での勝利とか何とか、体のいい模倣によって取り繕ったとしか言いようがありません。

真の後継者なら、息苦しくても王宮殿から抜け出すのではなく、苦労して従ってきた古参の幹部たちを自然屈服する道を模索し、真の母からの実体的相続を受けられる基盤をきずくべきではなかったのか…

今日、多くの信徒の惑いは高額献金もさることながら、教義と組織の混迷にあります。

その原因を真の母と悪魔連盟だけに押しつけてもよいものか、甚だ疑問に思います。

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR