忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペー教会長 再び 8月16日説教 


まあ、こんな説教しているようでは、日韓の障害にしかなりませんが、、、。
また、続くペー教会長のツッコミどころ満載の説教です。


安倍総理の談話も読むと理解がし易いと思います。
内閣総理大臣談話

ペー教会長の説教
いままでの記事はこちらから


《説教要約内容》

「安倍総理が戦後70年談話を出され後、世界の大統領から朴クネ大統領に「おめでとう」という声が届いた。」

朴クネ大統領に「おめでとう」という声を届けた世界の大統領って誰ですかぁ?
ハングルではニュースになっているのでしょうか?
朝鮮日報と中央日報の日本語版にはありませんでしたよ。

世界各国要人の反応は次の通り。

「戦後70年間、日本は平和や民主主義、法の支配に対する揺るぎない献身を行動で示しており、すべての国の模範だ」「安倍首相が、大戦中に日本が引き起こした苦しみに対して痛惜の念を示したことや、歴代内閣の立場を踏襲したことを歓迎する」~ネッド・プライス(アメリカ国家安全保障会議報道官)

「われわれが忘れることができない戦争の苦しみに言及している」「日本は何十年もの間、国際社会の模範として世界の平和と安定に貢献してきた。オーストラリアと日本が強固な関係を築いてきたのは、両国の国民や指導者が過去の影に未来が支配されることを拒んできたからだ」「他の国にとってきょうの談話は、よりよい未来を目指し友好関係を強めようという日本の姿勢を受け入れやすくしている」~ トニー・アボット (オーストラリア首相) 

「日本政府が発表してきたおわびの声明を再確認し、国際法の下で70年以上にわたる日本の平和への貢献が継続することは喜ばしい」「談話が日本と北東アジアの隣国との和解のためにプラスとなるよう受けとめられることを希望する」~フィリップ・ハモンド(外務・英連邦大臣)


談話で言及されたフィリピン外務省とインドネシア外務省も安倍談話を肯定的に評価している。

「日本は当然、戦争責任を明確に説明し、被害国の人民に誠実に謝罪し、軍国主義の侵略の歴史を切断すべきだ。この重大な原則問題についていかなるごまかしもすべきではない」~華春瑩(中華人民共和国外交部報道官)

「侵略の歴史に対する誠実な認定と謝罪が込められていない」「日本が、我が人民に謝罪も反省もなく、国際社会における責任、貢献をうんぬんするのは、人民に対する耐え難い愚弄だ」「過去の清算を通じて、わが国をはじめとする周辺諸国からの信頼を得るべきだ」~北朝鮮外務省

「(談話が)歴代内閣の歴史認識が今後も揺るがないと国際社会に明らかにした点に注目する」として強い批判は避けた上で、「日本政府が具体的な行動で実践していくかを見守る」~韓国外交部


中国、北朝鮮、韓国が言うところの「周辺諸国」というのはこの3国のこと以外ありません。
談話で名前の出た他の国々は「安倍談話」を評価しているのは動かし難い事実です。
仮に中国、北朝鮮から声が届いたにしても、大統領制の国ではなく共産主義体制での(一応)共和制なので「国家主席」ですが、、、。



「天皇は「深い反省」という言葉を言ったが安倍総理は政治的に表現できなかった。
天皇はしっかりしている。安倍総理が言えなかったので天皇が代わりに言った。
安倍総理はもっとしっかり謝罪すればよかった。
お詫びの次は和解である。安倍総理は来年から和解していけばいい。
一度被害を与えた人たちから「もういいですから」と言われるようにすればいい。
戦後70年はそうすべきだった。
韓国は安倍総理のその後の行動を見ている。」

今回の安倍談話は、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明する歴代内閣の立場を踏襲しながらも、新たに謝罪の言葉を加えませんでした。
そして、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」としました。
そこを中北韓は批判しますが、私は安倍首相の「技あり」だ思います。

何故かの前にこちらを読んで下さい。
もとは、「韓国人との「兄弟の契り」の予想外」という題でメルマガで配信されたものです。
「韓国人の行動原理: 「近い関係になるには上下の序列を明確化することが不可欠」 

「韓国が上位で、日本が下位」、「近い関係になるには上下の序列を明確化することが不可欠だ」 という韓国独特の原理があるというのです。

これが、韓国人ぺー教会長がいうところの"礼儀”に通じるものだといえるでしょう。
日本人感覚では兄弟ではなく兄貴と舎弟です。
在日の方にその筋の方が多いのも、性に合うからなのでしょう。

つまり、中国や韓国の望む日本の首相の姿は、永久(とこしえ)に彼らの望む形で謝罪を続ける姿です。
そのようになって、はじめて「もういいですから」となることでしょう。
このように
でも、永久に続きますが、、、。



 



戦後の最後の責任を誰がとるか。
ルーズベルトが生きていたら天皇の命が危なかった。
敗戦後、サンフランシスコ講和条約、東京裁判は天皇を守るために日本は受け入れた。しかし2000年に入りそれらは間違っているという風潮が政府を中心に出てきた。

前回の記事のとおり、ルーズベルト大統領はハリーホワイトというソ連のスパイ(共産主義)にまんまとやられてしまい、不必要な戦争に進んだ。
言い方あまり好きではないが、摂理的に天運に見放されたという風にも言えるかもしれませんねぇ。



「2009年、日本の経済摂理が進まない時TFは何と言ったか。
「日本の責任者に対して「日本は責任とれないの?そうだったら日本に対し(戦争)賠償金を請求するよ。(サンフランシスコ講和条約、東京裁判を受け入れ)アメリカの言いなりになりますよって約束したんですよ、日本は。摂理を理解できないんだったら賠償金を請求できるよ。」と怒って言った。」
この内容は2009年11月、責任者は全部知っている。」

ペー教会長は、とんでもない”み言葉”を口に出してしまったようだ。
「経済摂理」とは、すごく簡単に言うと献金を集めること。
2009年3月に「徳野通達」がでて、僅か8ヶ月後に文師がこのようなことを発言したことを明言、保証したということだ。

サンフランシスコ講和条約おいて、アメリカを含む連合国は、第1次世界大戦での苦い経験から、全ての賠償請求権、戦争の遂行中に日本国及びその国民がとった行動から生じた連合国及びその国民の他の請求権、占領の直接軍事費に関する連合国の請求権を放棄している。第14条(b)

韓国とは日韓基本条約で、国家間の約束として賠償済みである。
しかも、「大韓民国の領土は韓半島とその付随島嶼とする。」という大韓民国憲法を根拠に北朝鮮が受け取るはずの分の賠償金も受け取っている。(これを原資とした政策で漢江の奇跡が成し遂げられる。)



天皇も象徴天皇をもらった。
アメリカが日本を独立国としてあげた。
日本の経済発展はアメリカからしてもらったのだからアメリカに返さないといけない。
日本は今、中国がどうのこうの気にするな。大事なのはアメリカ。
日本が天皇を守るためにサンフランシスコ講和条約と東京裁判を受け入れた。
お陰で日本はアメリカによって経済発展を遂げた。その恩恵を受けているのに今になって憲法改正とか国が言っている!
日本は今、中国がどうのこうの気にするな。大事なのはアメリカ。
日本が責任をもって第一イスラエルのエルサレムの聖地を日本がアメリカからちゃんと回収して韓国にもっていく。
それを日本がやるか!
韓国にはできない!


天皇が戦犯として裁かれなかったのも、武装解除させたのも、また、警察予備隊や自衛隊をつくったのもアメリカの都合。(その方が占領政策がうまくいく、また米軍が動きやすい等の理由。)
憲法改正はアメリカも望んでいること。(当然、アメリカの国益になるから)
イスラエル云々については、なんのこっちゃだ。



日本は韓国、中国がどうのこうのではない。長男であるアメリカを主管し教育する。そういう意識ある日本の政治家はいるのか。
日本に地震があるのは当たり前。8/31までに日本に大きな地震があると言ったら昨日、鹿児島の桜島で噴火があった。ははは。(笑い)

懲りないお〇鹿。
活火山のない韓国では、天災である火山噴火は起きないでしょうね。人災は起きますけど

桜島も噴火は例年より小規模らしいですよ。



世界の一等国になるのは日本だけでなく韓国を共に連れていく。
そして日本が一等国になったら韓国を先頭に立てる。それが御主人に対する礼儀である。

髪結いの亭主気取りのダメ亭主。アダム国家ならぬ、〇〇国家。
あちらこちらで迷惑かけ放題、恥ずかしくて連れてなど行けません。

「これから2020年までの4年5か月の間、今から献身時代に戻った決意をもってやる。
アメリカをTMの前に膝まづかせる戦いをする。

次の礼拝のゲストは有田芳生議員を強く推薦です。
ペー教会長とほとんど主張一緒です。

ペー説教は、起承転結がなってないので聞いていて疲れるらしい。
先々週の説教では、軍隊生活の話や大学時の登山の話とかでチンプンカンプンだったらしい。
また相変わらず説教が長く、日本語も上手ではないので(日本に来て20年以上になる)皆、霊的復興もないので本部教会に礼拝に行く食口もいるのだそうだ。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[10回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

脳足りん ペー 日本幹部へ

  • by kimuchiの味
  • URL
  • 2015/08/20(Thu)20:14
  • Edit


韓国についての予言  (文 鮮明師)
  muragon kimuchi のブログ


《 総生蓄 献納の御言葉より抜粋》

 今から皆さんが責任を果たすことのできない日には、先生は韓国を放棄してもかまいません。
候補の国・・・・。先生は完成圏ないに移行したので、世界的です。天地の最高の位置に移行
しました。完成圏内には、多くの国が入っているのです。韓国を放棄することのできる準備を

すべてしてきました。わかりますか?
 イスラエル民族がどのようになりましたか?
こられた主を迎えることができず、歴史にない、血を流す悲惨な民族になってしまいました。
韓国は今後、どのようになるのでしょうか? 血は流さないでしょう。しかし、呪いと嘲笑の
民族として、陰で暮らさざるを得ない、悲運な位置に立つことを心配しているのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《古いファミリー等は捨てないで!!》

今読めばアボジの貴重な御言葉満載です、天聖経ほか改ざんされた八大教本よりファミリーの古本が
貴重です、捨てないで大事にとっておきましょう、毎日訓読いたしましょう。

本部は売国奴 左翼牧会者放置

  • by kimuchiの味
  • URL
  • 2015/08/21(Fri)03:27
  • Edit
韓国は摂理国家ではありません
教会幹部が公金横領・不正蓄財・アダムエバ問題を犯してもなんの問題もありません、3男・7男・神山元会長・江利川元会長はしぜんの流れです、謝罪もなければ総括もありません、そんな伝統を作ってしまってなんの負債もない日本幹部は同罪・韓国に送金停止なんて当然のことでしょう、そんな簡単なことがなんでできないのか?

ペーに限らず、問題児、待機組は給料を出しています
犯罪者に給料を払うUCはお金によって滅ぶべき
その兆候は見えています
みなさん決して献金してはなりません
献金しないことが天の摂理です、神もアボジもUCにはもうおられません、他に行っておられます
天の摂理は別のところで行われています。

ただの反日

  • by ひまわり
  • 2015/08/21(Fri)09:09
  • Edit
反日幹部が仕切る日本統一教会自体が存在する事が奇妙。カルトと言われて当然。
こんな説教をさせている本部、、、情けない。どうなっているの、、、。
もう解散の時ですね。存在価値もないですね。

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR