忍者ブログ

秀のブログ

在米の統一教会信者秀のブログ 95年8月~96年3月7つの鍵で施錠されたマンションの高層階で監禁下での脱会説得を経験。

   
カテゴリー「親子対話のネタ」の記事一覧

日本基督教団牧師殺害される! 


5月21日から10日間の予定で入居していた施設で介護疲れの妻が、夫である牧師の頭部をコンクリート製のブロック(レンガ)で殴った上、布のような物で首を絞めて窒息死させ殺してしまうという事件が北海道であった。

まずは故人の冥福をお祈りしたい。


この牧師どこの牧師さんかと検索したら
日本基督教団 知久町教会の牧師さんのようだ。
ホームページでは菅原正夫牧師の名前がある。
(ただし、最近はUPDATEされていない。)



  日本基督教団 知久町教会




<2014年5月27日 朝日新聞>


71歳の妻を殺人容疑で逮捕 北海道・北広島の牧師殺害

北広島市新富町西2丁目の共同住宅「いきいきドミトリー 喜望の杜」牧師菅原正夫さん(73)が殺害された事件で、道警は27日、菅原さんを殺害したとして、妻の麗子容疑者(71)=同市=を殺人容疑で逮捕した。


いきいきドミトリー 喜望の杜


 麗子容疑者は事件が発覚した26日朝から行方が分からなくなっていたが、27日午前、札幌厚別署北広島駅前交番(同市北進町1丁目)に出頭。同署が事情を聴いていた。 

同署の調べでは、菅原さんの死因は窒息死で、布のようなもので首を絞められた跡があった。後頭部には切り傷があり、室内に血のついたれんががあった。
 

菅原さんは21日、この共同住宅に麗子容疑者と入居。26日朝、布団の上で倒れているのを職員が見つけた。


<共同通信>
北海道、共同住宅で殺人か 北広島市、男性死亡




高齢で介護の必要な牧師に教会を任せてしまう。
施設に入居したあとも代わりの牧師は決まらず牧師不在だったという話もある。
事実であれば日本基督教団としての対応は適切と言えるのか。

ネット情報では、北海道に住む娘婿、加害者となった妻の兄も牧師らしいが、親族、教団はどのような対応、支援をしていたのであろうか?

韓国春川で夫を殺害してしまった統一教会員の事件については批判するが、日本基督教団関連で殺人がおこると知らぬ顔?

もし、統一教会や他の新宗教で同様の事件がおきたら”カルトの殺人事件”として書き立てるのではないのか?

いずれにせよ、あまり支援、助けもしなかったとしたなら、日本基督教団もお寒いんじゃないかなぁ。

みなさんはどう思いますか?




にほんブログ村アイコンのクリックも
    お願いします。ペコリ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

100歳の「生ける聖人」物乞いの全額を寄付 ブルガリア



今回はブルガリアにいる「生ける聖人」について。

物乞いをして得たお金を寄付すると、たとえそれが20年という歳月であったとしても「聖人」といえるのだろうか?


”物乞い”をして得たお金と知りつつ、それを受け取るブルガリア正教会のありかたはこれで良い
と言えるのだろうか?

正教会(公認)の托鉢(のようなもの)なのか?
それなら「物乞い」とはそもそもいわないんじゃないのか?


齢80から、物乞いをしてでも献金したいと思った老人の気持ちとはどういったものか?

いろいろ考えさせられる、、、。


<引用はじめ> 色字、太字、下線は管理人


 ドブリ・ドブレフ翁 御年100歳

AFPBB NEWS 100歳の「生ける聖人」物乞いの全額を寄付 ブルガリア

すり切れたコートを着て物乞いをする「ドブリじいさん」は100歳。「ドブリ」とはブルガリア語で「善」を意味する。貧困と腐敗で荒廃したブルガリアの善の象徴として既に「聖人」とあがめられている。 

本名ドブリ・ドブレフさんは20年以上、ブルガリアの首都ソフィアの街頭で物乞いをしてきた。これまでに受けた施しは何万ユーロ相当になるが、ドブリさんはそれをすべてブルガリア正教会に寄付してきた。黄金のドームを頂くアレクサンドル・ネフスキー大聖堂の最大の個人献金者はドブリさんだが、自分のライフスタイルはいたって質素なままだ。


 アレクサンドル・ネフスキー大聖堂
 金メッキされた聖堂ドームは45m、鐘楼を
  含めると50.52mを誇り、5千人を収容できる。  

「パンを少しちぎっていってください。神からの贈り物ですから」。ひげが長く伸びたドブリさんは背中を丸めて座り、プラスチックのコップに小銭を入れた人にそうつぶやきながら、別の誰かからもらったパンを差し出し相手の手にキスをする。 

大聖堂の評議委員長を務めるティホン司教「彼は快適さが一切ない暮らしをしながら、2009年には3万5700レバ(約250万円)をわれわれに贈った。ドブリさんは非常にまれな存在だ」という。 

もっと小さな修道院や教会も口々に2500~1万ユーロ(約35万~140万円)の間の額をドブリさんから寄付されたといっている。欧州連合加盟から7年経った今も欧州の最貧国から脱せず、平均月収がわずか420ユーロ(約5万8000円)というブルガリアで、この寄付は相当な額だ。


アレクサンドル・ネフスキー大聖堂前で物乞いをするドブリ・ドブレフ氏  

あらゆる取材を断っているドブリさんの経歴は、ところどころしか知られていない。生まれたのは100年前、1914年の夏で、故郷はソフィアの東40キロのベイロボ村だ。
第2次世界大戦中にソフィアが受けた爆撃*1で、聴力に障害が生じた。「それで信心深くなったんでしょう」とベイロボ村に住む、遠い親戚のエレナ・ジェノバさんはいう。「妻とまだ幼子もいた4人の子どもを残して街に出て、修道院周りで色々な仕事に就いたようです。この20年は施しを受けることに専念しているようです」。エレナさんは時々「ドブリじいさん」が集めた小銭を数えるのを手伝っている。

ドブリさんが住んでいるのはベイロボの教会の隣の、ベッドとテーブルがあるだけの小さな部屋だ。この教会もドブリさんが寄付した1万レバ(約70万円)で改修された。ドブリさんがソフィアまで行くときは近所の人が車に乗せて行ってくれる。

ブルガリアのメディアはドブリさんのことを「ベイロボの生ける聖人」と呼び、ドブリさんは約25年前に共産主義政権が崩壊して以降、信仰があつくなっているこの国の善の象徴となった。


 壁画にもなっている

ドブリさんのファンたちは、インターネット上にウェブサイト「www.saintdobry.com」を立ち上げ、交流サイト(SNS)のフェイスブックにもドブリさんに関する二つのページを作った。ドブリさんを敬愛する人たちの間では、ドブリさんはいつか正式に聖人と認定されるべきだという声も上がっている。

<引用おわり>



平均月収が5万8000円程度の国で年250万円の献金は明らかに高額献金だ。

そして、「トブリじいさん」は命ある限りこの「物乞い献金」を続けるに違いない。

妻子をおいて求道へと進んだのは釈迦もそうではあるが、現代のおいては「カルト」「狂信者」のレッテルを貼ることも十分可能だろう。

ドブリじいさんが聖人に認定されるかはわかりませんが、皆さんはどう思われますか?


*1 ソフィアは第二次世界大戦当時、連合国軍から爆撃を受けた。

関連記事 

【今年100歳!!】孤児たちのために物乞いをしつづける、ホームレスのおじいさん

99歳のおじいちゃんが物乞いで集めた240万円を寄付し「これこそ無欲!」と感動の嵐

貧しくともブルガリアの正教会や修道院に多額の献金 「聖人」と呼ばれる99歳の男性


なぜだろう?なぜかしら?日本の次にアクセスが多い
のは、なんとオランダ
とにかく、読んでもらえるはありがたい。
 
にほんブログ村アイコンのクリックも

    お願いします。ペコリ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

聖女ではなかったマザー・テレサ 「洗脳看護?」「カルト施設?」、その実態とは!?


マザー・テレサといえば、生前からその活動が高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラ・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受け、1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民はわずか7人しかいない)。2003年10月19日、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世によって烈福された人物であり、一般的に、その評価は高く、無償の愛の体現者とされたり、聖人といわれることもある。
そんな彼女が聖人・聖女ではなく、「カルト信者」だったのだと云われたら信じられるだろうか。




<引用はじめ> 色字、下線、太字は管理人



去る3月2日*1、インドの日刊インターネット新聞「The Times of India」に、「Mother Teresa 'saint of the media', controversial study says」とのタイトルで、マザー・テレサのこれまでのイメージがメディアによって作られたものであるという研究結果が出たと、掲載された。



マザー・テレサといえば、貧困や病気にあえぐ弱い人たちの救済活動に生涯を捧げた、カトリック教会の修道女。修道会「神の愛の宣教者会」の創立者でもある彼女は、"無償の愛"の代名詞のように伝えられており、今なお、世界中の人々から崇め、慕われている。しかし、カナダの宗教学専門誌「Religieuses」最新号で大学の研究者が発表した論文によると、マザー・テレサの美談や名声は、カトリック教会の誇大宣伝のためにデッチあげられたものであり、聖人には程遠い人物だったというのだ。

これまでのマザー・テレサ像 

1910年、オスマン帝国領のコソボ州で生まれたマザー・テレサは、敬虔なカトリック信者の両親に育てられ、12歳のときに「修道女としてインドで働きたい」と決心。18歳で、ロレト修道女会に入り、インドのカルカッタに派遣され、上流階級の子女の教育に携わっていたが、「すべてを捨て、最も貧しい人の間で働くように」という神からの啓示を受け、カルカッタのスラム街に移住。宗教を問わず、貧しい人、病気の人など弱者のために働きたいとし、1950年に修道会「神の愛の宣教者会」を設立。ホスピスや児童養護施設を開設し、その無償の愛の活動は全世界に知られるようになり、世界中から援助が集まるようになった。1971年に、教皇・パウロ6世から勲章「ヨハネ23世教皇平和賞」を授章されたのを皮切りに、ノーベル平和賞など数多くの賞が贈られた。1997年に、87歳で亡くなった時には、インド政府が国葬を行い、死後5年目にはヨハネ・パウロ2世が「彼女は福者である」と宣言した。そして、なにかと問題の多いカトリック教会において、清く正しく、いつまでも輝き続ける聖人のような存在として、マザー・テレサは人々の記憶に残ることとなった。

明らかになりつつある、マザー・テレサの素顔!

しかし、実像は異なるのではないか、と疑問を投げかける者が現れた。今回「Religieuses」に論文を寄稿したのは、モントリオール大学とオタワ大学の研究員たちである。

彼らは、マザー・テレサに関する文献資料、約300件を調査し、「マザー・テレサが世界中に開設した517もの『死を待つ人々の家』ホスピスは、衛生状態が悪く、医薬品も慢性的に足りず、満足な治療が施せなかったと報告されている。しかし、彼女の修道会『神の愛の宣教者会』は何百万ドルもの多額の寄付金を受けており、金銭的に困っているわけではなかった」という事実を突き止めたと発表。そして、「マザー・テレサは、患者の痛みを和らげることはせず、痛みに耐えることを賛美して癒やすという、怪しげなことをしていた。多くの病人が、彼女の元を訪れれば、医師が治療をしてくれると思っていたにもかかわらず、彼女は、イエス・キリストの受難のように、痛みに耐えることは尊いことだと繰り返し言うだけだった」「人気が低迷しつつあったバチカンは、劣悪な環境で痛みに苦しむ人たちに『あなたは素晴らしい人間なのよ』と優しく接している、マザー・テレサのことをまさに“生きる聖女”だと大げさに宣伝することで、カトリックのイメージアップを図ろうとした」と指摘した。

 また、「バチカンは異例の早さで彼女を福者だと宣言したが、“痛みに耐えろ”という、怪しげな看護方法、問題点の多い政治家とのコネ(ハイチやアルバニアの独裁者を支持し多額の寄付金を得たという説がある)、多額の寄付金の管理に関する疑問点、そして、中絶、避妊、離婚に関して過度に批判していた点などは、一切、問題としなかった」とも綴っており、事実を知れば知るほど、マザー・テレサの神話はでたらめだということが明確になるとしている。

 さらに、マザー・テレサの名が一気に世界に広まったのは、英BBCのマルコム・マガリッジ氏の力が大きいとも指摘。中絶反対派でカトリック右派のマザー・テレサに共鳴したマルコムは、1968年にロンドンで彼女と面会しており、翌年、そのミッションをたたえる映画を製作。「初めて写真に撮られた奇跡」として、コダック社もマザー・テレサを宣伝に使い、彼女の顔は世界中に知れ渡った。

 奇跡といえば、バチカンは、「マザー・テレサは、ひどい腹痛に苦しむモニカ・ベスラという若いインド人女性の腹部に、宗教的なメダルを置き、祈ったことで治癒した」とし、マザー・テレサの奇跡として伝えている。しかし、医師は、「モニカが患っていた卵巣嚢腫と結核は、投与された薬により治癒したのだ」と証言しており、これを否定。それでも、バチカンは「奇跡だ」と主張し続け、多くの人々を騙しているという。

 なお、マザー・テレサは晩年心臓病を患い、ペースメーカーを入れる手術などを受けていたが、自身は衛生的で設備が整った近代的なアメリカの病院で、痛みを和らげる麻酔薬を投与されながらの治療を受けていた。まさしく、聖人からは程遠い人間だったというのである。

 マザー・テレサは聖人ではない、うさんくさい人間だという意見は、実は昔から出ていた。2年前に62歳の若さで食道がんでこの世を去った無神論者のジャーナリスト、クリストファー・ヒッチンズは、長年、マザー・テレサはとんでもない食わせ者だと主張し続け、それに関する本まで発行。「彼女が世界中から集めた寄付金を使えば、ベンガルにファーストクラスの病院を建てることだってたやすいことだった。しかし、彼女はそうせず、衛生状態の悪い、あまりにもひど施設に患者を収容し、ろくに治療を施さなかった。痛みを和らげるなど嘘だ。死ぬこと、痛みに耐えることを賛美する、まさしくカルトのような施設だったのだ」「信仰する宗教に関係なく看病したというが、それも嘘。朦朧とした患者に、痛みに耐えれば天国へ行けると、繰り返し言い、洗脳した」と厳しく批判している。

 今回発表された論文だが、「聖人的なイメージを持つマザー・テレサの創られた神話が、貧困にあえぐ人々の救済を目指す人道活動家たちを励ますことになっているのは確かだ」「しかし、マザー・テレサに関するメディア報道は、もっと慎重に、事実に基づいたことを伝えるべきだ」という言葉で締めくくられている。

 衝撃的な論文であるが、マザー・テレサの人気は不動のものだとされており、カトリック教会への打撃はさほどないだろうと、米メディアは見解を示している。今から10年前、2003年にローマ教皇庁はマザー・テレサの列福式を行ったが、世界中から25万人を超える人々が集まり祝福。実像がどうであれ、カトリックが全力を注ぎ創り上げたマザー・テレサの"聖人としての神話"は、揺らぐことのない、不動のものなのである。

<引用おわり>




はっきりと定義されていない「カルト」とか「マインドコントロール」と云う言葉は、マザー・テレサを簡単なる”狂信的カルト信者”にすることも可能だ。

ちなみに、監禁マンション内で母はこう言った。
「マザー・テレサの活動はすばらしいと思うけれど、身内から”マザー・テレサ”がでるのはごめんこうむる。」

あなたはどう思う?

*1 元記事は2013年3月2日にでたもの 「The Times of India」
 日本語記事はこちらから 




にほんブログ村アイコンのクリックも
    お願いします。ペコリ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

同性婚と信教の自由


 親子対話のネタ

 今回は、同性婚と信教の自由です。
 
 趣旨については親子対話のネタを参照下さい。
 
 同姓婚についてはアメリカでも18の州で合法
 になっています。
 先頃、英国・イングランドとウェールズ、同性婚を初の合法化
 というニュースもありました。
 現在、18カ国程で同姓婚は合法となっているようです。


 
 それで、今回紹介するのは次の記事です。

 ポトマック通信 同性婚と信教の自由
 
神の教えを信じているだけで不当に扱われるのですか。」ワシントン市内での同性婚に関するシンポジウムで質問に立った牧師の男性の言葉だ。
同性婚承認の流れが強まる米国では、信仰上の理由から同性婚への関与を拒む人々への批判も増している。発言はこうした潮流への不安の表れを示すものだ。

 例えばニューメキシコ州では、同性カップルの結婚式の写真撮影を信仰上の理由断った写真家が、差別的な行動を取ったとして有罪判決を受けた。同性婚カップルへの養子縁組を拒否しているキリスト教団体に対し、「税制上の優遇措置を取り消すべきだ」といった批判が上がることもある。 
 米国では異性間の結婚こそが、神の教えに従った「自然なもの」だという考えも根強い*1政府による同性婚承認には反対しないが、信教の自由も認められるべきだという主張も多く、先の牧師の男性の表情も真剣そのものだった
 取材中には同性愛者への強い反発に出くわすこともある。中小企業経営の女性から「オバマは米軍基地にゲイバーを作ろうとしている。信じられる?」と感情的にまくしたてられたときは返答に窮した。 

同性愛者の権利と信教の自由の両立を探る試みは、差別意識という雑音も手伝って複雑さを増している。(小雲規生 

   
 

 かつては、差別される存在だった同性愛者は市民権を得て
 堂々と結婚できるようになったが、信仰上、同姓婚をよし
 としない人がそれを理由に写真撮影を断ると差別とされて
 犯罪とされるようになった。

 単に同姓婚の是非ではなく次のことを考えていただきたい。
 
 一つの差別の克服が’新たな差別’を生むことになる(なった)
 ではないか?

 
いろいろと派生的に話は膨らせられると思います。
 

 *1 いわゆるキリスト教右派といわれる宗派での主張としては
   一般
的だと思う。

 付録
 米女優J・フォスターさん、同性婚を発表




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

親子対話のネタ


 親子対話のネタというカテゴリーを作ります。
 ブログ開設時から考えていたカテです。
 
 統一教会員を持つ親御さんの中には、どのように
 統一教会員である子供とコミニュケーションをとり、
 対話をしたら良いのかと考えて(悩んで)おられる
 方もいることだと思います。
 (本音はすぐにやめてほしい。かもしれません。)
 
 親子の対話といっても、いきなり統一教会やその教え
 の教理解説書である原理講論の話というのはハードル
 が高いでしょうし、何よりそこでただ批判を繰り返す
 だけであれば、対話を通して信頼関係を築くことはで
 きないと思います。

 「拉致監禁」(保護・説得)といわれるマンションの
 一室に閉じ込める方法以外の方法の提示ができないか
 考えていました。
 
 でも、何か特別な方法があるわけではありません。
 お互いの考えを理解する一助であり、お互いの違いを
 知ることになるかも知れません。

 記事はネタであって、記事自体に結論はありません。
 しかし、(自由な空間での)対話を積み重ねることで
 得られるものが必ずあると思います。

 大切なポイントは相手を理解しようとする点です。
 議論で打ち負かすことが目的ではありませんから
 詰問はNGです。 
 それと、初めから脱会ありきで臨むとすると、良い
 結果(この場合親子の信頼関係)を得ることは困難に
 なることでしょう。
 
 統一教会の一世と二世という親子においても、使える
 と思います。
 置き換えて考えていただけたらと思います。

 

 
 二度と親子(家族)の対話ができないセウォル号沈没
 の被害者の皆様に哀悼の意を添えて
 
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村  クリック お願いします。

拍手[0回]

統一教会 会員の心得

世界基督教統一神霊協会(以下、「統一教会」という)の会員は、真の愛、真の生命、真の血統の根源である神様と真の父母様を中心とする理想家庭を通して、世界平和を実現するという当法人の目的を達成するため、日々の信仰生活で統一原理の教えを実践し、神様の真の愛の相続と、人格完成と、真の家庭建設を目指します。  
また、統一教会活動に際しては社会的責任を果たし、以下のことを遵守します。

1.会員は、常に「ために生きる」奉仕の生活を心がけ、統一教会の発展だけでなく、公共の福祉と日本の繁栄に寄与し、世界平和の実現に貢献します。
2.会員は、「父母の心情、僕の体」の精神で人格完成を目指し、高い品性、倫理観、道徳観を備え、法令を遵守し、社会の模範となるように努めます。さらに、「家庭は愛の学校」という精神にのっとり、真の家庭を築きます。

3.会員同士は、真の愛と尊敬心をもって相互に信頼しあい、公平かつ真摯に対応し、神様を中心とした真の兄弟姉妹の愛の拡大に努め、人権を尊重します。
4.会員は、自主的に行う個々人の活動に関しては、あくまで自身の責任において実行し、公序良俗に反する行いは厳に慎みます。また、活動上知り得た個人情報の保護に努めます。

5.会員は本心得その他、統一教会の定める規定等を誠実に遵守し、統一教会の発展及び会員同士の共生共栄共義に努めます。
以上 (2009年6月24日発表)

SBS『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』

にほんブログ村

クリックありがとう!

ブログ内検索

最新CM

[03/25 Kenneejuimb]
[03/25 DavedeTyday]
[03/24 zinanaspst]
[03/22 どうしてですか?]
[03/22 どうしてですか?]

最新TB

プロフィール

HN:
性別:
男性

フリーエリア

忍者カウンター

Since 02/04/2014

忍者アナライズ

バーコード

徳野通達

教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について
真の愛、真の生命、真の血統に基づく真の家庭実現を通して平和理想世界を実現するという当法人の目的を実現するために、より社会的に模範となる運動を一層推進拡大し、更に多くの人の理解と参加を得ていくことが願われています。

これまで当こ法人を被告とする一部の民事裁判等において、伝道や献金勧誘行為に関わる教会員の行為が不法行為と認定され、当法人に使用者責任が認められてきました。そこで当法人としても教会員の活動に対して、以下のような一定の指導基準を設け、指導を進めることに致しました。 つきましては教会員の献金奨励・勧誘行為、及び教会員が自主的に設立・運営するビデオ受講施設における統一原理を用いた教育活動について、教会指導者である皆様におかれましては、以下のような指導基準の趣旨を十分にご理解頂き、指導を進めて頂けますようお願い致します。
第1 教会員の献金奨励・勧誘活動についての指導基準   これまで教会員が信徒会等の活動の一環として献金を奨励・勧誘する際に、家系図等を用い、先祖の因縁ないし先祖解放等を理由に献金の必要性を説くようなことが一部行われてきたようです。

しかしながら、当法人に対する民事裁判においては、このような行為が、目的・方法・結果において社会的相当性を逸脱する不法行為と認定され、当法人の使用者責任が問われてきました。本来、当法人への献金は、『信仰生活と献金』(光言社発行)で説かれているとおり,統一原理を学び信仰に至った結果、自らの自由意思で行われるべきものであり、あるいは、主の路程、及び統一運動を学んでその趣旨・目的に賛同した結果として捧げるべきものです。 そこで今後は以下の事項をこれまで以上に遵守するよう指導してください。   献金と先祖の因縁等を殊更に結びつけた献金奨励・勧誘行為をしない。また、霊能力に長けていると言われる人物をして、その霊能力を用いた献金の奨励・勧誘行為をさせない。
教会員への献金の奨励・勧誘行為はあくまでも教会員本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。 献金は、統一原理を学んだ者から,献金先が統一教会であることを明示して受け取る。 上記1,2,3について教会指導者(地区長、教区長、教域長、教会長)が責任を持ち、教会員の献金奨励・勧誘行為において、教会員等による社会的な批判を受けるような行為が行われないよう指導・監督する。

第2 教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等についての指導基準   これまで、教会員が自主運営するビデオ受講施設等における教育活動等については、当法人とは法主体の異なる信徒会の活動の一環であったため、当法人は教会員の信仰活動の自由の観点からその自主性を尊重し、指導・監督を行ってきませんでした。しかしながら、これまでの民事裁判の判決においては、教会員等が自主運営するビデオ受講施設等において行ってきた勧誘活動について違法性が認定されたものがあり、当法人に対して使用者責任が問われてきました。そこで、今後は教会員が自主運営するビデオ受講施設等における勧誘及び教育活動等についても、以下の事項が遵守されるようご指導下さい。   
勧誘目的の開示 教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等における教育内容に統一原理を用いる場合、勧誘の当初からその旨明示するように指導して下さい。また、宗教との関連性や統一教会との関連性を聞かれた際には、ビデオ受講施設等の運営形態に応じた的確な説明ができるよう、ご指導下さい。 法令遵守(コンプライアンス) 特定商取引法をはじめとする法令違反との批判を受けないよう配慮して下さい。例えば、教会員が自主的に運営するビデオ受講施設等で受講料を徴収する場合には最初からその旨明示し、受講契約書等必要書類を交付しなければなりません。また、勧誘に際しては、「威迫・困惑させた」「不実を告知した」と誤解されるような行為がないよう、注意して下さい。  

以上に関して、皆様のご理解・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 以上 2009 年 3 月 25 日 世界基督教統一神霊協会 会長 徳野英治

にほんブログ村

クリックしてね。

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Copyright ©  -- 秀のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR