忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<滅びへの道>サンクチュアリはカルト一直線! おかわり 霊感商法偏

前回記事<滅びへの道>サンクチュアリはカルト一直線!を書いた後、興味深反応がので続編をいくつか書くことにしました。

まず、記事を書いてくれたのはブログ ”キリストのイチの「み」”のaraedeulさん。

該当記事は

秀さんの記事を読んで

秀さんの記事を読んで(続)


上記の2つの記事の間にロード氏が次の記事を書かれている。


お父様の御苦労を思いながら

”お父様の御苦労を思いながら”の中でロード氏はこう書かれている。

<引用はじめ>
「秀さんは、一昔前の反対派・左翼系マスコミの論調そっくりなので、私が意見を伝えたかった範疇の方ではございませでした。」
<引用おわり>

一昔前ですか? では次の判決文を見てみましょう。
2012年に出された判決です。

損害賠償請求事件 福岡高裁判決(平成24年3月16 日)

この判決の中で福岡高裁は違法性の判断基準についてこう記している。


「一般に、宗教団体が、当該宗教団体の宗教的教義の実践として、あるいは布教の一環として、献金を求めることや宗教的な意義を有する物品の販売などを行うこと自体は、信教の自由に由来する宗教活動の一環として許容されるべきものであり、直ちに違法と評価することはできない。~中略~そうした吉凶禍福を一定程度有利に解決することができるなどと相手方に説明することについても、その説明内容がおよそ科学的に証明できないことなどを理由として、直ちに虚偽と断じ、あるいは違法と評価すべきではない。~中略~しかし、当該勧誘が、献金等を含む宗教的教義の実践をしないことによる害悪を告知するなどして、殊更に相手方の不安や恐怖心の発生を企図し、あるいは、不安や恐怖心を助長して、相手方の自由な意思決定を不当に阻害し、相手方の資産状況や、生活状況等に照らして過大な出捐をさせるようなものであると認められるような場合には、社会的相当性を逸脱したものとして違法との評価を免れないというべきである。

極近年出されたこの裁判所の判断と前回私が書いた記事は、ほぼ同一でそれほど乖離はないはずです。
この裁判所の判断が一昔前の反対派・左翼系マスコミの論調だというなら、後藤裁判の判決での裁判所の判断もまた一昔前の反対派・左翼系マスコミの論調なのでしょうか?
それとも、自分たちに有利か不利か、都合が良いか悪いかで”レッテル”を貼りますか?

”霊感商法”で逮捕された方々は、”み旨のためという動機で関わった協会員が犯罪者扱いされた”だけなのでしょうか?

参照:統一協会 霊感商法裁判 被告「販売員は伝道者」(あえて、しんぶん赤旗より)

彼らは教会の都合で犯罪者にされてしまったのではありませんか?少なくとも冤罪にも関わらず”犯罪者扱い”されたわけではありませんね。


さて、KOYOMIさんからは怒られ、シバかれそうだが、文句なく悪徳霊感商法とは言い難い事例を上げてみよう。

M氏は日本のある地区でトップレベルの実績を出す方でした。
当然、いわゆる霊感商法については肯定派。
M氏はものすごく実績を出します。
それが原因で、責任者から疎んじられます。(嫉妬と思われる)
平たく言って、アベルの俺様より目立ちやがってということでしょう。
「傲慢だ」とされ、とにかく、いわゆる前線(営業の現場)から外され、裏方にされます。
しかし、結果はM氏を慕う顧客から電話で注文が入りまくり某責任者の策謀むなしくその時もM氏は1番になりました。
M氏のトークに害悪の告知等はなく、抜群の実績を挙げながらM氏は1度も訴えられたことも示談になったこともないと聞きました。
顧客が「売って下さい」と言ってくるのですから現代の裁判所の判断に照らし合わせても違法性があるとは言えないでしょう。

たしかに日本全国をみればM氏のようなスーパーマンは数人はいたのかも知れません。でも、そんなことができないから、偽霊能者を立て、霊が降りてきたと演技してみたりというM氏からすれば”邪道”を行った結果が悪徳商法としての霊感商法です。

この結果には、組織として教会に責任があるし、その長として文鮮明師にも道義的責任がある。
文師がもし害悪の告知や不安や恐怖心を煽ってそのような物品を売るようにと直接命じていたならその責任はさらに重くなると言わざる得まい。

それでも、悪徳商法としての霊感商法を肯定、礼賛するなら、新たな犠牲者を出さないためにも「亨進師の命令いかんで何時でも「霊感商法」でも「違法行為」でも始めます。その点において家庭連合となんら変わりはありません。」と明言、告知してから伝道、活動していただきたい。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[11回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 一信徒
  • 2016/06/30(Thu)18:13
  • Edit
ちなみに、秀様は、

「ユダヤ人が、その当時の法律に則って、イエスキリストを十字架につけて殺害した」ことは「善」だったというお考えでしょうか?

また、「タマルが、当時の戒律に反してユダと淫行を行ったこと」や「アブラハムが自分の息子であるイサクを殺そうとしたこと」や「西川勝先生が日本に不法入国して伝道した」ことは、全て「悪」であり、そうすべきではなかったというお考えでしょうか?

バカが来たよ!

  • by 米本
  • 2016/06/30(Thu)19:14
  • Edit
>「西川勝先生が日本に不法入国して伝道した」ことは、全て「悪」であり、そうすべきではなかったというお考えでしょうか?

 バカ丸出し。
 不法は不法だよ!
 時代を考えろ。
 津和野の隠れキリシタンと、統一とはまるで違う。
 嗚呼、統一にはバカしか残っていないのか。嘆きの滝だなぁ。

無題

  • by バカ
  • 2016/07/01(Fri)01:14
  • Edit
米本様、バカにお付き合いくださり、ありがとうございます。ブログ、参考にさせていただいてます。これからもよろしくお願いします。ペコリ。

秀様も、米本様と同じ意見ということでよろしいですよね?

霊感商法正当化の風が吹くと改宗屋が儲かる

  • by 龍丼(ドラゴン・ボウル)
  • 2016/07/01(Fri)04:51
  • Edit
そして信者の家族は地獄を見る。


絶対主義 =偶像崇拝 =偶像が発信した目的のために手段選ばず行動を正当化 =宗教カルト =反社会勢力 =平和を脅かす存在 =成敗の対象 =拉致監禁して強制改宗の対象 

もともと統一教会のやってきたことにはこういう一連の図式があり、最後は韓国の上層部だけが金権三昧に明け暮れ、末端の信者とその家族がとてつもない犠牲を強いられる現実があったということを理解しているのだろうか。

これがすべての人間が望む天国への道だというのか?

コンプライアンス

  • by 秀
  • 2016/07/01(Fri)10:55
  • Edit
米本さんとは統一教会の違法行為にNO、反カルトの違法行為にもNOという観点では一緒ですが、その他はたぶん違うでしょうね。

2000年前またそれ以上前に聖書の登場人物が法を犯していたのだから、現代においてもそうして良いということにはならないと思います。

秀のブログの左右にある”会員の心得”と”徳野通達”を唱和下さい。
それは家庭連合のでしょとは言わないでくださいね。
サンクチュアリでも顕進様支持グループでも他のグループでもこれらより後退する見解なら先はないと思います。

摂理であった(ある)から、害悪の告知をして、過度の不安や恐怖を与え、あまつさえ騙して良いというのであれば法令尊守など不要です。

「違法行為で逮捕されましたが摂理だったので正しかったのです。云々。」一般市民や親族、地域の方々に本当に理解してもらえると思いますか?

無題

  • by バカ
  • 2016/07/01(Fri)12:59
  • Edit
秀様なら、yesかnoで、ちゃんと答えてくれると思ったのですが、曖昧な答えしかもらえず残念です。
では、もう少し、質問させて欲しいのですが、
秀様は、
イエスキリストが処刑されたことは、当時の法律に則って、正しく処刑された正しい行いであったと考えていらっしゃるのでしょうか?
イエスキリストが若くして処刑されるより、イエスキリストが1年でも長く生き続けた方が、世界平和の利益になっていたとは考えないでしょうか?
また、イエスキリストが、十字架で処刑された当初、イエスキリストを義人と認めた人はごく僅かで、大多数の人はイエスキリストを犯罪者扱いしていました。
しかし、では、なぜ、現在は、イエスキリストを犯罪者でなく義人と信じる人が、かくもたくさんいるとお考えなのでしょうか?
今の法律で犯罪者扱いされても、将来、犯罪者扱いされなくなる可能性があると考えることは間違っているのでしょうか?

次の内容についても教えていただきたいです。
ガリレオガリレイが処刑されたことは、当時の法律に則って、正しく処刑された正しい行いであったとお考えでしょうか?
ジャンヌダルクが火刑にされたことも、当時の規則に則って、正しく火刑された正しい行いであったとお考えでしょうか?
長崎の26聖人が張り付けにされたことも、当時の法律である秀吉によって正しく処刑された正しい行いであったとお考えでしょうか?
今の法律に従うことが未来永劫「善」になるとは限らない、という考えを持つことは、悪いことなのでしょうか?
(もちろん、家庭連合会員は法律を犯しても許されるなどとは、全く思ってませんので、そこのところは誤解しないでください。)

私は、文先生に罪はないと思ってます。なので、文先生は犯罪者ではないのに、犯罪者扱いされて牢獄に入れられたと思ってます。
きっと、秀様は、そういうことも言えないでしょう。
私は、米本様から、どんなにバカ扱いされても、そう信じます。
そして、いつか、イエスキリストがそうであったように、文先生も無実の罪を着せられて牢獄に入れられたと、たくさんの人が言うようになると信じます。
確かに西川先生は法律を犯しました。しかし、いつか、西川先生の行為は日本に福音をもたらした義なる行いだったと、たくさんの人が言うようになると信じます。
以上

なんだか誤解されてそうな・・・

  • by 米本
  • 2016/07/01(Fri)13:32
  • Edit
バカさん
>米本様、バカにお付き合いくださり、ありがとうございます。
 どの文のことでしょうか。

>私は、米本様から、どんなにバカ扱いされても、そう信じます。
 どの文でバカ扱いしたのでしょうか。

 なんだか、誤解されているようで、不安定な気分になります。

M氏のような方もいたんですね

  • by 成晶
  • 2016/07/04(Mon)01:19
  • Edit
霊界や先祖の話を姉妹とした時(清平摂理が始まる前)、驚いたのが、
「印鑑のトークみたいだね」と言われたことです。
携わっていた兄弟姉妹の多くが、語っている事が正しくても、トークとして認識していたのを知りました。
本当に救いを実感していて、対象者を愛していたら、結果は違ったものになっていたでしょう。
M氏のような実体が存在していたのは、嬉しいです。

お父様は、「恐怖で主管するのはサタンの戦法だ!サタンはエバを恐怖で主管したのだ。」
とおっしゃいましたので、どんなに動機が善いとか言っても、おどす要素があればサタンが喜ぶものになってしまうでしょう。
救いの心情で、真実を語り忠告して愛するのと、似ていても方向が真逆です。

秀さんの真っ直ぐに語る姿勢に脱帽です。

がんばれ一信徒

  • by YS-11
  • 2016/07/15(Fri)10:00
  • Edit
一信徒さん、あなたが言っている事は何も間違っていませんよ。原理を知り文先生がどのような方なのか知っている食口なのですから。不法は不法、誰でもそんな事はわかっているんです。ましてや文先生にいたってそれがわかっていなかったなどありえないではないですか。心を推し量って見れてこそ本当の食口ですね。がんばれ一信徒!

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR